久保田の引退

我がタイガースの久保田投手の引退報道が流れている。

阪神久保田智之投手(33)が、今季限りで現役引退することが2日、分かった。

今日3日にも球団から発表され、引退会見に臨む。3年目の05年にはクローザーとして27セーブをマーク。岡田監督(当時)のもとで藤川、ウィリアムスと「JFK」トリオとして活躍した。07、08年には2年連続で最優秀中継ぎ投手賞に輝いた。07年は大車輪の働きで驚異の90試合に登板し、プロ野球新記録を樹立した。だが先発に転向した09年は右肩痛を発症し、シーズン1試合登板にとどまった。今季は2月に右肘を手術したが、1度も1軍に昇格できなかった。この日は鳴尾浜で2軍練習に参加し、ブルペン投球も行った。「明日、会見で話すので、それで分かります」と話した。(10/2 日刊スポーツより)

高校時代は捕手兼任だった。頑健な体を捻って体重を乗せる独特のフォーム。
球速もいいときは150キロを軽く超え、ミットでズドンという音がしそうな、重そうなボールを投げていた。

あの優勝した2005年の中日戦での顔面蒼白(元々色白だが(笑))の姿を今でも思い出す。
岡田監督に「もう打たれろ!打たれてもお前は悪ないからな。オレが責任持つからもうムチャクチャほったれ!」といわれたあの試合。
最終的には伏兵中村豊のホームランで勝ったのだが、同点に追いつかれてマウンドで呆然としていたよな。

“久保田の引退” の続きを読む

ぐるぐる

話したいことがすごくたくさんあるのに、話すことができない。
コミュニケーションに何か問題があるわけじゃなく、切り口を見つけることができない。

一言、こんにちは、でもいいから、声をかけられればいいのに、何かこう、躊躇してしまうようなもどかしさ。

年に何度もない、そんな瞬間を味わう。

何が正しくて、何が間違ってるかなんて判別できないことが多くて、酒や馬鹿騒ぎに紛れて先送りにしてしまう。

明日会えるといいな、いや近いうち会えるといいな、そうやって一日一日伸びていく。

自分が思っているほど、人にとって自分は主人公じゃないから、こちらの思いは伝わらないのかもしれない。

次のチャンスはいつだろう。

どこでチャンスを待てばいいだろう?
でもきっと、次のチャンスも同じようにもどかしくやり過ごすんだろうな。

そうしてまた同じ思いを噛みしめる夜が来る。ぐるぐると同じ場所から抜け出すことができない。

なんなんだろうね、この優柔不断さ。

 

今年のタイガース回顧

プロ野球セ・リーグは読売の優勝が決まった。
我がタイガースといえばCSの主催権を賭けて、現在2位をうかがっている。
でも、本来ならば優勝していてもおかしくないでしょ。

今日現在、首位打者がいて、打点王がいて、最多勝投手・奪三振王がいて、セーブ王がいて、何で勝ちきれないの??

開幕3戦目の西岡の大ケガは、やむを得ないとはいえ大きく響いたが、かえってクリーンアップが固定出来て良かったという見方も出来る。

セカンドが空いたことで上本が台頭して1番に定着、当初の1番の予定だった鳥谷が3番に回る。理想的じゃないか。

シーズン前大型扇風機の疑いがあったゴメスは、日本の野球に馴染み、扇風機であることを最小限に食い止めた。何度かあった下降期も、大きなスランプに陥らず、見事な活躍だ。

さらに来日5年目のマートンは開幕当初鬼神のごとく打ちまくった。テレビ観戦していても、どこに投げても打ちそうに見えて頼もしいものだった。

開幕前からのウィークポイントといわれていたサードは、日替わりだったが、特に捕手登録の今成がそのバッティングを生かして活躍した。

外野は大和が大きく成長し、その守備力もさることながら、開幕当初は4割近い打率を残し、あの大和がという感じだった。

投手陣は開幕当初「何があったんだ」というくらい打たれた。エース能美、藤浪、今年期待された榎田などなど。

しかし、メッセンジャーを軸に徐々に先発投手は整備され、途中からは岩田も出てきて駒はそろったかに見えた。

石直球といわれた呉昇桓は、藤川球児ほどの安定感はなかったがクローザーとして合格。

これだけのチームで何故勝てないのか?

熟々と原因を挙げていってみる。

“今年のタイガース回顧” の続きを読む