外メシシリーズ2015~4月第三週Part2~

4月15日

日暮里周りの朝は気合いが入る。

150415_072210

そばで春菊天とゴボウ天+ゲソ寿司にゆで卵。ほぼ反則技のゲソ寿司。旨すぎ。品がなさ過ぎて気品すら感じる逸品(笑)今日も頑張ろうというドリーム。

夜は、行ってみましたこのお店

150415_175124 150415_181226

至って普通の感じかと思えば肉質もよく、焼いても味を損なわない内蔵系などが秀逸。CPがいいのも魅力。そりゃあ予約取れないわ。

4月16日

新橋回りの

150416_074741

ひやかけで春菊天とゴボウ天+ゆで卵。昨日の朝と変わらんのにビジュアルが両極(笑)ゆで卵は殻をむく前の写真の方がいいかな。それにしても黄金の組み合わせだ。

昼は体調不良なのだが新規開拓

150416_122655

濃厚鶏骨醤油そばにささみユッケご飯・・・・・・だと思う。記憶が定かではない・・・・・・。ダシは良かったと思う・・・・・・なんで記憶が欠落している??? “外メシシリーズ2015~4月第三週Part2~” の続きを読む

音楽の楽しさ素晴らしさを改めて感じた日

音楽の楽しさってなんだろう。
好きなアーチストのライブに行って、いわゆるノリのいい曲で自然に身体が動くのもよいだろうし、美しい声の歌手のその歌声を堪能するのもよいだろう。

暮れになると交響曲第9番を聞くことが多い。第九という名で親しまれてもいる。また、第九を演奏する音楽家または楽団も多い。第九という大作を聞くまたは演奏することによって得られる、ある種の達成感に満たされる独特の感覚が、日本人の奥底にすり込まれているのかもしれない。

私はそれほどクラシック音楽に造詣が深いわけではなく、第九にも格別の興味があるわけではない。クラシックを演奏する奏者は、幼少の頃からお稽古事として管楽や弦楽に勤しんで来ている方々で、そういう方々が譜面通りに演奏することによってできる完成形がクラシック音楽だという偏見を持っていた。

なので、誰がどのように指揮をし、どのような楽団が演奏しようとそれほどの差はないと思っていた。そんな私が、昨日第九を聴きに行った。

招待してくれた方が、どこで何をという情報も含めて一切の予備知識を私に入れなかったので、ただ誘われるままについて行った。会場に着いて初めて、第九のコンサートなんだと知った。

指揮者は佐渡裕氏。日曜の朝の音楽番組でみせる、柔和な笑顔と機知に富んだ会話が魅力の指揮者だ。佐渡氏の前説が始まり、コンサートの幕が開く。佐渡氏の前説は、あまり第九に関心のない私にも非常に解りやすく、かといって過剰でもない、いわばアペリティフのような感覚で、ある種の緊張感に包まれた私を寛がせてくれる。

今回はケルン放送交響楽団の演奏による交響曲第9番で、佐渡氏の前説によれば、東日本大震災の直後、被災した日本に対して、何か音楽で心を支えることはできないかと申し出られ、デュッセルドルフでチャリティコンサート行われた楽団だそうだ。

佐渡氏の指揮はテレビでしか見たことがない。また、前述のようにクラシックにそれほどの興味を感じたことがない私だったが、その会場の醸し出す空気と佐渡氏の話術、そしてこれから始まる凛とした緊張感に心が昂ぶるのをおぼえた。

“音楽の楽しさ素晴らしさを改めて感じた日” の続きを読む

外メシシリーズ-8月第一週-

 8月1日(金)

社会復帰一日目である。
朝からパワーは欲しいが,遅刻は許されないw
新橋駅烏森口を出て最初の信号を左に曲がると、そこにあるお店

  140801_083333
ひやかけ+ちくわ天。最初に食べたときの衝撃こそないものの十二分に旨い。さあ行くぞ。

復帰初日にどうしても来たかったここに。いつも通り焼酎やら何やら飲み食い。
 140801_195003
冷やしつけ麺「赤(トマト&唐辛子)」。追加の唐辛子も入れて満足。
傾奇者を使った麺の存在感と、つけつゆの強さがとても楽しい。昆布茶割ってのもいいセンスだと思う。

まっすぐ帰りゃあいいものを高砂で降りて捕獲される。
140801_231506
塩。これも好きだが、ここのマスターの出身店よろしく、醤油に辛味噌の方が飲んだアトの胃袋に沁みる。
初日から大丈夫かモードw

8月2日(土)
チャンプの家で花火鑑賞。翌日の伏線w