水に落ちた犬

春場所も選抜高校野球も終わって、プロ野球が開幕。桜の花も散り始め春だなあと思うこの頃。

開幕前に起きた、試合前の円陣での「声出し」やノックで現金のやりとり問題。メディアの編集があるとはいえ、テレビ一般の声は「悪」。そんなに悪いことか?

エラーしたらケツバットとか当たり前だった世代からすると(これ、体罰だと思ってないよ)ちゃんちゃら。例えば、長距離走で競走して勝った方が晩飯奢るとか、その類いでしょ、こんなの。こういうの悪なの?

金額の多寡の問題という人もいたけど、収入違うしw。なんかね、こういう批判する人って、「批判したおれ格好いいじゃん」みたいな匂いがぷんぷんするんだよね。もし本当に「悪」だと思っているなら、その批判した人はさぞかし清潔な環境でお育ちになられたのでありましょう(ATOK君が二重敬語だと警告を出していますw)。

話はがらりと変わるが、春場所千秋楽で白鵬がいなしたことについての批判も多かった。でもあれ、当たっていなしてるよね。当たっていなしちゃいけないのかねえ。

批判している人の多くは、横綱としての品格がどうとか、相撲道がどうとか。横綱の品格っていうなら、ピストルの不法所持の横綱はいたし、相撲道がどうとかいうなら相撲界独特の慣習をどれだけ知ってるのかとか問い詰めたくなるんだよね。

言わせてもらえば、この人たちって普段相撲見てないでしょ。何かの出来事を炎上させて、鬼の首とったように批判するのって最近の日本人だよね。

自分が身を置かない文化についてさ、理解してないのにあれこれ言うのって、どうなんだ。要するに見てもいないことを安易にコメントしてさ、悦に入ってるのはさ、愚かなんじゃないのっていうこと。わっちの身の回りにも結構いるよな。

わっちはそんな無菌室じゃなく、雑菌だらけの下町で育ってるし(汚染されてるって意味じゃないよ、いちいち書かないと額面通り受け取るアホがいるから)、悪とする根拠がわからんってのが本音だな。あーあ、こんなのヤダなあ。

中国料理店と中華料理店と中華屋とラーメン店その2

中国料理店と中華料理店と中華屋とラーメン店の違い。なんだかんだと半年以上経っちゃったから、もう覚えてないと思うんだけどねこの話題。

思うに中国料理店ってのは、すごく高級なイメージがあるんだよね。福臨門とかさ。「北京料理」「四川料理」「広東料理」「上海料理」って並べるといかにも本格的だし、お値段も安くはない。おもてなしするには、人を選んじゃうかなくらいのレベル。フカヒレとか北京ダックとか燕の巣とか、高級食材使いましたー、シェフも一流の人ですーみたいなイメージ。

これに対して中華料理店ってのは、正当に修業もしてきて技術的にもしっかりしてるんだけど、中国料理店ほど敷居は高くない。本場の料理が多く、たいていのメニューは中国語で書いてある。日本語で書いてくれりゃいいのに(笑)。炒め物一つとっても、調理技術の高さがうかがえるのが中華料理店に多い。総じて出身地の味付けに近い。因みに旨味調味料の多寡は店による。

この二つはたとえればリストランテとトラットリアかな。中華料理店の方が気楽に入りやすいでしょう。お値段もそんなに高価じゃないけど、別段安くもない。

“中国料理店と中華料理店と中華屋とラーメン店その2” の続きを読む