ご報告

今日は皆様にご報告があります。

Broadway

長年密かに温めていた、ブロードウェイミュージカルの演出の勉強に行くことが決まりました。ニューヨークで暮らすことになります。

高校で、そういうジャンルに出会ってずーっとやりたいことの一つにとどまっていましたが、膨らみすぎた夢がもうどうにも止まらなくなってしまったのです。

いろいろ楽しみでわくわくしています。本場で学んでくることをどこかで生かして、60歳くらいまでには日本で一旗揚げようと思ってます。

上手くいかないことの方が可能性としては高い中、何とか向こうでまず根を張って、様々な体験をしてきたいと思います。

日本に生まれて50年、初めての海外暮らしです。単身で行きます。1週間後には向こうでの生活が始まります。

まずはご報告まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月1日だからね。

シニカルな視点、SNSの言葉その3

一般論として読んでいただきたいのだが。

SNS、特にFacebookは日記代わりに使用する人が多い。
特に私の知り合いは食べることが好きな人が多いから、さながら食レポのようなTLとなる。

その情報を見て知り得ることもある。簡潔にまとめてあるレポは参考になる。ただそうでないレポも当然ある。

自分のフォーマットで書いているのかどうか知らないが、どこかの店に入って食べる。そのときに「◯◯店主に挨拶」ってのを見る。これ必要?

しかも、その場合はたいてい気さくな有名店主。間違っても、あまり話題に上らないお店や、超有名店主ではない。端から見てると、「おれは◯◯店主と知り合いなんだ」って言いたいだけなんじゃないのとしか思えん。

仮に、じゃあ三田某店に行って◯◯店主に挨拶とか、家系総本山と名乗る店に行って◯◯店主の息子に挨拶とかやれないでしょ。向こうから個体認識されている(かもしれない)ことを、わざわざ書いてるだけだよね。

この辺の書き込みって、読んでてだからどうなの感が強いんだよな。特に東関東の方に多いような気もするが・・・・・。

宣伝にしても中途半端だよね。もっと精緻に書けば宣伝となり得る素材を、小さな自己満足のために価値をおとしめる。そんな気がするんだよねえ。

え、おまえのブログ駄文もそうじゃないのかって?仰るとおりでございます(笑)

不動産屋の営業

某月某日

不動産屋の営業が飛び込みで来る。
「今度こちらの地区の担当になりました○○株式会社の○○と申します。この度、この一帯の再開発につきましてご案内をお持ちいたしました。」
ほほぅ、再開発があるのか。

「このビルの大家様からご連絡は来てないでしょうか?」
来てないねぇ。

「実は虎ノ門ヒルズの・・・(略)」
一生懸命マニュアル暗記してきたんだろうねぇ。

「近くのここには地下鉄駅ができまして、でそれを含めた総合再開発のプランとなっております」
おお、このオンボロビルから脱却できるのか!!

ちなみに今勤務しているビルは、築40~50年くらい?
トイレは男女共同で一応男性用と和式便器が一つずつ。
いわゆるトイレ臭がビルの古さを物語る。
もちろん、古いその分だけ賃料は安い。

「当社は、貸しビル業としましては都内で3本の指に入る会社で・・・」
この辺から怪しくなってくる。だって聞いたことないもの。

「全国でも4番目くらいです・・・」
つまり東京以外で一社入るってことか(笑)

要するに、◯井不動産とか住◯不動産とか三◯地所に負けない会社と言うことだね(笑)。

「◯◯協会様にもお世話になっております」
ナンデスカその団体?

一通り話すと満足そうな顔で彼は帰っていった。
昼休みにかかっているじゃん。まったくもう。
でもこのボロビルから抜け出せるなら渡りに船、賃料の安いところ探して引っ越しだぁ!!
続きを読む