外メシシリーズ2015~8月第五週Part2&8月最終週~

8月28日

讃岐の朝は早い。朝、うどんをスルッと胃に落としてからが一日のはじまり。5:30に宿を出て散歩。お目当てはここ

150828_065245

かけうどん小にかき揚げと赤天。以前なら件数回るから、絶対そんなことしなかったんだが、キチンとした朝飯ならトッピングも必要だ。この赤天がンまい。讃岐に来た気がする。

散歩は続く。もう一件くらい行けるだろ、まだ暑さが爽やかなうちに。おお、これこれ

150828_071548

ラーメン1玉にちくわ天といか天。だからキチンとした朝飯ならトッピングも必要だw。中華麺にうどんだしをかけて仕上げにコショウを一振り。立派な中華そば。ああ、オイラ幸せだ。

宿を出て、松山に向かう。先日も書いたが、相当の距離がある。瀬戸内の風景を眺めながら松山を目指すいしづち3号。長旅。

仕事終えてフリータイムに。松山で何を食べるべきか、リサーチしてみた。網に引っかかったのはこれ

150828_175651 150828_175733

まずはおでん。豆腐のおでん。じわーっとダシの利いた豆腐。上の踊るカツブシだけでもビールが進む。んで、おでん。ほっとするダシの味。辛子が適度に効いてこれまたビールが。煮込み方も適度でこれまたビールが。

150828_180201

ちょっと飲み物変更。おいおい、ポンジュースハイだって?そりゃ呑まない訳にゃ行かない。んん、蜜柑だ。うん、甘いから結構スイスイ。

150828_180539

かめそば登場。「かめ」という店の独特な焼きそばで、「”かめ”の焼き”そば”」が「かめそば」に。本当かなw。「かめ」は閉店したそうだがそれを受け継いだ味だそうで。上に乗ってるのはちりめんじゃこと鯖の削り節。これを混ぜてワシッと。お、独特の食感。なんだろ銚子の濡れ煎餅のような。こりゃいいな。節の味と魚と、噛むほどに味わいが広がる。あ、だからかめそば?これは再度ビールに戻して、軽くソースをかけ・・・・・・永久運動が始まった。

8月29日

朝を迎え、朝風呂を迎え、んで昼飯。サカナ食べたいよね。

150829_123125 150829_123344

まずはビールにほうたれいわし。何それって?「ほおが垂れるほどうまい」鰮だそうだが、本当かなあw。取れすぎて放ったれかもしれないし。食べればすぐ解る。前者に軍配。脂の乗ったカタクチイワシ、刺身は最高のアテ。

150829_124417 150829_124707

夏だし、鱧の梅肉和えも食べておかねば。この梅肉和えって最初ちっとも美味いと思わなかった。高いし。しかし味覚は変わるもので。しかもここまで正当に作ってあれば、こりゃあ日本酒が飲みたくなると言うもの。もちろん呑んでます、写真はないけど。さらに軽く〆た鯖。鯖はなんで一年中美味いのか。常々思う、魚の王様だと。夏の鯖、冷えた日本酒、吟醸じゃない方が幸せかな(^^)。 “外メシシリーズ2015~8月第五週Part2&8月最終週~” の続きを読む

外メシシリーズ2015~2月第四週Part3~

2月26日

まず朝は日暮里に向かう。

150226_072136
小盛りにゲソ天と昆布おにぎり。このツユやっぱり好きだわ、色は濃いのにそんなに味濃くなく。

昼は虎ノ門新規開拓

150226_114645
ぞうにそば。大きな結び三つ葉が印象的。さすがに落ち着いた味わい。一杯やりたいね。地味な立地だがなかなかの佳店。

夜は地元に新店ができたから行ってみた。

150226_194313 150226_194443
中華そば・塩につくね丼。私はやっぱりもう少し茹でてくれた方が好みかな。他のパーツとの絡みがいいだけにもったいない気がする。レベルは充分高いが・・・。つくね丼は、真ん中のたまごサラダのアイディアが秀逸。ご飯と卵とマヨネーズだから合わないわけがない。欲を言うなら、つくねをカットしてくれると食べやすいんだけどね。 “外メシシリーズ2015~2月第四週Part3~” の続きを読む

140円の旅路 前編

JRの規則に大都市近郊区間内のみをご利用になる場合の特例というルールがある。鉄ヲタなら大抵の人が知っているルールだ。

逆読みすると、ルールを満たせば最短区間の切符で乗りたいだけ乗れると言うことだ。

ルールをわかりやすく言うと

  • 起点から終点を一筆書き
  • 同一の駅を通らない

となる。この場合最短区間の料金で計算される。キセルにはならない。

以前から考えていたのだが、一日つぶれるとなると実践するチャンスが中々なかった。
日曜祝日に行えばいいのだろうが、休日はご承知の通り、鉄道ダイヤが変わるので大抵の箇所が本数減となる。
この度、割と閑職かつ有給休暇もあるので実践してみようかと思い立った。

大都市近郊区間のうち東京近郊区間は1999年以降、かなり拡大されている(参照)。2009年の改訂では千葉県全域が、2014年の改訂では長野県の松本までが含まれている。
今回の計画では、千葉県の大部分はダイヤの関係でパスして大回りをする。私の最寄り駅は常磐線金町なので、最短区間は金町から亀有となる。この区間の運賃は140円だ。

金町スタートだと必然的に松戸方面に行かざるを得ず、亀有スタートだと駅までの交通手段がネックとなる。始発電車に乗らんがため、自転車で亀有まで移動してスタートする計画を練った。

常磐線の始発は千住市場があるので、他の線区と比べて早い。本来なら東京メトロ千代田線のダイヤに左右されるのだが、早朝は市場向けの松戸発北千住行きという運行があるので、そこからのスタートとする。

3時45分、自転車で自宅を出発、予て調べておいた亀有駅そばの駐輪場に止める。頭上(地上)には両津勘吉像が鎮座している。

150220_040251
まだ始発よりかなり早いので、駅のシャッターは閉まっている。近くのコンビニで飲み物やタブレットなどを調達する。

150220_042135

切符を買う。
普段は新幹線ですらICなので、この小さな近郊区間切符を買うのが懐かしい。何年ぶりだろう。
今日はこの切符が生命線である。
ICカードで行ってもいいのだが、今日は何カ所かの改札がある(はずである)。
改札の都度止められて、その度にICカードのチェックをされるのはちと面倒だ。切符なら見せればいい(説明は必要だが)。

150220_042206
 電光掲示板。早朝はこんな感じ。改札を抜けて切符を小銭入れにしまう。いざ、スタート。 “140円の旅路 前編” の続きを読む