手が回らん

いやー何だかメチャクチャ多忙。
手が回らん・・・・・・五十肩かw

懇親会やら予算組みやら送別会やら、ちったぁこっちの予定も考えてくれい(苦笑)
で、こういうときに限ってお休み取られたり・・・・・・えー当然の権利ですからね、そりゃもうね(苦笑2)

弔事があったりしてる今週、予定が押せ押せです・・・・・。

間尺にあわない夜

先日、楽しい宴会の帰り。
どうしても朝一でやらなければならないことがあって、まだまだ盛り上がる会をあとにとぼとぼと終電で地元方面へ。
とは言っても、完全に地元まで帰る手段はなく、次善策として同方向の駅で降りてタクることにした。完全に同方向って訳ではないが、まあ、勝手知ったる地だし、その先の終点から帰ったことも幾度もあるし。

そいで、まあ、始発から終点だから、40分近く眠れる。今日はそんなに酔っ払ってないし、乗り過ごす心配もない。終点のアナウンスと人の動きで目覚め、一路タクシー乗り場へ。

タクシー乗り場は、酔客も多く、さながら小さなカオス状態。足早に向かい列に並ぶ。わっちの後方には、早くも10人以上。二人連れ、三人連れも目立つ。大声でわめく人やら何やら。「おれはあんな馬鹿とは違うんだよ」などと。君が馬鹿だとしか思えないが。

このエリアは個人タクシーが多い。タクシーはSuicaでと決めているので、個人タクシーは見送らざるを得ない。順番が回ってきたが4台続けて個人タクシー。後ろの人に順番を譲り、しばし待っていた。いったん車が途切れる。

やっときたタクシーはまたも個人。ため息。次の人に譲る、そのとき。
「君が馬鹿だとしか思えない」君がわっちに絡む。推定30代後半から40代前半。もちろん女連れ。

“間尺にあわない夜” の続きを読む

たぬきの競馬新聞2015増刊~競馬予想サイトについて考える

今年の前半もあとは宝塚記念を残すのみ。G1レースの度に、毎回予想はしても当たらない(苦笑)もちろん当てて配当は欲しいが、当たらなくてもレースの読みがいいセンまで行ったときは、それなりに楽しめる。当たらなかった悔しさもありますけどね、ええ(笑)

最近、競馬情報サイトのスパムがウザい。

買い目を教えてくれるのがありがたいかどうか知らないが、情報なので基本的に無料はない。

例えば何かのレースで買い目を見ようとする。それはポイント制となっており、ポイントはクレジットカードなどで購入する。

仮に10点の予想で推奨金額が一点300円とする。馬券だけなら3000円だ。つまり、10点買うと言うことは倍率が10倍以上にならなくては、元手は採れない。

しかし、この買い目予想サイトでのポイントが利用料100ポイント分となると話は変わってくる。大体が1ポイント100円だから、10,000円の投資だ。そうなると合計金額は馬券と併せて13,000円となる。

ただでさえ馬券は当たりにくい。走るのは馬だし、馬場の状況、他馬との兼ね合い、ジョッキー、調教など条件が細かすぎてどれを選択しても正解はなかなかない。

よく、スポーツ紙で的中しました記事が外柱にどーんと書いてあるけど、あれはいろいろな記者がバラバラに印を打って、その中のどれかが当たればいいんだから、そりゃ当たるわな、一人くらい(笑)

そんな中で1点300円の投資で、13,000円以上を回収しようとすると44倍以上の馬券を当てなければならない。

ガチガチの本命馬で決着した場合、3連単3連複ならまだしも、そんな倍率になることはない。3連単3連複なら、もっと当てるのが難しい。

しかし競馬予想サイトは外れても責任を取るわけではない。引退した大物のジョッキーや、元厩舎や元調教師の名を使い、さも的中しているかのような記事で耳目を引き、騙されそうなギャンブラーを集め、金銭を徴収する。なんてボロい商売なんだ。

私もG1に限り予想記事を書いているが、当たらない(苦笑)でも責任は取らない。そうか、私もそういうサイトを開いて、予想記事、買い目教えますで稼げばいいのか(笑)

誰か、予想記事買ってください。当たらないけど(T_T)