久保田の引退

我がタイガースの久保田投手の引退報道が流れている。

阪神久保田智之投手(33)が、今季限りで現役引退することが2日、分かった。

今日3日にも球団から発表され、引退会見に臨む。3年目の05年にはクローザーとして27セーブをマーク。岡田監督(当時)のもとで藤川、ウィリアムスと「JFK」トリオとして活躍した。07、08年には2年連続で最優秀中継ぎ投手賞に輝いた。07年は大車輪の働きで驚異の90試合に登板し、プロ野球新記録を樹立した。だが先発に転向した09年は右肩痛を発症し、シーズン1試合登板にとどまった。今季は2月に右肘を手術したが、1度も1軍に昇格できなかった。この日は鳴尾浜で2軍練習に参加し、ブルペン投球も行った。「明日、会見で話すので、それで分かります」と話した。(10/2 日刊スポーツより)

高校時代は捕手兼任だった。頑健な体を捻って体重を乗せる独特のフォーム。
球速もいいときは150キロを軽く超え、ミットでズドンという音がしそうな、重そうなボールを投げていた。

あの優勝した2005年の中日戦での顔面蒼白(元々色白だが(笑))の姿を今でも思い出す。
岡田監督に「もう打たれろ!打たれてもお前は悪ないからな。オレが責任持つからもうムチャクチャほったれ!」といわれたあの試合。
最終的には伏兵中村豊のホームランで勝ったのだが、同点に追いつかれてマウンドで呆然としていたよな。

“久保田の引退” の続きを読む

社会離脱中の出来事その4(6月その2)

 6月17日
離職して最初の出勤日(日本語が変)、前々から楽しみにしていた関西行き。
お目当てはまず和歌山。醤油ベースの豚骨醤油味。以前は車庫前系と言われていたこともある系統。

140617_131841 140617_131450

ここは市駅から歩ける。店の周囲には豚骨を炊き出す甘い香り。
丼の中では強めに立った醤油が鼻腔をくすぐり、より強い豚骨の香りと輻輳する。そしてしなやかに茹でられた麺をすする至福の瞬間。これぞ中華そば。

もう一店はさっきの店からは遠く、タクシーで移動。およそ¥3,000.-だから相当の距離がある。

140617_135426

おお、同じ系統でも色味、香りの違いがある。より色味の濃い醤油は先ほどより柔和な表情を見せる。ダシも強めなのか、高いポイントでバランスを保っている。東京に出しても十分売れると思うんだけどな。

バスで、市駅に戻ったら人身事故で南海電車ストップ。

140617_150322

再度和歌山駅に戻る。振替輸送で特急使用は別途料金となってしまうのが残念だが、この後のもう一つのお楽しみのために急ぐ。

甲子園に向かう。そらそうよ。
チケットを買ったときのローテーションでは藤波vs大谷の予定だったのだが・・・藤波しか見られなかった。

 140617_174243  140617_230108

140617_201728

やっぱり甲子園はいいねぇ。

140617_224657

勝ち試合が見られました(^^)

野球好きのタイガースナインのおかげ(延長までやってくれてCP最高(苦笑))で、難波に戻ったのが11時半すぎ。主な安い店は軒並み終了。宿で缶ビールで祝杯。

6月18日
髭のトリミングバリカンを買う。名古屋移動の前に高井田系食べ比べ。

140618_093706 140618_095041

前者後者では前者の方がアバウトな作りで、醤油ダレが味のメイン。後者は割とダシ+塩分+化調な感じ。東京に進出したお店とは一線を画す。

夜は前職のお客と待ち合わせで名古屋飲み

140618_173430

どて味噌煮込みがすごく旨い。

続きを読む

想いはつきない

亡くなった友人との思い出。

彼の勤務先の中にあった居酒屋。
1999年だったかな。
20人くらいの飲み会。

この店のゆずサワーは絶品。
馬路村のゆずだもん、そりゃあ旨いさ。
この連中、飲むのがすごく早い。
体の大きい人が多いからね。

いつしか注文は各自2杯ずつ。
「ゆずサワー40杯お願いします」

厨房が追いつくはずがない。
みんなゲラゲラ歓談しながら、ゆずサワーを待つ。
全員分1週目が渡るたびに乾杯!
そしてまたゲラゲラ。この繰り返し。
笑顔のオンパレード。もちろん彼の笑顔もそこにあった。

楽しかったな。今までで一番楽しかった宴会の一つ。

もっとゆっくり飲む機会があったら・・・と思う。
最初に体をこわされてから、あまり飲まれなくなったし。
あの、体中が笑顔のような友人ともう一度・・・・