順位予想2015~パ・リーグ

唐突に今年の順位予想をしてみる。

今日はパ・リーグ。寸評は昨年の順位順。

ソフトバンク

攝津、スタンリッジ、中田、大隣、松坂と先発陣は強力。出遅れやけが人が出ても武田、東浜辺りが穴を埋める。中継ぎもコマは豊富で押さえのサファテが完調なら、盤石と言える。野手も伸び盛りの柳田を始めほとんど穴がない。あとは新監督の采配だけ。

オリックス

大型補強で優勝候補筆頭。ポジションのダブつきは、選手層の厚みととらえられる。糸井を中心にした打線は破壊力、機動力とも文句なし。投手陣も金子の出遅れはバリントンが埋めるだろう。中継ぎ陣の離脱がやや不安だが、佐藤達~平野の終盤まで行けばまず勝てる。チーム力を把握しきった森脇監督の手腕に期待。

日本ハム

良くも悪くも大谷次第か。打線は陽・中田を核として復帰した田中賢が絡み、ここに大谷が入る。新外国人のハーミッダも活躍しそうだが、大谷が投げる日は迫力不足。さらに投手陣は大谷、メンドーサ、上澤に続く先発がコマ不足の感は否めない。武田、木佐貫は投げてみないとわからないので、計算しづらい。大野の離脱で捕手が決まらないのも悪条件。

ロッテ

デスパイネが戻ってくるまでに上位にいられるかがカギ。投手陣は涌井、石川、唐川のほか藤岡やチェンといった先発陣。抑えの西野まで引っ張る中継ぎ陣に負担がかかりそうだ。打線はベテラン井口に頼らざるを得ない。今江、クルーズがコンスタントに打てれば破壊力が増すが。捕手の経験が浅いのも難点か。

西武

打線は文句ない。浅村・中村・メヒアのクリーンアップは強力。秋山や栗山が機能すれば得点力は上がる。投手陣は岸が離脱したが、ここに来て菊池が調子を上げてきたのが光明。問題は手薄な中継ぎ陣。使える目途がたたない投手が多い。抑えの高橋も昨年以上を期待するのは酷か。打ち勝つ野球が出来れば怖い存在。

楽天

新監督と則本以外の話題に乏しい。実績のある投手が少なく先発ローテーションに苦労をしそう。抑え候補のミコライオの離脱も大きい。松井裕が抑えに回るが実力は未知数。打線はペーニャが加入して厚みは増したが、破壊力ではやや落ちるか。

それを踏まえて今年の予想。

1位 オリックス

2位 ソフトバンク

3位 西武

4位 日本ハム

5位 楽天

6位 ロッテ

二強が抜け出している。三位以下はそんなに差がない。

タイガース側からみた日本シリーズ総括

意外な展開で幕切れだった日本シリーズ。
あの審判のジャッジは正しい。
西岡も併殺を防ごうと妨害すれすれの走塁テクニックだったからね。結果的には妨害だったがw

まずはおめでとうホークス。
タイガースサイドから見れば完全にしてやられました。

内川がMVPだが、個人的には大隣か武田にあげたい。
特に武田。あの魔球のイメージが残ったまま、タイガース打線は沈黙。
セ・リーグにあんなカーブを投げるピッチャーはいない。

あ、一人いたわ。そっくりまでは行かないけど似てるピッチャー。
それは絶対に対戦することのないピッチャー。

福原
少なくともカーブは似てる。 “タイガース側からみた日本シリーズ総括” の続きを読む