外メシシリーズ2015~8月第五週Part2&8月最終週~

8月28日

讃岐の朝は早い。朝、うどんをスルッと胃に落としてからが一日のはじまり。5:30に宿を出て散歩。お目当てはここ

150828_065245

かけうどん小にかき揚げと赤天。以前なら件数回るから、絶対そんなことしなかったんだが、キチンとした朝飯ならトッピングも必要だ。この赤天がンまい。讃岐に来た気がする。

散歩は続く。もう一件くらい行けるだろ、まだ暑さが爽やかなうちに。おお、これこれ

150828_071548

ラーメン1玉にちくわ天といか天。だからキチンとした朝飯ならトッピングも必要だw。中華麺にうどんだしをかけて仕上げにコショウを一振り。立派な中華そば。ああ、オイラ幸せだ。

宿を出て、松山に向かう。先日も書いたが、相当の距離がある。瀬戸内の風景を眺めながら松山を目指すいしづち3号。長旅。

仕事終えてフリータイムに。松山で何を食べるべきか、リサーチしてみた。網に引っかかったのはこれ

150828_175651 150828_175733

まずはおでん。豆腐のおでん。じわーっとダシの利いた豆腐。上の踊るカツブシだけでもビールが進む。んで、おでん。ほっとするダシの味。辛子が適度に効いてこれまたビールが。煮込み方も適度でこれまたビールが。

150828_180201

ちょっと飲み物変更。おいおい、ポンジュースハイだって?そりゃ呑まない訳にゃ行かない。んん、蜜柑だ。うん、甘いから結構スイスイ。

150828_180539

かめそば登場。「かめ」という店の独特な焼きそばで、「”かめ”の焼き”そば”」が「かめそば」に。本当かなw。「かめ」は閉店したそうだがそれを受け継いだ味だそうで。上に乗ってるのはちりめんじゃこと鯖の削り節。これを混ぜてワシッと。お、独特の食感。なんだろ銚子の濡れ煎餅のような。こりゃいいな。節の味と魚と、噛むほどに味わいが広がる。あ、だからかめそば?これは再度ビールに戻して、軽くソースをかけ・・・・・・永久運動が始まった。

8月29日

朝を迎え、朝風呂を迎え、んで昼飯。サカナ食べたいよね。

150829_123125 150829_123344

まずはビールにほうたれいわし。何それって?「ほおが垂れるほどうまい」鰮だそうだが、本当かなあw。取れすぎて放ったれかもしれないし。食べればすぐ解る。前者に軍配。脂の乗ったカタクチイワシ、刺身は最高のアテ。

150829_124417 150829_124707

夏だし、鱧の梅肉和えも食べておかねば。この梅肉和えって最初ちっとも美味いと思わなかった。高いし。しかし味覚は変わるもので。しかもここまで正当に作ってあれば、こりゃあ日本酒が飲みたくなると言うもの。もちろん呑んでます、写真はないけど。さらに軽く〆た鯖。鯖はなんで一年中美味いのか。常々思う、魚の王様だと。夏の鯖、冷えた日本酒、吟醸じゃない方が幸せかな(^^)。 “外メシシリーズ2015~8月第五週Part2&8月最終週~” の続きを読む

外メシシリーズ2015~1月第四週Part2~

1月20日
どうもやっぱり風邪っぽい。インフルエンザじゃないことを願いつつ朝飯

150120_081205

旬朝そば+生卵+鮭おにぎり。味覚がまだおかしくなってないことを確認。
風邪引くと味がわかんなくなることもあるからね。

昼は火曜日定番
150120_122346
日替わりランチはカキフライ。ジューシーな牡蛎で亜鉛を取ってと。
コンソメの味を念入りに見ていたが・・・キューブだよねw

待ち合わせまでちょっと間があったので軽く一杯
150120_180216
ぼん・砂肝。何も言わないと塩でくる。ぼん=ぼんじりの脂の甘さが口中を席捲したところに砂肝のこりこりとした食感。
150120_180422
せせり・白レバー・ハラミ。せせりの味の深さ、白レバーのコク、そして鶏のハラミは初めて食べた。ぼんとせせりのいいとこ取りのような味。ビールが旨いが今日は時間切れ。

落語を聴いたあとは御徒町に移動
150120_215527_2 150120_220341
餃子と山賊揚げ。うん。やはりビールだね。山賊揚げはちっと火が通り過ぎてたけどw

150120_224833
〆は王様中華そば。この味、嵌まるんですよ。仕掛け人のお店はやっぱり頭一つ抜きんでていて嬉しい。御店主ともお話しできて、まずはメデタシメデタシ。

“外メシシリーズ2015~1月第四週Part2~” の続きを読む

ケチをつける諸兄

流行る飲食店には、なにかしらポイントの高い部分がある。
味にしろ、接客にしろ、抜きんでている部分が必ずある。

抜きんでている部分を見極め、自分の味覚なり経験なりに合わせればいい。
自分に合うならそれでいい。表現者なら表現すればいい。
合わないなら黙っていればいい。聞かれたら答えればいい。

もちろん、数ある流行っている店の中には、汎用性の高い立地条件がいいだけの店もある。
だが、やはりそれなりにポイントの高い部分はあり、情報が氾濫している時代なればこそ、存在理由はある。

ネット人口がどれだけ増えても、ネットで情報を検索しない人は確実にいるし、その人々の情報媒体はアナログであることが多い。アナログ情報は何年か前の雑誌だったりすることもあるが、情報の取捨選択は本人の意志であり、必ずしもすべての情報が最新である必要はない。

「名物に旨いものなし」と言われるが、観光地の名物で旨いものは数多くある。
街興しのようにあとから人工的に加えられた名物ではなく、旧来から存在する名物に触れるのはいいものだ。
そこに育まれてきた文化的背景を感じ取るのは喜びにもなる。理屈じゃなくて、触れてみて感じ入る。そこに潤いがある。

よくあることなのだが、観光地や、有名店に行ったとどこかに書いたとする。または会話の端に出たとする。
そうすると必ずいるのが「そこより美味い店がある」とか、書き込んだり割り込んでくる諸兄。
そういう諸兄の特徴と言えば、その店またはそのメニューを絶対に書かない。つまり思わせぶりなだけである。
そういう思わせぶりは、情報が氾濫するようになってかなり増えた。「自分だけが知ってます」みたいな優越感に浸りたいのだろうが、私はそういう諸兄の味覚は信じないことにしている。

経験値に対して謙虚になるのは、情報が氾濫すればするほど当然のことだと思える。
例えば限定メニューが豊富な店で、限定メニューしか食べない諸兄がいるが、それに対してはいささか疑問があるのが今日現在の私の考えだ。

え、おまえが情弱なだけだろうって?それは失礼(笑)