たぬきのマンガ夜話~別冊~野球マンガ考察その4<高校野球編4~大甲子園3>

中西球道

同じ頃、千葉県大会決勝、青田高校対クリーンハイスクール戦。剛球投手中西が試合中ケガをする、水島先生お得意のパターン。この辺の根性ものがお好きなんですね。

中西球道の応援に、『野球狂の詩』の水原勇気が応援に駆けつける。ここの水原は正直言ってかわいいw。そして、ドカベン時代にに続いてクリーンハイスクールがヒールになっている。

左腕を負傷した中西は、9回裏、影丸の背負い投法を打ち返してサヨナラホームランを打つのだが、打った瞬間の衝撃で気を失う。1塁に向かう途中でグラウンドに倒れかけた中西を影丸が支えるシーンはなかなかよく出来ているが、実際にはあり得ないだろ。

まあ中西の話はあとの甲子園本戦に譲る。

影丸隼人

そして影丸。山田の中学時代からの知己で、柔道でもライバル、野球でもライバルなのだが、あの背負い投法って初出と違ってきてる。初出時はボークすれすれの投法だったのだが、ちゃんとルールに則った投法になっている。

だが、なんで夏の大会の決勝時に野球部のキャプテンだった影丸が、同時期に剣道部のキャプテンになっているのか、謎だよなあ。影丸はいいキャラなんだけどなあ。

一球さんは東東京の決勝では奇想天外な勝ち方で、勝ち上がってくる。対戦相手はおそらく水島先生の知り合いの草野球チームのメンバーなんだろうな。
一言言わせてもらえば、東東京の決勝はそんなにレベル低くないけどねw

徳川家康

かくしてライバル校たちが甲子園に集結してくるのだが、ただ一校決まらないのが高知代表。明訓の宿敵、土佐丸高校が来ると思いきや・・・勝ち上がりは室戸学習塾。

それにしても、徳川監督は明訓を夏に辞めて、秋季大会はクリーンハイスクール、翌年選抜が信濃川高で、秋季大会が東郷学園。さらに、今夏は室戸学習塾。いつ選手鍛えてるんだ?w。信濃川以外は目玉になる選手がいるからまだいいが。野球行脚も結構無理があるね。

土佐犬好きなんだなあ、水島先生w。犬飼知三郎の話は甲子園本戦に。

続く。

たぬきのマンガ夜話~別冊~野球マンガ考察その3<高校野球編3~大甲子園2>

代わったところに打球が飛ぶ。これは野球ではよく言われれることだが、センターに入った渚の所に二連続で打球。しかも二本目はファインプレイ。里中が渚の背中を叩く。渚は「香車の意地がのりうつったス」と。渚君、成長していますw

山田の第二打席は、不知火が超スローボールで打ち取る。
しかしこの球持っていながら、しかもあの速球がありながら、あのフォークがありながらなぜ勝てない不知火w
内容を見る限り不知火はダルビッシュ以上だぞw

で、さすが水島オールスターだ。ネット裏には東京メッツの五利と岩田鉄五郎も登場。岩田鉄五郎この時何歳だ?山本昌より上か?

殿馬が11球ファールで粘る。不知火はついに殿馬を敬遠。ところが、最後の一球はキャッチャーが立ち上がったところで、剛球ストレートをど真ん中。しかしこれ、普通キャッチャー取れないだろうwサインだったのか?イメージ的には藤川-矢野のバッテリー(もう結構前だな)で、矢野が中腰で構えて、藤川に高めのクソボールを投げさせて空振りさせるのに似ているが。

次の山田の打席、ストレートにヤマを張って一本足で打つ。もともと通天閣打球だったのが通天閣打法になったのが笑えるのだが、ともかく打球は通天閣ならぬ東京タワー打法に。要は下に落ちてくるほど、打球がスライスするわけだが、不知火が野手を制して自らフライを捕ろうとする。

物理的に300メートル程度打球が上がる場合、加速度などを加味すると落下速度は相当のスピードになる。だから、普通に考えたら捕球できるわけないし、ましてやダイヤモンドを一周する時間なんてありゃしない。ここのギミックはけっこう好きなんだがね、マンガらしくてw

“たぬきのマンガ夜話~別冊~野球マンガ考察その3<高校野球編3~大甲子園2>” の続きを読む