外メシシリーズ2015~4月第二週Part2~

4月9日

たまにモーニングモードとなる日がある。

150409_074714

ゆで卵&厚切りバタートースト。玉子には味がついてますからと言うが、それほどでもなかった。やっぱり塩感を感じたいなあ。

昼はサクッと済ませたかったので。

150409_121010

ざーさいだんだんめん大辛+ご飯。だんだん大辛がそれほど辛いと思わなくなってきた。次は激辛か?

久々に小川町に来た。とんかつもいいなとは思ったが。

150409_184409 

お通し。蛸だ。

150409_190245150409_190707

鶏と千住ネギ。ねぎまのネギとの差が面白い。どちらも甘みがいいが、千住ネギはさらに甘みが強い。

150409_191024

ブロックベーコンを炭火で。こういうものを出すようになったんだなと感慨深く。

帰り道は食べたかったこの店に。

150409_214549

ワンタンメン。行った時間が悪かったのか、出来が良くなかった。麺はぼそっとしているし、スープもねじが緩んでる。もう一回行ってみないと。

4月10日

朝は霞ヶ関からだったので。

150410_074515

ひやしとろろそばとチビカレー+ゆで玉子。とろろが意外なほど旨い。この辛汁にはよく合っていると思う。

昼は新規開拓

150410_113649 150410_114852

吉田パスタ(吉)グレービーミートスパ with 半熟玉子&チップスのランチセット。肉感あふれるソースがなかなか。腰の強い生パスタとの絡みもいい。惜しむらくはポテトチップ。湿気てしまうのはある程度仕方ないとは思うが、もう少しパリッとしてるといいな。 “外メシシリーズ2015~4月第二週Part2~” の続きを読む

シニカルな視点、SNSの言葉その1

一般論として読んでいただきたいのだが。

SNSをやっていて、違和感を感じること、それは「追悼メッセージ」だ。ニュースとして記事を最初に上げた人はまだしも、それに追従して「合掌」やら「R.I.P」やら、あ、追従じゃなくて追悼か。これ、意味あるのかねえ。

著名人が亡くなる記事を見ることは、ほぼ毎日ある。星の数ほどの著名人がいるのだから、当然のことで、中には自分がファンだったり、生きる指針になっていたりした人もいる。大変な功績を残されて、それがいまの自分の仕事に有用だったり、まあ様々。

人の死を悼む気持ちはそれそれだから、「何言ってんだ」と言われればそうなんだが、普段、街を歩いていて、セレモニーホールなどで弔う儀式があったとしよう。あなたはそこで合掌したりするだろうか。

宗教的な理由でもない限り、まず、しないと思う。そんなに信心深い人はそうそういない。

それでも、なぜ「追悼メッセージ」を書いてしまうのか。仮に近しい存在なら、思い入れがあるだけ、長文になるだろう。SNSである以上、悲しい気持ちも共有して欲しい、もしくは思い出を語りたいという側面は否定しない。そこで、それに便乗して「合掌」やら「R.I.P」やら、ファッションと変わらない。

“シニカルな視点、SNSの言葉その1” の続きを読む