たぬきのマンガ夜話~別冊~野球マンガ考察その3<高校野球編3~大甲子園2>

代わったところに打球が飛ぶ。これは野球ではよく言われれることだが、センターに入った渚の所に二連続で打球。しかも二本目はファインプレイ。里中が渚の背中を叩く。渚は「香車の意地がのりうつったス」と。渚君、成長していますw

山田の第二打席は、不知火が超スローボールで打ち取る。
しかしこの球持っていながら、しかもあの速球がありながら、あのフォークがありながらなぜ勝てない不知火w
内容を見る限り不知火はダルビッシュ以上だぞw

で、さすが水島オールスターだ。ネット裏には東京メッツの五利と岩田鉄五郎も登場。岩田鉄五郎この時何歳だ?山本昌より上か?

殿馬が11球ファールで粘る。不知火はついに殿馬を敬遠。ところが、最後の一球はキャッチャーが立ち上がったところで、剛球ストレートをど真ん中。しかしこれ、普通キャッチャー取れないだろうwサインだったのか?イメージ的には藤川-矢野のバッテリー(もう結構前だな)で、矢野が中腰で構えて、藤川に高めのクソボールを投げさせて空振りさせるのに似ているが。

次の山田の打席、ストレートにヤマを張って一本足で打つ。もともと通天閣打球だったのが通天閣打法になったのが笑えるのだが、ともかく打球は通天閣ならぬ東京タワー打法に。要は下に落ちてくるほど、打球がスライスするわけだが、不知火が野手を制して自らフライを捕ろうとする。

物理的に300メートル程度打球が上がる場合、加速度などを加味すると落下速度は相当のスピードになる。だから、普通に考えたら捕球できるわけないし、ましてやダイヤモンドを一周する時間なんてありゃしない。ここのギミックはけっこう好きなんだがね、マンガらしくてw

“たぬきのマンガ夜話~別冊~野球マンガ考察その3<高校野球編3~大甲子園2>” の続きを読む

第91回東京箱根間往復大学駅伝競走

箱根駅伝終わった。

印象をいくつか。
1区は予想通りの展開。六郷橋からの中村(駒澤大)、田口(東洋大)、久保田(青山学院大)のスパート合戦は見応えがあったが、スタミナもあり駆け引きに長けた中村に軍配。いい流れを作る。しかし、差がない襷リレーで、他の2校も流れは悪くない。オムワンバの急遽の欠場で、補欠ランナーの投入位置にずれが生じた山梨学院大が最下位。中村、久保田が印象に残った。

2区は留学生が走らないという近来にない展開。流れに乗ったかに見えた駒澤大に光明が見えたのも一瞬、服部勇(東洋大)の力走で、東洋大が粘る。駒澤大はエース村山謙で引き離したかっただろう。ただこの時点では層の厚さで駒澤大かと予想したのだが。一色(青山学院大)も良い位置でリレー。将来性を感じた。印象に残ったのは村山紘(城西大)、村山謙、一色。1時間7分台が5人。

3区は中谷(駒澤大)の快走が光った。4区を走った前回に続く2年連続の区間賞は実力者であることを証明している。また、区間2位で飛ばしてきた有村(明治大)は順位を上げて襷リレー。5強の一角といわれた存在をアピール。これは明治大もありかなと思わせた。印象に残ったのは中谷、有村、井上(山梨学院大)。

4区の最短区間は区間新記録が2人、しかも1年生。駒澤大の工藤、青山学院大の田村と思い切りの良さが目立った。最短区間と言っても18.5kmあるわけだが、そう大きな起伏もないので走りやすいのだろうか?ここ数年で一番新記録が出ている。印象に残ったのは工藤、田村の2人か。

往路の勝負は花の2区でも総合力でもなく、今年も山登りの一発勝負。それがそのまま総合優勝になるパターンは、わかりやすいと言えばわかりやすいし、単純といえば単純。もちろん選手に罪は全くないのだが。その中で、神野(青山学院大)の健脚は特質に値する。今までの山登りは重心の低い選手(腰を落として走れる)が中心だったのだが、43㎏という軽量で、はねるようなリズムで登っていくスタイルは山登りに一石を投じた。ただ、強風などの悪条件時はどうなのか、注目したい所だ。日本大の留学生ダニエルは昨年の反省を踏まえた上で山登りに挑み、見事な結果だったが、5区スタート時のチーム順位が低すぎた。駒澤大の馬場、早稲田大の山本、大東文化大の市田宏など、実力を出し切れなかった選手が多かったのが印象。特に馬場は完走すら危ぶまれたほどで、山登りの過酷さを物語った。もちろんここは神野が印象に残る。
往路最終では最低でも区間5位でまとめた青山学院大の初優勝。下馬評では最右翼だった駒澤大は4位。復路一斉スタートが14チームあるが、タイム差にも注目の復路。

“第91回東京箱根間往復大学駅伝競走” の続きを読む