爪痕と強さ

2年前の1月だったか。仕事で石巻に出かけた。
まだ仙石線は全通しておらず、仙台から高速バスでの移動だった。
至る所に爪痕が残り、想像力に乏しい私でも、過酷さが想像できる。

市内に入り高速を降り、駅に着く。駅からはタクシーで移動するのだが、途中にあった町並みは所々抜け落ちて、建物の基礎だけになっている。
歩道橋には津波の高さが記され、川を渡る橋は仮に架けられている。川を渡るとポツポツと新しい住宅が建ち始めていたが、まだまだ荒涼としていた。

仕事の現場は休校中の中学校。津波で亡くなられた方々の安置所だった場所だ。
整備して再度学校に。住んでいる人がいるのだから、学校も必要。

校舎の壁の2階より上の高さに、泥がはねたようなラインがあった。津波はその高さまで来たそうだ。
現場作業はきわめて事務的に行う。 あくまで仕事であるし、器具の設計は寸法と状況がわかれば良い。 ゼネコンとの打ち合わせもそこそこに現場をあとにし、消防署に向かう。

消防署は簡素な作りだが、津波には持ちこたえたようだ。
設備等の打ち合わせはその消防によって差があり、そこの指導に従わなくてはならない。どうやらこのエリアは本部ではなく下部組織で審査をするようだ。本部でない場合、設備に対する知識が浅いことが多い。また、私が扱う器具は見たことがないという署員もいて、説明を懇切丁寧に繰り返し、ようやく解放される。

普段なら相手の勉強不足に(立場上知っていて当然なのだから)苛立ちがあることも多いが、このときは不思議とそんな感情はなかったのを覚えている。 消防署を出てふと、この界隈に、いつもたらこを通販で購入する店があったのを思い出して立ち寄ることを考える。数分の彷徨のあと店を見つけた。

店は改修中だったが商売を続けていた。ネット上では知っていたが、改めてみると感慨深い。何点か買って送ってもらう。店の方の笑顔がひときわ輝いていて、帰路あたたかい気持ちに包まれていた。

“爪痕と強さ” の続きを読む

健在

今の職場というのは、前職の職場とも関係がある。前職の会社が加盟している団体だから当然なのだが、最近前職の会社の噂話を小耳に挟む。

あまりいい話ではないし、私に同意を求められても困る。先日も電話があったので適当に話をしていた。電話を切ったあとのそれを聞いていたうちのお局さんと会話。

局「◯◯さん、業績悪いのかしらね」
私「そんなことはないと思いますが」
局「局長みたいな人が辞めたから、大変なんでしょうね」

お、持ち上げてくれてるw

私「まあ、ネームバリューもあるし、大丈夫じゃないですか」
局「△△社長も大変よね、全く畑違いのところから来てるし」
私「スタッフがちゃんとしてれば大丈夫ですよ」

話はいつしか待遇の話に。

局「△△社長も社長なんだから、給料□□円もらいますとかドーンと言っちゃえばいいのよね、ところで局長はどれくらいもらってたんですか?」

不躾な質問。

私「※※円でしたかね。ここに転職して☆☆円の減収ですよ」
局「それは前職もらいすぎですね」

はい?

あんたは経営者かよっ!

局「変な意味じゃなくてね」

はい?
変な意味以外にどう解釈すりゃいいんだ。

ってか、最近温和しいと思ってたけど変わってませんね。
日本語が不自由な環境、外国ならまだしも、社内で・・・
精進しなくちゃね(苦笑)

場所取り

場所取りの電話。
使用前月の1日の10:00から予約を受け付ける。

イベントをやりたいので、しかも確実に押さえたいので、1日は午前中有給休暇。
9:45に電話をしてみた。番号の確認もあるからね。

「この番号で合ってます。ただまだ受付前ですので、10:00になったらお掛け直し下さい。その際繋がりにくいかもしれませんので、あらかじめご了承下さい。」

・・・至極ごもっともです。

で、10:00。開始と同時にかけ始めるが繋がらない。
携帯と固定の2本使いでも全くつながらない。

5回に1回くらいNTTの自動応答が答える。

「おかけになった電話は大変混み合いましてかかりにくくなっております。ご迷惑をおかけしますが、しばらく経ってからおかけ直し下さい」

・・・しばらく経ってからかけたら、予約満杯にならないか??

ひたすらリダイヤルしまくる。スマホの発信履歴がみるみるうちに埋まり、とうとう予約番号だけになってしまった。
かけ続けて1時間と17分、やっと繋がる。

考えてみたら、5月のイベントの受付はGW分も入るんだな。
繋がらんわけだわ。なんかシステム考えてほしいぞ。

というわけで5月17日確保できました。詳細は別途お知らせいたします。