ある晴れた朝

手の中にあるもので、どちらかを手放さなければならない場合
どちらも大事だとしても、天秤に掛けなければならなくて
ある瞬間、ふっとどちらかに比重が置かれ、天秤は一気に傾く
手の中からこぼれたものはどこかできっと

また同じことがあっても、同じ判断ができるのか

いつだって生きて行くには時間が足りない
決断するのを引き伸ばしていいわけじゃない
きっとどんな判断をしても、あとで悔やむのかもしれない

もういいやと諦めた瞬間、何事もなかったように一日が始まる
そして、自分の掌の小ささに気付く
指の隙間に気付く

掌に掬って飲めるだけの水で、足りるはずなのにな

もうそこにはそれはなく、記憶だけが執着する

ある晴れた日

たぬきのマンガ夜話~第3回~「ラストイニング―私立彩珠学院高校野球部の逆襲」

今回の内容は「ラストイニング―私立彩珠学院高校野球部の逆襲」 原作:神尾 龍 作画:中原 裕

 LastInning

ラストイニング―私立彩珠学院高校野球部の逆襲」1巻から44巻
いずれも小学館ビッグコミックス刊。

「8勝92敗でも甲子園に行ける」
そんな馬鹿な、という感じで始まるこの漫画。

かつて35年前、甲子園に出て初出場初優勝してという(一応)名門彩珠学院高等学校(通称サイガク)。その学校が経営上ピンチになり、野球部を廃部させて赤字を縮小するという大人の判断に対し、その優勝メンバーでもある学校長が自分が監督をしていた時代に選手だった鳩ヶ谷圭輔を再建のために連れてくる。 鳩ヶ谷圭輔はインチキセールスマンで生計を立てていたが、上司と彼女に騙され、収監される。学校長が保釈金を払って釈放させるのだが、最初は全くヤル気を見せない。

「甲子園に出場できなければ廃部」という設定に、一見しただけでこのままでは甲子園は無理だと判断して、「オレのやり方に口出しはご遠慮願えますか」と、釘を刺した上で監督に就任する。

エースの日高を刺激するためにいろいろと策を練ったり、下級生キャッチャーの八潮を野球とは全く関係なさそうな独特の練習法でインサイドワークを高めたりと今までの野球マンガとは異なる視点で、ストーリーを進めていく。

規則の盲点を突いた補強策やら、ダーティな大人の思惑すらも利用してチームを鍛えていく様は痛快な部分が多い反面、高校野球の闇の部分もあぶり出してくる。

他県からの野球留学や、高校野球かくあるべしのようなステレオタイプの意見に、斜め上から切り込んではいるがそれを全否定でもなく、独特の距離を置いた感覚が彩りとなっている。

スピリッツに連載されていた「やったろうじゃん」と比較した場合、同じように監督がメインのストーリーなのだが、本作は野球好きがはまりそうな戦術などの部分に主眼が置かれているので、思わずニヤリとしてしまう。そういえば、「やったろうじゃん」も埼玉なんだな、何か担当者とかのつながりがあるのかな?

“たぬきのマンガ夜話~第3回~「ラストイニング―私立彩珠学院高校野球部の逆襲」” の続きを読む

情報のスパイラル

もう10年以上前に出版された本なのだが、トヨタ流「最強の社員」はこう育つ (成美文庫)若松義人(著)という本がある。

そこに記されている、不良(ミス)のイロハというのが非常に興味深い。
今更ながら引用してみる。

  1. ウッカリミス・・・うっかりしたり忘れたりして発生。
  2. ガッテンミス・・・早飲み込み、勘違いで発生。
  3. チラミス・・・見落としたり、チラッと見ただけで済まして発生。
  4. アマミス・・・知らない仕事をアマチュア的なやり方で発生。甘いミス。
  5. カッテミス・・・小さなルール無視など自分勝手な判断で発生。
  6. ポカミス・・・赤信号に気付かず道路を渡るなどボーッとして発生。
  7. ニブミス・・・判断が鈍くて反応が遅れるなどして発生。
  8. パナシミス・・・指示もせず他人に任せっぱなしで発生。
  9. アレミス・・・誤作動などの予期せぬことに「アレ?」と思うことで発生。
  10. ワザミス・・・ワザと発生。

因みに、10番目の具体例は犯罪(^^ゞ
すべてありがちなことなんだけど、クレーム処理をする場合、4,5,7,8は重要な要素だ。

“情報のスパイラル” の続きを読む