外メシシリーズ-12月第五週-

12月27日
古巣のお芝居を観たあと、小腹空き。浅草で最も好きな店の一つ。
141227_211811 141227_212417
餃子。ここでは初。具の味付けが濃いから、酢だけでいける。ビール進む。そしてチャーシューメン。文春の大判本で見たときからファン。ホントに波打つ大きなチャーシューは健在で、たまらなくテイスティw。麺も柳麺と呼ぶに相応しい麺。ノス活とか言ってるひと、食べた?
141227_213728
よしゃあいいのにチャーハン。これがまた中華料理店の鉄板の味付け。想像を全く外さず、ショウガのきいたスープとともにかき込めば、時代は昭和。大満足。

12月29日
魚を取りに築地へ。30年来の友人に頼んでおいた。築地行ったら行かないと。

141229_094611
ラーメン。行列50人。かき分けかき分け道路端のテーブルへ。雨降りで胡椒入れが水濡れ、口部分に胡椒のかたまり付着。野暮は言わない。胃袋安定。白粉安定。

12月30日
不足品の買い出しに、24時間営業のスーパーに。そのついでに朝飯

141230_072705
マイタケ天そばに、生玉子+明太子のおにぎり。こうして食べてみると、某店のマイタケ天が超絶旨いことに気付く。ここも旨いのだが、そのはるか上を行くところがすごい。でも、ここはホームだからね、安心してるんだ。2014の外メシ納めは、地元でした。

外メシシリーズ-12月第四週-

12月21日
昼から浅草をなにを食べるでもなく、ぶらぶら。気に留まったお店にふと入店。

141221_141910
冬の天丼。白子、メヒカリ、エビ、キスが天種。
江戸前の甘辛いタレなのだが,どちらかというと辛い方にシフトしていてすっきりしたいい感じ。
店の中のレトロさが、作られた空間でなく紡いだ歴史を彷彿とさせるのがまた良し。

12月22日
寒い。脂摂りたい。そんでここ
141222_122321
楽ラーメンにぶためし。
わかったのだが、背脂には強い味が必要なのである。
ダシでもタレでもいい。強い味が必要なのである。
そういう意味でここは元ラーメンの方が好きだ。ぶためしは懐かしかったけどね。

なぜか帰りが夜中になってしまい・・・(笑)ここに。
141223_025839

ねぎらーめん、普通で。夜中に食べるのは格別だね。
青森のニンニクも絶好の味変アイテム。旨味ー。

“外メシシリーズ-12月第四週-” の続きを読む

外メシシリーズ-12月第三週Part2-

12月16日

前職の職場の女性と情報交換という名のランチデート。別に深い意味はないw
昨日も行ったのだが、肉を食べたいとのことで。
141216_114833
ラム肩肉のロースト。昨日と同じわさび醤油のソース。こちらの方が好みか。ラムの風味とわさび醤油の風味が絶妙。ローストの仕上がり温度も絶妙。

夜は湯島に。
141216_193004 141216_193500
生ビール、鶏だし入り卵焼き、焼き餃子。安心して杯を重ねる。
141216_194321
生姜焼き。肉は鶏。いい味わいで酒すすむ。
“外メシシリーズ-12月第三週Part2-” の続きを読む