外メシシリーズ2015~7月第二週Part2~

7月9日

朝は新橋駅で。

150709_075733

冷やしたぬきそば。再訪。しかし、量が上品だなw。割と喉越しもよく、まとまりもいいが如何せん少ない。大盛りにしてみるか、今度は。

昼は気になっていたお店に新規開拓

150709_121400

あいがけカレー(ビーフカレーと南印度チキン)に温泉卵。無料でライス大盛り。スパイシー感はそれほどない。卓上の黄金一味を振るとそれなりに辛さ増しとなる。煮込まれたソースは割とさらっとしているが、飯とよく合う。カレーライスしか売ってなくて、カレーライス単体が500円というのは素晴らしい。

午後は調査のあと解放。久々の立石

150709_165454-2 150709_170449-2

写真は煮込みとアブラタレ。その他シロよく焼き辛塩とお新香お酢。ビール1本に梅2ブドウ3で酩酊。途中から記憶は雲散霧消。気がつくと家の階段で就寝。弱くなりました。

7月10日

別に二日酔いもなく、霞ケ関から。通り道はこちら

150710_085138

ざるそばにかき揚げとゆで卵。定番のかき揚げだ。これをつゆにつけると二日酔いも吹っ飛ぶ。あれ?二日酔いではないのでは?

昼はNF君と食事。ほんとこの人と食べるのは不本意。選択肢が限られる

150710_115908

牛タン炭火焼き定食得。とろろがついてるがついてない方がマシと言った代物。牛タンは厚みこそあるが。辛味噌が一番救いかw。NF氏、漬け物の輪切り唐辛子を丁寧に除去。こんなんだから一緒に食べたくないんだよなあ。

夜は久々の湯島詣で

150710_191749 150710_193029

ビールとレスカのアテはメンマとチャーシューエッグ。ぶたなんこつ。何屋だw。しかし、以前居酒屋化していたときよりはるかにメニューが増えて、しかもよくわからない。何屋だw。ただ、味は濃いめが増えたなw

150710_195912

〆の冷やし塩つけ麺。麺の良さが際立つ。喉越し、啜り心地、食べ味ともいい。塩だれもよく利いた鶏がふくらんでこれも佳作。冷やし鶏そばと比較してもなんの遜色もない。ちょっと満腹になりすぎるがw

7月11日

疲労による引きこもりw。夕方近所に。以前に撮影をやんわり断られたので写真なし。でも食べログには載っているw。
瓶ビールに野菜炒めと冷し中華に半チャーハン。少しソース味のする野菜炒めがビールのアテ。冷し中華は自家製の麺のコシがしっかりと生かされている。具は細切りチャーシュー、錦糸卵、細切りキュウリ、そして春雨。よく利く辛子とややケミカライズしたタレとの渾然一体感がお気に入り。ソウルフードに近いな。この味45年食べてるし。そしてしっとりしたチャーハンはナルトたっぷりのジャンクさ。おみやげに買った焼そばも、具はキャベツとモヤシだけなのにジャンク感満載。

外メシシリーズ-10月第四週-

10月19日

朝からのんびりの上、写真撮影不可の店にいたので写真はなし。
撮っちゃダメと言われたら、こっそりでも撮っちゃダメ。
食べログには写真載ってるけどw

10月20日

虎ノ門で降りてこっちに歩くのも珍しい。遠回りだからね。
141020_080412
朝そば+生玉子におにぎり梅。またも玉子間違い。温泉入ってる。

昼は新規開拓・・・というか中華食べたかっただけだが。
141020_124300
ランチセット。あんかけ焼きそばに中華丼って組み合わせで頼んだ。
暫くしたら店の方が親切に「かかってる中華あんは同じですがよろしいですか?」と。チャーハンに変更。気遣いが嬉しい反面、その場で気付かないかなぁとw。サービスまでが遅いので、昼休み急ぎには不向き。味は、可も不可もなく。どっかで見たと思ったら前職の地元だったwww

10月21日

新橋で降りたらこちら
141021_082500
いかかき揚げに生玉子。白身に熱が少し入って美しく旨い。

事務所のポットが壊れたので昼休みを利用して買い物に。その途中で。
141021_123126
ラーメン並。横浜の有名店の流れらしい。片鱗はある。家系も今は二分化されてる感がある。タレ強い系と、タレ弱め系。タレ強め系がより昔の家系に近いかな。ここは後者。タレ弱め系で味濃いめにいてもタレ強め系にはならないところがおもしろい。

“外メシシリーズ-10月第四週-” の続きを読む

昼食選びのポイント

虎ノ門勤務となって50日が過ぎた。さすがに、新橋に近いリーマンの町である。毎日退屈しない。

昼食の情報もインターネットを始め、そこら中にあふれかえっている。有り難い話だ。すべての店を訪問することはできないだろうが、できる限り多くの店に足を運んでみたい。

基本的に驚くほど高くなければ、単価は気にならない。むしろその金額なりのものを食べられるかなという楽しみの方が大きい。当然外れもあるが、それはそれ、食べ歩きの楽しみじゃないか。

そんななかで、どうしても足が向かない店、食指が動かない店がある。そしてその店には一定の条件があり、そこを外すとかなりローテーションが絞られてくる。

まず第一にチェーン展開している店はそれほど食指が動かない。事前に調べて、経営母体がフードビジネス系でいくつものブランドを展開しているところにはあまり興味がない。

その近辺に他に店がないなど、余程のことがあれば別だが、新橋界隈ではその心配がないから、必要性を感じない。例外としてはステーキチェーンくらいか。勝負は肉質と単価だけだから、それほどの外れはないし、旨いステーキ食べたかったらもっと他に行くでしょ。

ここで言うチェーン展開とは、大きな資本が入ってやってますみたいなところの話。新宿に店舗があって、2号店が新橋にできましたなんてのは足を運ぶ条件たり得る。その後で、3号店をどこそこ、4号店が云々なんて行ってセントラルキッチンで調理なんて話になったらたぶん行かなくなるけれど。

“昼食選びのポイント” の続きを読む