シニカルな視点、SNSの言葉その5

SNSの言葉。
女子会って言葉があんまり好きじゃない。
なんか、その、ま、いいんだけどさ。
わざわざ書いてるからには見せたいわけで、記事見て、そこに参加したいなと思っても、参加できないわけで。

優越感って程じゃないんだろうけど、小さな違和感を感じるんだよね。
しかも、たまに男性がいたり……何なんでしょうねえ、一体(笑)

秘密の会合ってのも好きじゃない。
秘密なら書かなきゃいいんだよ。後でバラすための伏線ならいいけど、ずーっと謎なら書く必要ないじゃん。それこそ、何かのステータスのつもりなのか、延々と謎と称して垂れ流す。

まあ、本当に秘密なら端から書かないだろうけどな。

え?ひねくれ者だって?
そうなんです、お呼びいただけないのでいじけているのです(泣)

横並び

まあバランスってのがあるかと思うんだけどね。
不幸があって、参列するなり、生花送るなり、花輪送るなりいろいろあるよね。

事務局としてはどうなんですかって聞かれるんだけど、うちは社内規程ちゃんとあるからねえ。うちと比較しても意味ないでしょ。

他はどうしてますかって、他からそういう問い合わせはないですねえ。
こういうのは気持ちなんだし、会社対会社なんだし、自分で決めなよ、あなた代表取締役なんだから(笑)

良くも悪くも突出をよしとしない日本人の美点か欠点か。

執筆中

今、自分が関わっている業界の資格取得本を執筆している。
大まかな構成だけでスタートしたのだが、これがまた四苦八苦する内容となってしまった。

書いていくうちにこれも書かねばあれも書かねばが増えてきてしまって、削りようがない。図も自分でなるべく書きたい、写真もなるべくきれいなのを使いたいとやってるうちに増えてしまう。

国家資格の参考書だから迂闊なことは書けないし、そもそもわかりにくい内容を咀嚼して伝えねばならない。締め切りは過ぎてるが待っていただいているので早く書かなくちゃ。

しかし、印税は魅力だな(笑)