爪痕と強さ

2年前の1月だったか。仕事で石巻に出かけた。
まだ仙石線は全通しておらず、仙台から高速バスでの移動だった。
至る所に爪痕が残り、想像力に乏しい私でも、過酷さが想像できる。

市内に入り高速を降り、駅に着く。駅からはタクシーで移動するのだが、途中にあった町並みは所々抜け落ちて、建物の基礎だけになっている。
歩道橋には津波の高さが記され、川を渡る橋は仮に架けられている。川を渡るとポツポツと新しい住宅が建ち始めていたが、まだまだ荒涼としていた。

仕事の現場は休校中の中学校。津波で亡くなられた方々の安置所だった場所だ。
整備して再度学校に。住んでいる人がいるのだから、学校も必要。

校舎の壁の2階より上の高さに、泥がはねたようなラインがあった。津波はその高さまで来たそうだ。
現場作業はきわめて事務的に行う。 あくまで仕事であるし、器具の設計は寸法と状況がわかれば良い。 ゼネコンとの打ち合わせもそこそこに現場をあとにし、消防署に向かう。

消防署は簡素な作りだが、津波には持ちこたえたようだ。
設備等の打ち合わせはその消防によって差があり、そこの指導に従わなくてはならない。どうやらこのエリアは本部ではなく下部組織で審査をするようだ。本部でない場合、設備に対する知識が浅いことが多い。また、私が扱う器具は見たことがないという署員もいて、説明を懇切丁寧に繰り返し、ようやく解放される。

普段なら相手の勉強不足に(立場上知っていて当然なのだから)苛立ちがあることも多いが、このときは不思議とそんな感情はなかったのを覚えている。 消防署を出てふと、この界隈に、いつもたらこを通販で購入する店があったのを思い出して立ち寄ることを考える。数分の彷徨のあと店を見つけた。

店は改修中だったが商売を続けていた。ネット上では知っていたが、改めてみると感慨深い。何点か買って送ってもらう。店の方の笑顔がひときわ輝いていて、帰路あたたかい気持ちに包まれていた。

“爪痕と強さ” の続きを読む

昼食選びのポイント

虎ノ門勤務となって50日が過ぎた。さすがに、新橋に近いリーマンの町である。毎日退屈しない。

昼食の情報もインターネットを始め、そこら中にあふれかえっている。有り難い話だ。すべての店を訪問することはできないだろうが、できる限り多くの店に足を運んでみたい。

基本的に驚くほど高くなければ、単価は気にならない。むしろその金額なりのものを食べられるかなという楽しみの方が大きい。当然外れもあるが、それはそれ、食べ歩きの楽しみじゃないか。

そんななかで、どうしても足が向かない店、食指が動かない店がある。そしてその店には一定の条件があり、そこを外すとかなりローテーションが絞られてくる。

まず第一にチェーン展開している店はそれほど食指が動かない。事前に調べて、経営母体がフードビジネス系でいくつものブランドを展開しているところにはあまり興味がない。

その近辺に他に店がないなど、余程のことがあれば別だが、新橋界隈ではその心配がないから、必要性を感じない。例外としてはステーキチェーンくらいか。勝負は肉質と単価だけだから、それほどの外れはないし、旨いステーキ食べたかったらもっと他に行くでしょ。

ここで言うチェーン展開とは、大きな資本が入ってやってますみたいなところの話。新宿に店舗があって、2号店が新橋にできましたなんてのは足を運ぶ条件たり得る。その後で、3号店をどこそこ、4号店が云々なんて行ってセントラルキッチンで調理なんて話になったらたぶん行かなくなるけれど。

“昼食選びのポイント” の続きを読む

ガクガクブルブルな話(長いです)

某月某日。
某所で飲んでいた私に試練が降りかかる。

飲みにお付き合いいただいた面々と別れ、電車に乗り込む。
電車はほどよく空席が有り、大まかに34分30秒ほど乗車すると目的地の乗換駅に滑り込む。
そこからならタクって帰っても1000円以内。佳きかな佳きかな。

そんなことを考えながらいつしか夢見心地。
ふと気がつくとそこは((((;゜Д゜)))))))

ユーカリが丘・・・・・

実は前日もやらかした試練、それは・・・

成田!!!

(゜◇゜)ガーン
二日続けてやっちまった・・・八街ではない。

昨日はタクシーに乗るも、カード不可。
なので現金凡そ諭吉二人をお支払い、家人に罵倒されながら床につきました。
今日こそは・・・

ユーカリが丘・・・・・

蒼ざめました、さすがに。

上りは当然終わっているので、駅を出てトボトボ。
トホホな気持ちでタクシーに乗る。
先月まで無職無収入だったので、資金に余裕があるはずもなくカードにお縋り。

以下タクシードライバーとわっちの会話。
わ「カード使えますか」
タ「大丈夫です」
わ「東京の葛飾の○○まで行きたいのですが」
タ「住所言っていただけますか、カーナビにセットしますので」

わっち住所言いました。目的地確認しました。ホッ。

わ「申し訳ないけど、寝てると思うので、高速降りたら起こしてください」
タ「わかりました、安心してお休みください」

ドライバーはわっちより年齢がやや上と見える。
ここはベッドタウンとはいえ、地場のドライバーなのであまり垢抜けてはいない。
しばらく走ると、凸凹道のような振動に一瞬目を覚ます。

わ「今どこ走ってるの?」
タ「今千葉北に向かってます」

ふーん、四街道じゃないんだ・・・ま、いいかと白河夜船・・・。
続きを読む