たぬきのレシピ~ビビンパ~

おせちの残り物を使うシリーズその2はビビンパ。
お雑煮用の小松菜と、紅白なますを使う。
まず材料。と言っても今回はそんなに厳密には量らないので、素材名だけで。
150104_210102

  • もやし
  • 紅白なます
  • 牛肉(焼き肉用)
  • ぜんまいの水煮(適当な長さに切っておく)
  • キュウリ
  • 茹で小松菜

150104_205728

  • すりごま
  • おろしニンニク
  • ネギみじん切り
  1. 150104_205825150104_205936

    ボウルに砂糖 、醤油、味醂、酒を合わせてよく混ぜ、おろしニンニク、ネギみじん切り、胡椒、すりごま、ごま油を加え、牛肉を入れて下味をつける。

    砂糖と醤油、味醂、酒の比率は2:3:1:1

    おろしニンニク、ネギみじん切り、胡椒、すりごま、ごま油の比率は1:9:1:3:6

  2. 150104_210259150104_210459

    茹で小松菜は3cmくらいの長さに切って水けを固く絞る。ボウルに入れてほぐし、ごま油とすりごま、塩、おろしにんにく各少々を加えてあえる。
    味は様子を見ながらで。ニンニクを入れすぎると、その味ばかりになってしまう。

  3. 150104_210721150104_210917150104_211003

    紅白なますを、ごま油で炒めで、塩をふる。水、砂糖、おろしにんにく少々を加えて落としぶたをし、弱火で煮含めてすりごまをふる。

    水は材料が半分つかるくらいで良い。
    元々味がついてるわけだから、控えめに調味料を加える。

  4. 150104_211350150104_211601150104_211611150104_213940 鍋にごま油を熱し、ぜんまいを炒めて、全体に油が回ったら、砂糖、醤油、水を加え、ふたをしてごく弱火で煮含める。汁けが少なくなったらにんにくを加え、強火にして、胡椒とすりごまを加える。

    焦げないように注意。

“たぬきのレシピ~ビビンパ~” の続きを読む

社会離脱中の出来事その6(7月その2)

このシリーズ最後。社会復帰したしね。

7月18日

届いたよ「夏のエビス」
ロックでも飲めるビール。アルコール7%。

140718_090343             

届けに行きがてらこちら
140718_122431

海苔の歴史など、知ってることと知らないこと、興味深く。
で、届け先で。

140718_132022140718_133031

世界で一番赤星に合う油そば。いいねぇ。

140718_181727

いったん家に帰ったら届いていた。わっちの大好物。

140718_192353140718_200150

夜はう・な・ぎ

坂東太郎さんを拝む。やっぱり値段相応に旨い。

“社会離脱中の出来事その6(7月その2)” の続きを読む

社会離脱中の出来事その5(7月その1)

7月2日

Ipadを携帯音楽プレーヤーにしたのだが、アナログの音源が結構あってそれも取り込みたい。自分でプレーヤー回して、CDに焼けばいいのだが、まずカートリッジとレコード針の状態が問題。

さらにもっと問題は、演奏する時間がまるっとかかるってこと。音飛びとかもあるだろうし、これは外部発注だなと色々調べた結果、これぞというところを発見。

見ればレーザーレコードプレーヤーなるものを使用。そんなモノがあるのかと調べたらあるんだねぇ。

レコードと仕様書を送ればやってもらえるそうなんだが、そこはそれ、どんな人なのか会ってお話ししたいじゃないですか。

六会日大前までで向いて、会うことができました。こういうことする人は、趣味人なんだと思ってたけど、ホントにその通り。

中々マニアックな話をしてレコードを預ける。納期1ヶ月。
後日聞いたCDの音質は、素晴らしい。アナログの音源だったとは思えない。

その時食べたのがこれ

140702_132013

ラーメン+汁無し ニンニク+ニラキムチ+生玉子。卵黄が乗ってるのなんてすっかり忘れてた。なので卵がダブる。

7月6日

ご無沙汰していた新松戸。電話では馬券の話なんてよくやってるんですが。

140706_135157

トマトに塩昆布なんだけど、これが滅法旨い。こんなアイデアが楽しいんだよなぁ。

“社会離脱中の出来事その5(7月その1)” の続きを読む