社会離脱中の出来事その6(7月その2)

このシリーズ最後。社会復帰したしね。

7月18日

届いたよ「夏のエビス」
ロックでも飲めるビール。アルコール7%。

140718_090343             

届けに行きがてらこちら
140718_122431

海苔の歴史など、知ってることと知らないこと、興味深く。
で、届け先で。

140718_132022140718_133031

世界で一番赤星に合う油そば。いいねぇ。

140718_181727

いったん家に帰ったら届いていた。わっちの大好物。

140718_192353140718_200150

夜はう・な・ぎ

坂東太郎さんを拝む。やっぱり値段相応に旨い。

“社会離脱中の出来事その6(7月その2)” の続きを読む

社会離脱中の出来事その4(6月その2)

 6月17日
離職して最初の出勤日(日本語が変)、前々から楽しみにしていた関西行き。
お目当てはまず和歌山。醤油ベースの豚骨醤油味。以前は車庫前系と言われていたこともある系統。

140617_131841 140617_131450

ここは市駅から歩ける。店の周囲には豚骨を炊き出す甘い香り。
丼の中では強めに立った醤油が鼻腔をくすぐり、より強い豚骨の香りと輻輳する。そしてしなやかに茹でられた麺をすする至福の瞬間。これぞ中華そば。

もう一店はさっきの店からは遠く、タクシーで移動。およそ¥3,000.-だから相当の距離がある。

140617_135426

おお、同じ系統でも色味、香りの違いがある。より色味の濃い醤油は先ほどより柔和な表情を見せる。ダシも強めなのか、高いポイントでバランスを保っている。東京に出しても十分売れると思うんだけどな。

バスで、市駅に戻ったら人身事故で南海電車ストップ。

140617_150322

再度和歌山駅に戻る。振替輸送で特急使用は別途料金となってしまうのが残念だが、この後のもう一つのお楽しみのために急ぐ。

甲子園に向かう。そらそうよ。
チケットを買ったときのローテーションでは藤波vs大谷の予定だったのだが・・・藤波しか見られなかった。

 140617_174243  140617_230108

140617_201728

やっぱり甲子園はいいねぇ。

140617_224657

勝ち試合が見られました(^^)

野球好きのタイガースナインのおかげ(延長までやってくれてCP最高(苦笑))で、難波に戻ったのが11時半すぎ。主な安い店は軒並み終了。宿で缶ビールで祝杯。

6月18日
髭のトリミングバリカンを買う。名古屋移動の前に高井田系食べ比べ。

140618_093706 140618_095041

前者後者では前者の方がアバウトな作りで、醤油ダレが味のメイン。後者は割とダシ+塩分+化調な感じ。東京に進出したお店とは一線を画す。

夜は前職のお客と待ち合わせで名古屋飲み

140618_173430

どて味噌煮込みがすごく旨い。

続きを読む

社会離脱中の出来事その3(6月その1)

社会離脱中の出来事のその3だがその2から漏れた部分を補完。

5月30日
再オープンしたことが嬉しいお店。街道筋とはいえ派手な外観。

140530_133852  

復活したのはラーメンだけではなく、名物店主のマシンガントーク。
曰く”函館競馬で1000万馬券当てちゃってさぁ”
曰く”ホントは働かなくてもいいんだけどさぁ”
ホンマかいなw

140530_134541140530_135341
塩と醤油こってり。まだ、タレの塩角が強めだったが、十二分に昔を彷彿とさせる味。
チャーミングな黒子も健在。後日もう一度の来訪、都合3時間の嵌まりw。
行かれる方はお早めに。

5月31日
140531_150832
ここのそばにある、リハビリに励む友人の家に、顔を見に行く。
御尊父御母堂が、いつまでも達者でいらっしゃられますように。
早く頑張って復活しなさい。頼むよ。
話は変わるが、角館までわざわざ行って食べた頃が懐かしいな。
東京で食べられる有り難みと、薄まる感動が綯い交ぜになって複雑。
続きを読む