自宅サーバの封印

ブログの書き込みを半年休んでいた(サボっていた)のはサーバがクラッシュしたからで、その間、サルベージをしようとしたりいろいろ手を打っていた。

クラッシュの状況は、サーバのハードディスクに書き込みができなくなったことから始まり、パーティションの拡大など行おうとしてみたが上手くいかず、フォーマットするにはデータのサルベージもあり踏み切れなかったのが現状。

ではどうしたかというと、別のOSを外部から立ち上げデータのサルベージに成功、移設して問題なし・・・・・というシナリオを立てたのだがこれがまた初歩的なミスで上手くいかない。

しばらくいろいろいじっていたら、バックアップをメールで送信していたことを思い出した。探したらあったわあった。ここから復元できるじゃんと勇んだが、写真なんかのデータは別なのでまた時間が掛かる。

何とかサルベージして移設、いまこれはレンタルサーバです。ブログ書いたりする分にはこれで十分と考え、しばらく自宅サーバは封印します。安定性もこちらが上だし。

まあ、サーバいじるのは業務の一環でもあったから、ある程度メドも付いたしもういいかなと。

また機会があればやろうかなとは思いますが。

撃退できるか

これ再開してから、増えたのが中国からのアクセス。
ちゃんと閲覧されてるなら問題ないのだが、どうやらゴミを残して帰る。

バイ◯グラやら、怪しい薬やらなにやら大変なことに。
Akismetっというプラグインが捕獲してくれているのだが、とても気持ちが悪い。

「中国 コメントスパム」でググると出るわ出るわ・・・
皆さんお困りのようです。スパム握りは好きなんだけれどねぇw

そこで気になったのがここ。

中国産コメントスパムをコピペだけでほぼシャットアウトできる対策方法.

基本、スパムは中の分析をしないで廃棄してしまうんだけど、この方、「何がどうしてどうなった」の分析をキチンとされている。

私のサイトは一応IE6でも崩れない(カラム落ちさせない)ようなテーマを使っているのだが、逆にIE6でアクセスさせないという考え方はまさに目から鱗。

早速.htaccessに記入してみたがさあ、どうなるか(^^)後日報告しようと思う。

また、せっかくの自宅サーバなんだから、根本から断ち切るという手段もあると思うので、それも研究してみよう。

突然アクセスできなくなったら、そういう実験中と言うことでw

 

あれ、何でという設定w

昨日から、ドメインをtanukijiru.netに変えた。
サーバ自体は今まで通り自宅で稼働させている。
で、設定やらこのブログの書き込みやら、当然リモートでブラウザまたはコンソールから行うのだが、

内部からのアクセスがドメイン名でできない・・・

何か設定の間違いかと思って確認したけど原因不明・・・
Chromeからアクセスするとルータの設定画面が出るわ、teratermで接続すると接続出来ないわ・・・
ちなみに昨日のポストは会社から。会社からは問題なくアクセス出来ている。

で、ふと思い立ってIEからアクセスすると・・・あれ、見える・・・???
Chromeのキャッシュもクリアにして、クライアントも再起動して、念のためにサーバも再起動した.
依然としてChromeからは見えない・・・IEで見えているから今日のポストは書き込めているんだけど。

こういう所が楽しいのが自宅サーバなんだが原因不明は気持ち悪い。
それにこの作業するときは飲めないからなぁ。というわけで休肝日の夜なり。