肉を食らうあれこれ

先月は何故か肉食の多い月で。
お誘いがあって行ったお店だったり一人焼き肉だったり。
そんな諸々を徒然に。

僕は基本的に食べ物にA級もB級もないと思っている。
あるのは、旨いものか不味いものである。

150円のシュークリームが旨いこともあれば、1万円の寿司が不味い場合もある。対価に含まれるものの中には、値段相応のホスピタリティがあるはずで、店に行く以上、期待値の中にホスピタリティは含まれる。

何度か繰り返していく店の場合、その店のホスピタリティは意識の中に織り込み済みである。そこにあるメニューの中身は見当が付いているだろうし、今日は何を食べようか、何を飲もうかと考えながら店に向かう。

そしてその食事は当然のことながら、過度の期待はなくむしろ安心感を伴う食事となる。これはモノを食べるに当たって重要なポイントの一つである。

たまにしか行かない店の場合、いわゆるハレの日の食事だった場合が多いのかもしれないが、記憶を辿ったときに好ましい記憶があれば味も甦ってくるし、「ああ、また行きたい」と思うであろう。そしてそういう店を再訪した場合、初訪とは違う記憶の上書きによって、次回の訪問予定も変わってくるだろう。

本来なら旨いものが訪問店にあればそれでOKなのだが、そこにホスピタリティを上回る旨いものという条件が加味されれば当然回数は増える。ホスピタリティは不快にならない程度あればよい。

問題は初訪の場合だ。初訪というのは、ただでさえ緊張感が漂うというマイナス要因を店に対して持つ。緊張感を打破するような期待感がそれを上回ってこそ、旨いものを喰う準備になる。

ご招待いただいたときに、前知識はある程度仕入れた方がいいのかもしれない。礼を欠かない程度にその店の最低のルールは知っていた方がいいだろう。

しかしその情報が、ベールの内側だった場合、さらに外に出ている情報が一方向の情報だった場合、それは宗教団体と変わらなくなる。ある一定の方向しか向かない、そんなお客ばかりの店はよほどの興味がわかない限り、敬遠してしまう。

もっとそういうことを許せる、広い心を持って楽しめればいいのだが、生憎とそういうバランスシートの上に僕は乗っていない。そこには、借りも貸しもなく旨いものを喰わせようとする心意気があって欲しいから。

店側としては、緊張感を解くことは重要なファクターだと思う。よく言われるガンコ親父の店でさえ張り詰めた緊張感はあるものの、それなりにモノを食べる環境にはあって、それを醸し出すのは周囲の客であったり、店の造りであったり、そしてその緊張感を上回る旨いものであると言えよう。

巷間言われる、味がよくわからなかったほどの緊張感は、例えば前知識の肥大による緊張感であったり、経験の少なさによる緊張感であったり、独特の作法による緊張感だったりする。

前段のどれもが重なったら、それは旨いものを喰う環境とはならない。たとえそこで最高級の肉の部位が出たとしても、やはり食べる楽しみとしての期待値は下がる。

そういうことを気にしないで食べられる、言い換えれば環境に左右されないで食べられるというのは、実験室で白衣を着て食べても大丈夫な人なんだろうと思う。

僕は、大丈夫な人である部分も持っている反面、シチュエーションもこだわるタイプだと思っている。モノを喰うと言うことは、食べるモノ自体が旨いことは大事で、次のファクターとして誰と食べるかが重要で、そしてそれを演出するギミックが組み合わさるものだと思っている。

旨いものを喰わせようとする心意気は大事なことだと思う。客を限定するなら、驕慢にならずに真摯に向かってくれればいいのにと切に思う。

ま、肉に限った話ではないんだが。

音楽の楽しさ素晴らしさを改めて感じた日

音楽の楽しさってなんだろう。
好きなアーチストのライブに行って、いわゆるノリのいい曲で自然に身体が動くのもよいだろうし、美しい声の歌手のその歌声を堪能するのもよいだろう。

暮れになると交響曲第9番を聞くことが多い。第九という名で親しまれてもいる。また、第九を演奏する音楽家または楽団も多い。第九という大作を聞くまたは演奏することによって得られる、ある種の達成感に満たされる独特の感覚が、日本人の奥底にすり込まれているのかもしれない。

私はそれほどクラシック音楽に造詣が深いわけではなく、第九にも格別の興味があるわけではない。クラシックを演奏する奏者は、幼少の頃からお稽古事として管楽や弦楽に勤しんで来ている方々で、そういう方々が譜面通りに演奏することによってできる完成形がクラシック音楽だという偏見を持っていた。

なので、誰がどのように指揮をし、どのような楽団が演奏しようとそれほどの差はないと思っていた。そんな私が、昨日第九を聴きに行った。

招待してくれた方が、どこで何をという情報も含めて一切の予備知識を私に入れなかったので、ただ誘われるままについて行った。会場に着いて初めて、第九のコンサートなんだと知った。

指揮者は佐渡裕氏。日曜の朝の音楽番組でみせる、柔和な笑顔と機知に富んだ会話が魅力の指揮者だ。佐渡氏の前説が始まり、コンサートの幕が開く。佐渡氏の前説は、あまり第九に関心のない私にも非常に解りやすく、かといって過剰でもない、いわばアペリティフのような感覚で、ある種の緊張感に包まれた私を寛がせてくれる。

今回はケルン放送交響楽団の演奏による交響曲第9番で、佐渡氏の前説によれば、東日本大震災の直後、被災した日本に対して、何か音楽で心を支えることはできないかと申し出られ、デュッセルドルフでチャリティコンサート行われた楽団だそうだ。

佐渡氏の指揮はテレビでしか見たことがない。また、前述のようにクラシックにそれほどの興味を感じたことがない私だったが、その会場の醸し出す空気と佐渡氏の話術、そしてこれから始まる凛とした緊張感に心が昂ぶるのをおぼえた。

“音楽の楽しさ素晴らしさを改めて感じた日” の続きを読む

外メシシリーズ-8月第五週Part1-

  この週は写真が多いので2回に分ける。

8月25日
お昼は気になっていた天ぷら屋さん。

140825_123732140825_123735 

天丼。これだけの天丼がランチ価格。サイマキエビ、カボチャ、ピーマン、小さなかき揚げ、メソ穴子。香の物もついているが、テーブルの上にも別途用意されている。天丼のタレは絶品とも言えるコクのある甘辛ダレ。これだけでも飯いけそう。

夜は羊なのだが、ちょっと時間が空いたので寄り道

140825_175252 

スタンプ貯めないと。さらに土嚢積み。腹減ったんだもん。

140825_183849

ラーメン硬め。出汁感がはっきりした長浜系。高菜もよく合うし。
で、

140825_194756140825_194536 

羊の女王が来る前はおとなしい(笑)ここのジンギスカンは臭味がないから苦手な人でもいけるだろう。わっちはマトンも食べたいのだがw

8月26日
朝飯。名店

140826_083310

冷やしタヌキそば。蕎麦湯を添えてくれるのが堪らなく嬉しい。生蕎麦はややぼそっとした感じだが、ツユに浸されるとのど越しつるりと胃の腑に落ちる。

昼は寿司も食べてみたいと表通りに。

140826_121217

にぎり1.5人前。メニューは二種類しかなくて、なのに食券を手渡しで買わされるw。味は、至って普通。シャリがあまり好みではない。ネタももう一息。ちょっと寂しい感じがした。

昼に物足りなかったので夕方にお八つ
とうとう冷やしを食べ損なう。残念無念。

140826_173415

醤油こってり。この系統の背脂はしつこくなくて好きだ。相当上等の部分なのではないか。甘みがあり、まさにこってり感だけをプラスする感じ。

8月27日
12、3年ぶりに入店したな。昔某所人気投票1位になったお店
大きな期待はしていない。

140827_122614

元ラーメン。あれ?あれ?結構旨いぞ。濃いめの醤油味に背脂チャッチャッチャ。なるほど、ベテランにはベテランのレゾンデートルがあるのだな。また来て食べてみよう。
で、夕方小腹が空くいつものパターン。

140827_171839

肉ぶっかけ。ぶっかけのタレって、もっと濃いものじゃなかったか?ひやかけと間違えたのか?謎のまま食べる。ま、旨いからいいか。

8月28日
まだ試していなかった組み合わせを確認しに行く。喫煙者が増える前にカウンターでこそっと。

140828_121107

冷やし中華+半チャーハン。冷やし中華のたれは至ってオーソドックスな酢醤油系。麺は普通のラーメンなどに使っている麺だというのに、表情が一変。コシは最強レベルで、歯を押し返す弾力が素晴らしい。へえ、こういうのも有りなんだね。

夕方、友人のお見舞いに行って、少しブルーな気持ちで地元に帰還。

140828_213510140828_211818140828_211110140828_213906140828_214344

こういうときこういう店が地元にあって良かった。

続きを読む