忘れられないもの、忘れてはいけないもの。

ニュースが流れた日、所縁のあるお店に行った。
忘れられないもの、忘れてはいけないもの。

そういうもののために一人で献杯。
それほど親しくさせてもらったわけではないが、あの笑顔、あの手の温もり。

初めて行った32年前を思い出した。
懐かしい思い出だな。

所縁のあるお店のご主人も、昨年大病して2ヶ月休んだそうだ。
食べ歩きを始めた頃の、パワフルでまだ若かったご主人たちや友人たちも確実に年を重ねていて、ああもうそういう年齢なんだと思うこの頃。

一つ年を取るごとに、忘れることが増えていく。
忘れられないもの、忘れてはいけないもの。

日々は続く。

たくさんの想いがあふれる日

一年は早いな。
去年の今日の朝の衝撃からちょうど一年。

今日は静かに過ごそうと思っているけど、そう上手くはいかない。
上手くいかないことを積み重ねて、何とか取り繕って、あと一週間過ごせれば。

年を越すっていう感覚がだんだん麻痺していって、普段と変わらなくなってしまうのが少し寂しい。

日々は続いていて、24時間は皆平等で。
平等であることの残酷さを時々感じる。

Merry Christmas!