外メシシリーズ2015~7月第二週Part2~

7月9日

朝は新橋駅で。

150709_075733

冷やしたぬきそば。再訪。しかし、量が上品だなw。割と喉越しもよく、まとまりもいいが如何せん少ない。大盛りにしてみるか、今度は。

昼は気になっていたお店に新規開拓

150709_121400

あいがけカレー(ビーフカレーと南印度チキン)に温泉卵。無料でライス大盛り。スパイシー感はそれほどない。卓上の黄金一味を振るとそれなりに辛さ増しとなる。煮込まれたソースは割とさらっとしているが、飯とよく合う。カレーライスしか売ってなくて、カレーライス単体が500円というのは素晴らしい。

午後は調査のあと解放。久々の立石

150709_165454-2 150709_170449-2

写真は煮込みとアブラタレ。その他シロよく焼き辛塩とお新香お酢。ビール1本に梅2ブドウ3で酩酊。途中から記憶は雲散霧消。気がつくと家の階段で就寝。弱くなりました。

7月10日

別に二日酔いもなく、霞ケ関から。通り道はこちら

150710_085138

ざるそばにかき揚げとゆで卵。定番のかき揚げだ。これをつゆにつけると二日酔いも吹っ飛ぶ。あれ?二日酔いではないのでは?

昼はNF君と食事。ほんとこの人と食べるのは不本意。選択肢が限られる

150710_115908

牛タン炭火焼き定食得。とろろがついてるがついてない方がマシと言った代物。牛タンは厚みこそあるが。辛味噌が一番救いかw。NF氏、漬け物の輪切り唐辛子を丁寧に除去。こんなんだから一緒に食べたくないんだよなあ。

夜は久々の湯島詣で

150710_191749 150710_193029

ビールとレスカのアテはメンマとチャーシューエッグ。ぶたなんこつ。何屋だw。しかし、以前居酒屋化していたときよりはるかにメニューが増えて、しかもよくわからない。何屋だw。ただ、味は濃いめが増えたなw

150710_195912

〆の冷やし塩つけ麺。麺の良さが際立つ。喉越し、啜り心地、食べ味ともいい。塩だれもよく利いた鶏がふくらんでこれも佳作。冷やし鶏そばと比較してもなんの遜色もない。ちょっと満腹になりすぎるがw

7月11日

疲労による引きこもりw。夕方近所に。以前に撮影をやんわり断られたので写真なし。でも食べログには載っているw。
瓶ビールに野菜炒めと冷し中華に半チャーハン。少しソース味のする野菜炒めがビールのアテ。冷し中華は自家製の麺のコシがしっかりと生かされている。具は細切りチャーシュー、錦糸卵、細切りキュウリ、そして春雨。よく利く辛子とややケミカライズしたタレとの渾然一体感がお気に入り。ソウルフードに近いな。この味45年食べてるし。そしてしっとりしたチャーハンはナルトたっぷりのジャンクさ。おみやげに買った焼そばも、具はキャベツとモヤシだけなのにジャンク感満載。

中国料理店と中華料理店と中華屋とラーメン店その2

中国料理店と中華料理店と中華屋とラーメン店の違い。なんだかんだと半年以上経っちゃったから、もう覚えてないと思うんだけどねこの話題。

思うに中国料理店ってのは、すごく高級なイメージがあるんだよね。福臨門とかさ。「北京料理」「四川料理」「広東料理」「上海料理」って並べるといかにも本格的だし、お値段も安くはない。おもてなしするには、人を選んじゃうかなくらいのレベル。フカヒレとか北京ダックとか燕の巣とか、高級食材使いましたー、シェフも一流の人ですーみたいなイメージ。

これに対して中華料理店ってのは、正当に修業もしてきて技術的にもしっかりしてるんだけど、中国料理店ほど敷居は高くない。本場の料理が多く、たいていのメニューは中国語で書いてある。日本語で書いてくれりゃいいのに(笑)。炒め物一つとっても、調理技術の高さがうかがえるのが中華料理店に多い。総じて出身地の味付けに近い。因みに旨味調味料の多寡は店による。

この二つはたとえればリストランテとトラットリアかな。中華料理店の方が気楽に入りやすいでしょう。お値段もそんなに高価じゃないけど、別段安くもない。

“中国料理店と中華料理店と中華屋とラーメン店その2” の続きを読む

ガクガクブルブルな話その3(長いです)

好きなラーメン屋があってね。
もうソウルフードに近い、中華屋と言えば中華屋だけど麺がメインで。他のメニューってライスとチャーハン、中華丼。つまみに野菜炒めとネギチャーシュー、で餃子。こんなラインアップ。

旨味調味料がどうとか、そういうことはどうでもいいレベルで、酒だってビールくらいは飲める。そりゃつまみ出してるんだし。

そのつまみを食いながら、時には焼きそばなんかもつまみにしたり、日曜の午後のまったりとした至福の時間だったりする。

写真撮影は原則禁止。前に言われたんだよね。ここには結構載ってるけどw。昼の時間帯は禁煙。夜は喫煙者も増える。家族連れが多いからまあ、ちっとは気遣ってほしいけど、しゃーない。

ここのメニュー、麺はさりげなく自家製麺で。細麺が澄んだスープに浮かんでなかなかビジュアルもいい。醤油味は昔ながらの生姜の利いたスープ。塩と味噌は具を鍋で炒めてたれを入れる札幌式調理法。肉そばとかタンメンは正当な中華の調理法で、もやしそばなんかは醤油味だがこっちの調理。

なんだか腹減ってきますよね。うん。で・・・・・・

先日も日曜の夜のまったりした時間を過ごしていたんですよ。ちょっとソース味の野菜炒めなんかでビールをね。

〆に麺を啜りたい。今日は何にしようかな。うん、塩バターなんかいいね、そうしよう。結構好きなメニュー。軽く炒めた野菜に塩味のスープ。まさしく中華屋の鑑。

待つことしばし、運ばれてきました。よしよし。で、最初はスープを一口。うんうん。で、ちょいとバターを。

え??

“ガクガクブルブルな話その3(長いです)” の続きを読む