たぬきのマンガ夜話~別冊~野球マンガ考察その3<高校野球編3~大甲子園2>

代わったところに打球が飛ぶ。これは野球ではよく言われれることだが、センターに入った渚の所に二連続で打球。しかも二本目はファインプレイ。里中が渚の背中を叩く。渚は「香車の意地がのりうつったス」と。渚君、成長していますw

山田の第二打席は、不知火が超スローボールで打ち取る。
しかしこの球持っていながら、しかもあの速球がありながら、あのフォークがありながらなぜ勝てない不知火w
内容を見る限り不知火はダルビッシュ以上だぞw

で、さすが水島オールスターだ。ネット裏には東京メッツの五利と岩田鉄五郎も登場。岩田鉄五郎この時何歳だ?山本昌より上か?

殿馬が11球ファールで粘る。不知火はついに殿馬を敬遠。ところが、最後の一球はキャッチャーが立ち上がったところで、剛球ストレートをど真ん中。しかしこれ、普通キャッチャー取れないだろうwサインだったのか?イメージ的には藤川-矢野のバッテリー(もう結構前だな)で、矢野が中腰で構えて、藤川に高めのクソボールを投げさせて空振りさせるのに似ているが。

次の山田の打席、ストレートにヤマを張って一本足で打つ。もともと通天閣打球だったのが通天閣打法になったのが笑えるのだが、ともかく打球は通天閣ならぬ東京タワー打法に。要は下に落ちてくるほど、打球がスライスするわけだが、不知火が野手を制して自らフライを捕ろうとする。

物理的に300メートル程度打球が上がる場合、加速度などを加味すると落下速度は相当のスピードになる。だから、普通に考えたら捕球できるわけないし、ましてやダイヤモンドを一周する時間なんてありゃしない。ここのギミックはけっこう好きなんだがね、マンガらしくてw

“たぬきのマンガ夜話~別冊~野球マンガ考察その3<高校野球編3~大甲子園2>” の続きを読む

たぬきのマンガ夜話~別冊~野球マンガ考察<高校野球編1~ドカベン>

先日、「ラスト・イニング」について書いてみたが、野球マンガというのは一つのジャンルが構成できるほど数が多い。力作、快作、怪作が多士済済の野球マンガについて、話を進めてみたい。

ひとえに野球マンガと言っても、その環境で大きく分類することができる。シンプルに分ければ高校野球とプロ野球だ。どちらも何しろ数が多いのでまずは高校野球編から行ってみようかと思う。

高校野球マンガと言えば「ドカベン」 作:水島新司。異論はあろうが、私の年代ではパイオニアである。

 ドカベン

「ドカベン」1巻から48巻
秋田書店少年チャンピオンコミックス刊。

この物語は中学編から始まる。鷹丘中学校に転校してきた主人公山田太郎と、もう一人の主人公といっていいだろう岩鬼正美の出会いからストーリーが進んでいく。
当時すでに、野球マンガの第一人者として活躍していた水島新司が、他紙で「男どアホウ甲子園」を連載していたために、何故か柔道マンガとして始まる。
実はこの柔道編がいい味しているのだが、ここはまた別の機会に。

ある事情で野球をやめていた山田太郎が、再び野球を始め中学の野球大会に出場する。
岩鬼の他、殿馬がチームメートとなる。殿馬は顔はアレだがいろいろと才能のあるキャラクターとして描かれ、人気を博す。
そして、高校に進学し、里中と出会う。ここで明訓四天王の誕生だ。里中のフルネームは当時親交のあった里中満智子にちなむ。

“たぬきのマンガ夜話~別冊~野球マンガ考察<高校野球編1~ドカベン>” の続きを読む