へたっぴい論

私が参加していた団体の、それはそれは大先輩方が、ライブハウスでライブをしている。いろいろな人が参加しているし、楽しそうでもある。SNSの普及の最たる利点の一つかも。

楽器いじってりゃ人前でやりたくなるし、歌も歌いたくなろう。でも私は歌が下手だ。ギターも下手だ。ライブなんだから最低限のレベルは必要なのかもしれない。

必要最低限のレベルってのはある。人に聞かせられないレベルってのは自分で恥ずかしく思うだろうし、でもそれはそれでいいんだと思う。

例えば駅前やストリートで歌ってる連中にしたって、ヘタクソなのはたくさんいるし、そいつらはやがて淘汰されていくだろう。

ただその前に、(犯罪じゃない限り)何かを表現したい、目立ちたいってのはあって良いことだと思うし、そのライブが例えば不特定多数に公開されていて、商業ベースとして動いてるんじゃなければいいんじゃないかなと思う。

皆さんお上手な方が多いし、それなりのレベルなのもよくわかる。だからといってそこで下手なのを排除するとかそういう雰囲気が私は好きではない。自分が下手なのもあるが、そういう敷居の高さというか、参加しづらい雰囲気というか。

ただでさえ大先輩方がやってるところに、ぽっと出の一回り以上下の年齢層が出てきても話は噛み合わない。先輩というのは基本的に増えないし、後輩はどんどん増えるから訳がわからないと思う。そこには歴然とした高い壁があることを大先輩方は気付かない。

参加したいってのもあるし参加したくないってのもある。今はカラオケボックスで楽器も弾けるから、そこで歌うのが関の山なのかな。

本来、自由参加であった場所で、旧交を温める楽しさを規制するようなことが起きてくるのは、まあ、この団体らしいっちゃらしいんだけど、そういうところで先輩風が吹いたら後輩どもは参加できない。だから、私は参加しないんだよなあ、とカラオケで自己満レベル、つまりは自分の好きなように好きな歌を歌うので満足できるレベルは思うのであった。

外メシシリーズ2015~番外編~佛跳牆ラーメン1

乾物と干物。漢字で書けば「乾かす」と「干す」。どちらも水分を減らすことだ。だからほぼ同義語であるとしていいだろう。私の言語感覚としては、乾物は全く水分がなく、干物は幾分かの水分が残っていると意味だと捉えている。
私の定義からすると、アジやイカなどの魚介を開いて乾かしたものは干物で、大豆などの豆類や昆布、椎茸は乾物と言うことになる。スルメはどっちかと聞かれれば乾物だし、セミドライトマトはと聞かれれば干物である。

乾物とはそもそも、水分のある素材から水分を取り除き、完全に乾燥させて腐敗を防ぐのが目的だ。利点は保存できる期間の長さである。

水分、つまり水という物質はかなりいろんな物質を溶かすことが出来るので、元々の素材に含まれた成分などは素材に含まれた水分の中にあると言ってもいい。それが乾燥することで水分が抜け、あとには旨味、滋味などの成分だけが残る。乾物のもう一つの利点である。

ここで、天日で干すか乾燥機で乾かすかのどちらがいいかなどの方法論を追求して語るつもりはないが、天日で干したもののほうが、ゆっくりと水分が抜けていくだけ、成分は凝縮されるような気はする。

人間は水分がなければ旨味は感じない。乾燥した食品をそのまま口にして旨味を感じるのは、唾液の力であり、多くの場合、唾液の力だけでは旨味を抽出する前に飽きてしまうか、唾液が足らなくなって口中が不快になるかどちらかである。

乾物を戻すという技法は、水分を補うことで改めて成分を整列させる技法のことだ。水で戻すことで、乾物は旨味を蓄えた素材に帰還する。

フライパンに水を入れて加熱していくと、何カ所かに水分の塊が出来て最後に蒸発する。何カ所かに出来た水分の塊が成分を含んだものだとすると、成分は蒸発した水分から取り残されフライパンのあちこちに取り残される。フライパンを素材に置き換えてみると、乾燥した素材のあちこちに、分断された成分が残っていることになる。

その分断された成分をまとめるにはどうしたらいいか。再度成分を整列させる号令があればいいわけで、その号令に当たるのが水分となる。
そして、その水分に旨味成分は流出する。それがダシである。

“外メシシリーズ2015~番外編~佛跳牆ラーメン1” の続きを読む