今年のタイガースを占う

さて、キャンプインだ。

FA戦線にことごとく敗れ、大きな補強のなかった我らがタイガース、いや、大きな補強はあった。

鳥谷!

この残留の意味は大きい。いろんな意味で。

まず、残留したことでのメリットは定位置の不必要なコンバートがなくなったこと。
鳥谷がショートにいることで、伸び盛りの上本を二塁、好守の大和を中堅に固定しておける。
梅本次第だがセンターラインは確定。西岡がなんと言おうが三塁に固定できるし、他にも良太、今成と三塁は人材豊富。

外野は左マートン、右福留で、左がやや弱いが盤石と言えよう。
もともと金本アニキがレフトだった頃に較べれば、レベルは上がっている。

梅本を含めた捕手陣は、日高が引退し藤井と鶴岡の3人に清水・小宮山か・・・。
梅本を伸ばしたいところで、サポートに鶴岡だろう。藤井は怪我や年齢もあるし。

そして投手陣。メッセンジャー・能見・藤浪・岩田・・・の後が続かない。
毎年のことだが秋山・岩貞・岩本・岩崎・玉置あたりに期待がかかる。
ここに、横山・石崎のルーキーが割っては入れれば盤石。
榎田は先発に向かないのではないかな。ゲーム作れないしなぁ。
なので、中継ぎが榎田、金田、伊藤和、(安藤)、(加藤)。勝ち負け関係なく、中抑えとして使う。
そして勝ちパターンなら7回福原・8回松田。で、呉昇桓。なんだ、不安ないじゃないw

勝ち星予想したらメッセ・能見・藤浪で40勝、岩田が10勝、その他で15勝で65勝。
あれ?優勝ラインどころか5割にも届かない(笑)
残り10勝の上積みをだれが叩き出すのかが課題か。

“今年のタイガースを占う” の続きを読む

たぬきのマンガ夜話~第3回~「ラストイニング―私立彩珠学院高校野球部の逆襲」

今回の内容は「ラストイニング―私立彩珠学院高校野球部の逆襲」 原作:神尾 龍 作画:中原 裕

 LastInning

ラストイニング―私立彩珠学院高校野球部の逆襲」1巻から44巻
いずれも小学館ビッグコミックス刊。

「8勝92敗でも甲子園に行ける」
そんな馬鹿な、という感じで始まるこの漫画。

かつて35年前、甲子園に出て初出場初優勝してという(一応)名門彩珠学院高等学校(通称サイガク)。その学校が経営上ピンチになり、野球部を廃部させて赤字を縮小するという大人の判断に対し、その優勝メンバーでもある学校長が自分が監督をしていた時代に選手だった鳩ヶ谷圭輔を再建のために連れてくる。 鳩ヶ谷圭輔はインチキセールスマンで生計を立てていたが、上司と彼女に騙され、収監される。学校長が保釈金を払って釈放させるのだが、最初は全くヤル気を見せない。

「甲子園に出場できなければ廃部」という設定に、一見しただけでこのままでは甲子園は無理だと判断して、「オレのやり方に口出しはご遠慮願えますか」と、釘を刺した上で監督に就任する。

エースの日高を刺激するためにいろいろと策を練ったり、下級生キャッチャーの八潮を野球とは全く関係なさそうな独特の練習法でインサイドワークを高めたりと今までの野球マンガとは異なる視点で、ストーリーを進めていく。

規則の盲点を突いた補強策やら、ダーティな大人の思惑すらも利用してチームを鍛えていく様は痛快な部分が多い反面、高校野球の闇の部分もあぶり出してくる。

他県からの野球留学や、高校野球かくあるべしのようなステレオタイプの意見に、斜め上から切り込んではいるがそれを全否定でもなく、独特の距離を置いた感覚が彩りとなっている。

スピリッツに連載されていた「やったろうじゃん」と比較した場合、同じように監督がメインのストーリーなのだが、本作は野球好きがはまりそうな戦術などの部分に主眼が置かれているので、思わずニヤリとしてしまう。そういえば、「やったろうじゃん」も埼玉なんだな、何か担当者とかのつながりがあるのかな?

“たぬきのマンガ夜話~第3回~「ラストイニング―私立彩珠学院高校野球部の逆襲」” の続きを読む

しっくりこない日シリ

日本シリーズに出場おめでとう・・・なのだがなんかしっくりこない。
もちろんルールなんだからそれでいいんだと思ってますよ、はい。

でもね、7ゲームも差がついていて大きな顔して出られるのかって。
選手は悪くないですよ。一所懸命やった結果だし。

でもねぇ。

わっちは読売が大嫌いですが、今回ばかりは同情を禁じ得ない。
CSに勝ったんだって、運でしかないでしょ。

相手に菅野はいなかったわけだし。

試合勘って意味じゃ、そりゃ連続している方がモチベーション保てるし。

繰り返すけど、選手は悪くないんだよ。
監督だってCSからは開き直っちゃった采配だし。
優柔不断さがなくなったもんね。

強いて言うなら、何故シーズン中はできなかったのかw
それくらい今はいいタクト振ってるよ。

“しっくりこない日シリ” の続きを読む