虎姫一座「60年代を突っ走れ」

虎姫一座の新作を見に行った。
 
「60年代を突っ走れ!」ってことなので、私より少し上の年代(まあここはいつもそうなのだが)は涙チョチョギレなラインナップ。
まずは映画、ミュージカルで有名なあの曲から始まり、60年代と言えばこのグループこの人というメドレーと続く(書き方がもどかしいw)。そして60年代の世界のヒットポップス・オールディーズ。私がまだ小学生の頃、母がカセットテープを買ってきて、それを安物のラジカセで聴いていたのを思い出してまず感涙。

一転してここの名物でもある和の競演。リーダーのあゆみさん、喉治って良かったね。ここもいつもながら聴かせどころだ。

休憩を挟み、懐かしい映像とテーマで始まるコーナー、ここも「あああああ」と身悶えしそうな流れで続き、演目は続く。

60年代後半から70年代前半に大人気だったテレビ番組(ああ、書き方がもどかしい2w)のヒットメドレーが続いて、そして偉大な二人組のメドレー。

でも一番感涙は、このステージのラス曲。大人気だったテレビ番組のスタッフが若者向けに作った番組から生まれた曲(ああ、書き方がもどかしい3w)。

それは私の青春時代を鮮やかに脳裡によみがえらせ、感涙させるのには十分すぎるパフォーマンス。

前回の入門編に引き続き、今回もオススメ度100%です。今のうちに見ておいた方がいいよ。

セットリストは次のページに。「観てから知りたい」という方は、のぞかないでくださいw

“虎姫一座「60年代を突っ走れ」” の続きを読む

外メシシリーズ2015~3月第三週Part3~

3月20日

イイノビルの地下を通るとホント楽だ。雨にも濡れないし。そんで交差点までちょっと歩いて、道路渡れば一山越える

150320_080416
おろし天そば石臼挽きをぶっかけで。こうなっちゃうと少し煩い感じかな。大根おろし別でもらうかな、今度。

メチャクチャに眠いのは春だからなのか。早く昼飯を済まして寝たい。なのでさくさく流れるところ

150320_114908
塩ラーメン+半チャーハン。12時前だと、とにかく空いていて早い。そして喉が渇くw

会議が二件はいっていて、それが終われば直帰なのだが、何と15時台に終了。これはここに行かない手はない。

150320_171418150320_172425
ビールと煮込みから始めましょう。何回食べても旨い。やはりここの煮込みは大好きだ。このトロンとした肉と脂の旨味。脂って言っても脂っこいわけじゃなくね。堪えられんなあ。ここと四の橋は私の中では2大煮込みだ。

150320_173006 150320_173438
澤ノ井の純米大辛口に切り替える。ごま和えとらっきょう。少し酢の利いたごま和え、黒ごまの風味と合わせるとこれは日本酒モードだ。らっきょう甘酢漬けの歯触りを楽しみながら1杯2杯。

150320_175233
ノドグロの干物。塩加減絶妙のノドグロを頭からいただく。骨回りがやはり一番旨い。

150320_181212 150320_181633
なめこ汁に明太子のおにぎり。〆るには抜群のなめこ汁。熱々。

3月21日

祝日なのだな。
アホな親父たちが集まることに。

150321_113744 150321_114339
まずはビールとおでん。

150321_114415 150321_114727
牛すじをさらに追加。春の天ぷらはフキノトウ、タラの芽、菜の花。

150321_115439 150321_121607
かしわ天とゲソ天。

150321_125250

〆のうどんは何故か坦坦うどん。これがここのうどんとよく合っていてかなり旨い。

150321_150358 150321_151125

150321_153039
浅草に移動して虎姫一座のパレードを見る。

カラオケで解散して、ひとりいつものビールに行く私。

150321_175704 150321_180240
ビールと肉ニラ炒め。

150321_182201 150321_182611
餃子に〆のチャーシュー麺。正しい休日。

虎姫一座を見てきた

アイキャッチはWebサイトのキャプチャです。
なんか、嵌まっちゃいました。

浅草のドンキの上、7階にそのシアターはある。
その名も「Amuse Cafe & Theatre

あのアミューズが手がけているパフォーマンスシアターで、そこを常設劇場として活動しているのが虎姫一座だ。

レビューとはもともと評論という意味だそうだが、フランスでは違った意味で、時事風刺の効いた舞台エンターテイメントショーのことだという。

私の友人が挙って見ていて、評判は聞いていたのだが、漸く見る機会に恵まれたらこれが一発で嵌まり、このステージだけで都合4回も見てしまった。

高校時代、「シング・アウト」ってことをやっていた。「シング・アウト」とは大声で歌う、とか陽気に歌う、みんなで歌う、という意味あいでそれに振りがついてステージに立つ。イメージは高校サッカーの前半後半の合間に出てくる女の子たち、もっと雑に言えばAKB48。

これがけっこう楽しかったわけで、ただ説明してもあまり理解されない(笑)当時でさえ、「踊る◯◯団体」とか揶揄されていたし。まあ、その「シング・アウト」をやってた連中もたくさんいて、地元の高校何校かで団体を作ってライブやったり、時には大学生に混ざって演じたり。

そんな郷愁を一瞬で呼び戻すパフォーマンスが、ここにはあった。もちろん、私たちがやっていたレベルとは段違いにクオリティが高い。

今回のステージは3部構成でセットリストは以下の通り。
https://www.facebook.com/torahimeichiza/posts/926118644067009:0

“虎姫一座を見てきた” の続きを読む