外メシシリーズ-12月第三週Part3-

12月18日

朝ロメ
141218_083343

かき揚げでせいろにしてみた。天ぷらの衣がつゆにコクをプラスする。つゆがしっかりしていればこその味わいの深さ。

昼はここ何日かのお気に入り
141218_132627
再びラム肩肉のロースト。わさび醤油ソース。うん、やっぱりいいな。夜来て呑めそうだし、宴会企画しようかな。

さらに夜。半年間の感謝を込めてノーフレンド君と食事w
141218_192533

坂東太郎の特上。さすがに文句なし。焼き加減もタレも言うことなし。身が小さめらしく、3匹でお重二つという贅沢。当然肝吸いの肝はどちらかに二つw

12月19日

ランチの前。胃袋が早く何か入れてくれと叫ぶので。

141219_124137

ざるかきあげそば。やや甘めだがしっかりダシの利いたつゆと、しゃっきり茹でられたそば、手でちぎるかき揚げ・・・様式美。これはいい。

そして、メインのお昼はインド料理
141219_131142

ムルギーランチ。よっく煮込まれた鶏肉とスパイシーなカレーの絶妙さを堪能。混ぜて喰う楽しみはアジア系の店で最大限に発揮される。

社会離脱中の出来事その6(7月その2)

このシリーズ最後。社会復帰したしね。

7月18日

届いたよ「夏のエビス」
ロックでも飲めるビール。アルコール7%。

140718_090343             

届けに行きがてらこちら
140718_122431

海苔の歴史など、知ってることと知らないこと、興味深く。
で、届け先で。

140718_132022140718_133031

世界で一番赤星に合う油そば。いいねぇ。

140718_181727

いったん家に帰ったら届いていた。わっちの大好物。

140718_192353140718_200150

夜はう・な・ぎ

坂東太郎さんを拝む。やっぱり値段相応に旨い。

“社会離脱中の出来事その6(7月その2)” の続きを読む

社会離脱中の出来事その3(6月その1)

社会離脱中の出来事のその3だがその2から漏れた部分を補完。

5月30日
再オープンしたことが嬉しいお店。街道筋とはいえ派手な外観。

140530_133852  

復活したのはラーメンだけではなく、名物店主のマシンガントーク。
曰く”函館競馬で1000万馬券当てちゃってさぁ”
曰く”ホントは働かなくてもいいんだけどさぁ”
ホンマかいなw

140530_134541140530_135341
塩と醤油こってり。まだ、タレの塩角が強めだったが、十二分に昔を彷彿とさせる味。
チャーミングな黒子も健在。後日もう一度の来訪、都合3時間の嵌まりw。
行かれる方はお早めに。

5月31日
140531_150832
ここのそばにある、リハビリに励む友人の家に、顔を見に行く。
御尊父御母堂が、いつまでも達者でいらっしゃられますように。
早く頑張って復活しなさい。頼むよ。
話は変わるが、角館までわざわざ行って食べた頃が懐かしいな。
東京で食べられる有り難みと、薄まる感動が綯い交ぜになって複雑。
続きを読む