久保田の引退

我がタイガースの久保田投手の引退報道が流れている。

阪神久保田智之投手(33)が、今季限りで現役引退することが2日、分かった。

今日3日にも球団から発表され、引退会見に臨む。3年目の05年にはクローザーとして27セーブをマーク。岡田監督(当時)のもとで藤川、ウィリアムスと「JFK」トリオとして活躍した。07、08年には2年連続で最優秀中継ぎ投手賞に輝いた。07年は大車輪の働きで驚異の90試合に登板し、プロ野球新記録を樹立した。だが先発に転向した09年は右肩痛を発症し、シーズン1試合登板にとどまった。今季は2月に右肘を手術したが、1度も1軍に昇格できなかった。この日は鳴尾浜で2軍練習に参加し、ブルペン投球も行った。「明日、会見で話すので、それで分かります」と話した。(10/2 日刊スポーツより)

高校時代は捕手兼任だった。頑健な体を捻って体重を乗せる独特のフォーム。
球速もいいときは150キロを軽く超え、ミットでズドンという音がしそうな、重そうなボールを投げていた。

あの優勝した2005年の中日戦での顔面蒼白(元々色白だが(笑))の姿を今でも思い出す。
岡田監督に「もう打たれろ!打たれてもお前は悪ないからな。オレが責任持つからもうムチャクチャほったれ!」といわれたあの試合。
最終的には伏兵中村豊のホームランで勝ったのだが、同点に追いつかれてマウンドで呆然としていたよな。

“久保田の引退” の続きを読む

昼食選びのポイント

虎ノ門勤務となって50日が過ぎた。さすがに、新橋に近いリーマンの町である。毎日退屈しない。

昼食の情報もインターネットを始め、そこら中にあふれかえっている。有り難い話だ。すべての店を訪問することはできないだろうが、できる限り多くの店に足を運んでみたい。

基本的に驚くほど高くなければ、単価は気にならない。むしろその金額なりのものを食べられるかなという楽しみの方が大きい。当然外れもあるが、それはそれ、食べ歩きの楽しみじゃないか。

そんななかで、どうしても足が向かない店、食指が動かない店がある。そしてその店には一定の条件があり、そこを外すとかなりローテーションが絞られてくる。

まず第一にチェーン展開している店はそれほど食指が動かない。事前に調べて、経営母体がフードビジネス系でいくつものブランドを展開しているところにはあまり興味がない。

その近辺に他に店がないなど、余程のことがあれば別だが、新橋界隈ではその心配がないから、必要性を感じない。例外としてはステーキチェーンくらいか。勝負は肉質と単価だけだから、それほどの外れはないし、旨いステーキ食べたかったらもっと他に行くでしょ。

ここで言うチェーン展開とは、大きな資本が入ってやってますみたいなところの話。新宿に店舗があって、2号店が新橋にできましたなんてのは足を運ぶ条件たり得る。その後で、3号店をどこそこ、4号店が云々なんて行ってセントラルキッチンで調理なんて話になったらたぶん行かなくなるけれど。

“昼食選びのポイント” の続きを読む

ぼんやり考えること

会いたくなったときに会えない存在。
友人としていつでも会えると思ってると、突然そんな存在になったりする。

そういうことがもう何度あったことだろう。
気がつくと二度と会えなくなって、後悔ばかりが一生残る。

人の出会いは限りあるものだから、大事にしなきゃと思う。
だけど、日々に追われたり、様々な事情から、その大事なことを忘れてしまう。
縁がなかったとあきらめることも、しばしばある。

諍いもある。会いたくない奴もいる。
会いたいときってのはあくまで主観的な感情だから、相手はそう思ってないかもしれない。
でも、やっぱり会えるときには会っておきたい。

拒絶されない限り、主観的でいいんじゃないか。
悟りも何も開いてないし、凡人だから会えない悲しさが身にしみる。

そしてそういうことが増えた事実に年齢を感じる。
昔の仲間と集まったりできることの幸せを感じて、前を向かなくちゃね。

ともすれば後ろ向きになりそうな毎日を繰り返すなら、
誰かに会いに行くのがきっと何かのきっかけになる。

そんなことをぼんやりと考えてしまう。