外メシシリーズ-8月第五週Part1-

  この週は写真が多いので2回に分ける。

8月25日
お昼は気になっていた天ぷら屋さん。

140825_123732140825_123735 

天丼。これだけの天丼がランチ価格。サイマキエビ、カボチャ、ピーマン、小さなかき揚げ、メソ穴子。香の物もついているが、テーブルの上にも別途用意されている。天丼のタレは絶品とも言えるコクのある甘辛ダレ。これだけでも飯いけそう。

夜は羊なのだが、ちょっと時間が空いたので寄り道

140825_175252 

スタンプ貯めないと。さらに土嚢積み。腹減ったんだもん。

140825_183849

ラーメン硬め。出汁感がはっきりした長浜系。高菜もよく合うし。
で、

140825_194756140825_194536 

羊の女王が来る前はおとなしい(笑)ここのジンギスカンは臭味がないから苦手な人でもいけるだろう。わっちはマトンも食べたいのだがw

8月26日
朝飯。名店

140826_083310

冷やしタヌキそば。蕎麦湯を添えてくれるのが堪らなく嬉しい。生蕎麦はややぼそっとした感じだが、ツユに浸されるとのど越しつるりと胃の腑に落ちる。

昼は寿司も食べてみたいと表通りに。

140826_121217

にぎり1.5人前。メニューは二種類しかなくて、なのに食券を手渡しで買わされるw。味は、至って普通。シャリがあまり好みではない。ネタももう一息。ちょっと寂しい感じがした。

昼に物足りなかったので夕方にお八つ
とうとう冷やしを食べ損なう。残念無念。

140826_173415

醤油こってり。この系統の背脂はしつこくなくて好きだ。相当上等の部分なのではないか。甘みがあり、まさにこってり感だけをプラスする感じ。

8月27日
12、3年ぶりに入店したな。昔某所人気投票1位になったお店
大きな期待はしていない。

140827_122614

元ラーメン。あれ?あれ?結構旨いぞ。濃いめの醤油味に背脂チャッチャッチャ。なるほど、ベテランにはベテランのレゾンデートルがあるのだな。また来て食べてみよう。
で、夕方小腹が空くいつものパターン。

140827_171839

肉ぶっかけ。ぶっかけのタレって、もっと濃いものじゃなかったか?ひやかけと間違えたのか?謎のまま食べる。ま、旨いからいいか。

8月28日
まだ試していなかった組み合わせを確認しに行く。喫煙者が増える前にカウンターでこそっと。

140828_121107

冷やし中華+半チャーハン。冷やし中華のたれは至ってオーソドックスな酢醤油系。麺は普通のラーメンなどに使っている麺だというのに、表情が一変。コシは最強レベルで、歯を押し返す弾力が素晴らしい。へえ、こういうのも有りなんだね。

夕方、友人のお見舞いに行って、少しブルーな気持ちで地元に帰還。

140828_213510140828_211818140828_211110140828_213906140828_214344

こういうときこういう店が地元にあって良かった。

続きを読む

たぬきのマンガ夜話~第1回~「おせん」

  今回の内容は「おせん」 作:きくち正太

 osenmattou

「おせん」全16巻
「おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。」全11巻
いずれも講談社イブニングKC刊(kindleバージョン有り)

『笠置の宿には過ぎたる花がふたつある
 ひとつぁ 千成神社の弁天桜
 もひとつぁ 本所百軒下田谷屋敷
 江戸の北斎 京伝も
 この花だきゃぁ 筆にもできめぇ
 老舗花茶屋”一升庵” 暖簾に咲いた花の名は
 半田仙こと 通り名 おせん
 まずは衆目衆目』

上記は一巻の巻頭の扉絵に書いてある一節。
料理マンガではあるが、どちらかというと和の文化に重心を傾けた人情ものと言える。作者の趣味であろう料理・骨董などの話題が多く、その手が好きな人には堪えられないテイストである。

主人公は、一升庵という店の呑んべえで食い意地の張った天然若女将「半田仙」、通称おせんなのだが、物語は大学新卒で、甲府の旅館の跡取りでもある江崎ヨシオの視点から語られている。ストーリーは江崎が就職するところから始まり、跡継ぎに帰る直前までが綴られている。

江崎にはグリコというニックネームが付けられるが、この辺のベタさが割とツボ。そういえば、むかし「軽井沢シンドローム」でも純生クンがアサヒとかキリンとか呼ばれてたな(笑)

一升庵という店は、笠置の宿にあると言うことになっているが、当然そんなところは東京にはなく、設定としては鈴木春信の絵画にある、笠森お仙がいた谷中の笠森稲荷神社周辺がモデルと思われる。
戦争で焼けてしまったが、そこには星岡茶寮があり、一升庵の店構えはそれをモチーフにしているのだろう。

続きを読む

たぬきのマンガ夜話~プロローグ~Graduate from “BIGCOMIC SPIRITS”

英文として正しいのかこのタイトルw

創刊して間もないビッグコミックスピリッツを、購読し始めたのが17歳の時。
「軽井沢シンドローム」を読みたくて、月に2回刊だった同誌を、忘れないようにカレンダーに印を付けてまで購入していた。
「めぞん一刻」や、「ぼっけもん」なんかが連載されてたな。
「美味しんぼ」が始まったときは口調のマネしてたし、悪の権化化学調味料説や、ドライビールには実態がないとか、喫煙者には和食職人(特に生魚を扱う職人)は勤まらない説にうんうんと頷いていた。
(今でもそれが好きじゃないのは、その味が嫌いだからである。美味しんぼはきっかけにはなっているがw)

「冒険してもいい頃」の青年漫画にありがちのお色気や「出直しといで」なんかの学園モノや「ツルモク独身寮」なんかの青春モノ、「なぜか笑介」・・好きだったな。
スポーツ系は「やったろうじゃん」とかの野球モノ、ナンセンスは「汚染るんです」「くまのプー太郎」「ブラック&ホワイト」・・影響されたな。
黒歴史ともいえる「オヤジ高校生」「以蔵のキモチ」「パパリンコ物語」も全部読んでたな。
おっと忘れちゃいけない「気まぐれコンセプト」
あの当時”え?これがドラマ化されるの??”と思った「同・級・生」「東京ラブストーリー」「妻をめとらば」「瑠璃色ゼネレーション」なんかもスピリッツだったし、スピリッツ万歳。

続きを読む