ある晴れた朝

手の中にあるもので、どちらかを手放さなければならない場合
どちらも大事だとしても、天秤に掛けなければならなくて
ある瞬間、ふっとどちらかに比重が置かれ、天秤は一気に傾く
手の中からこぼれたものはどこかできっと

また同じことがあっても、同じ判断ができるのか

いつだって生きて行くには時間が足りない
決断するのを引き伸ばしていいわけじゃない
きっとどんな判断をしても、あとで悔やむのかもしれない

もういいやと諦めた瞬間、何事もなかったように一日が始まる
そして、自分の掌の小ささに気付く
指の隙間に気付く

掌に掬って飲めるだけの水で、足りるはずなのにな

もうそこにはそれはなく、記憶だけが執着する

ある晴れた日

外メシシリーズ2015~7月第三週Part2

7月14日

朝飯はここ

150714_081739-2

ミニカレーにゆで卵。やはりこのビジュアルはいい。カレーの家庭っぽさもいい。すりごまと七味とウスターソースもいい。

昼はこちら。初訪。

150714_121740-2

豚丼に12時入店まで無料の温泉卵。この辺の特長なのだが、チェーン展開している店では昼食タイムはどこも客あしらいが画一的。横並びとか空いた席には当然のこと。空いた席が狭くても詰め込まれる。味は悪くないが、隣席とヒジをぶつけ合って食べるのはイヤだな。え、おまえがデブだからって?まあ、そうですねw

昼に鶏丼とかメニュー見ちゃったので、焼き鳥モードの夜。地元随一の焼き鳥

150714_193815-2

お通しのお新香と大根おろし。以前はお新香に粉がかかっていて、下町っぽさ満載だった。でもこのお新香自体いい味だから、粉いらないのだよね。

150714_195012-2 150714_201020-2

つくねとねぎま。焼き鳥は塩って人も多いけどね、きちんと仕込まれたタレの美味さって何物にも代えがたい。ここのタレはおいらのツボに嵌まっている。

150714_202032-2 150714_203100-2

何が出たか忘れている(苦笑)焼き枝豆はいいとして。焼き鳥は塩って人も多いけどね、塩で食うのもいいもんだよね。ってさっきと言ってることが違う。

150714_203359-2 150714_203706-2

まあこんな感じでご機嫌に焼き鳥。焼き鳥が食べたくなったらここに行くのが一番。

7月15日

この日の記憶がない。ってもう8か月前だしなあ・・・・

150715_083118-2

どこの冷やしなんだろ。全く記憶にない。

さらに記憶がない。ここかな。

150715_122517-2

野菜多めなんだろなあ。記憶がないけど。

思えばトラブルだらけで、気持ちもささくれてそんな一日だったんだ。と回顧。諸処のトラブル解決が終わり、癒やされに来たと思う。

150715_211638-2 150715_212429-2

ビールと何かの刺身。何の刺身だろう。

150715_212702-2 150715_214721-2

海鮮バクダンとあと何だか忘れてる。

150715_222026-2

当然〆のつけ麺も忘れてるwそんな日もあらあなw

退化

土曜日の投稿で思い出したこと。

前職は、建築にあわせて設計するのが仕事だった。設計図がある新築物件はいいが、既存物件は自分で状況の採寸をしなければならない。ノートに略図を書いて、寸法を書き入れていく。いわば前職の仕事のキモはそこにある。

私は自分でCADも弄れたし、自分で設計してたが、そうでない営業も当然いるわけで、その場合、採寸した条件を設計に渡せば、仕事は流れる。採寸図だけでは不足がある場合、現場を確認してきた営業の記憶が頼りになる。

採寸状況を携帯で撮ってる部下がいた。確かにそれを見せれば、設計は可能だろう。だが、写らない部分の状況は不明だ。なので、あとで状況を尋ねると、ほとんど答えられない。略図付きで記入していけばそんなことはないのに。

書くという行為は、記憶することの最も単純な補助行為だ。脳がいつも働いている状態で、視界に入る条件を全部確認できるわけではない。もちろんそういう特殊な脳を持った人もいるだろうが、現場調査をして確認すると言うことはそういうことだ。

その部下に聞くと、撮影しておけば自分が記憶しなくていい、つまり、脳が「記憶するという行為」を行わない。「撮影をしたという行為」を覚えているだけで、他の記憶はない。

よく、頭は使えば使うほど・・・というが、こと仕事において記憶しなくていいことってあるのだろうか。しかもそこはキモの部分だ。当然予見されるケースとして、再確認に行かなくてはならなかったりする。一回ですむものを無駄に時間を使う。

往々にして仕事ができないヤツはそういうタイプかなと思う。横着なのだ。時刻表を携帯で撮るくらいならまだしも、雑誌なんかを撮影するヤツって、実際仕事はできないんだろうな、と思ってしまう。

え、私がそんなに記憶力いいかって?すみません、最近人の顔が覚えられません(苦笑)