順位予想2015~パ・リーグ

唐突に今年の順位予想をしてみる。

今日はパ・リーグ。寸評は昨年の順位順。

ソフトバンク

攝津、スタンリッジ、中田、大隣、松坂と先発陣は強力。出遅れやけが人が出ても武田、東浜辺りが穴を埋める。中継ぎもコマは豊富で押さえのサファテが完調なら、盤石と言える。野手も伸び盛りの柳田を始めほとんど穴がない。あとは新監督の采配だけ。

オリックス

大型補強で優勝候補筆頭。ポジションのダブつきは、選手層の厚みととらえられる。糸井を中心にした打線は破壊力、機動力とも文句なし。投手陣も金子の出遅れはバリントンが埋めるだろう。中継ぎ陣の離脱がやや不安だが、佐藤達~平野の終盤まで行けばまず勝てる。チーム力を把握しきった森脇監督の手腕に期待。

日本ハム

良くも悪くも大谷次第か。打線は陽・中田を核として復帰した田中賢が絡み、ここに大谷が入る。新外国人のハーミッダも活躍しそうだが、大谷が投げる日は迫力不足。さらに投手陣は大谷、メンドーサ、上澤に続く先発がコマ不足の感は否めない。武田、木佐貫は投げてみないとわからないので、計算しづらい。大野の離脱で捕手が決まらないのも悪条件。

ロッテ

デスパイネが戻ってくるまでに上位にいられるかがカギ。投手陣は涌井、石川、唐川のほか藤岡やチェンといった先発陣。抑えの西野まで引っ張る中継ぎ陣に負担がかかりそうだ。打線はベテラン井口に頼らざるを得ない。今江、クルーズがコンスタントに打てれば破壊力が増すが。捕手の経験が浅いのも難点か。

西武

打線は文句ない。浅村・中村・メヒアのクリーンアップは強力。秋山や栗山が機能すれば得点力は上がる。投手陣は岸が離脱したが、ここに来て菊池が調子を上げてきたのが光明。問題は手薄な中継ぎ陣。使える目途がたたない投手が多い。抑えの高橋も昨年以上を期待するのは酷か。打ち勝つ野球が出来れば怖い存在。

楽天

新監督と則本以外の話題に乏しい。実績のある投手が少なく先発ローテーションに苦労をしそう。抑え候補のミコライオの離脱も大きい。松井裕が抑えに回るが実力は未知数。打線はペーニャが加入して厚みは増したが、破壊力ではやや落ちるか。

それを踏まえて今年の予想。

1位 オリックス

2位 ソフトバンク

3位 西武

4位 日本ハム

5位 楽天

6位 ロッテ

二強が抜け出している。三位以下はそんなに差がない。

今年のタイガースを占う

さて、キャンプインだ。

FA戦線にことごとく敗れ、大きな補強のなかった我らがタイガース、いや、大きな補強はあった。

鳥谷!

この残留の意味は大きい。いろんな意味で。

まず、残留したことでのメリットは定位置の不必要なコンバートがなくなったこと。
鳥谷がショートにいることで、伸び盛りの上本を二塁、好守の大和を中堅に固定しておける。
梅本次第だがセンターラインは確定。西岡がなんと言おうが三塁に固定できるし、他にも良太、今成と三塁は人材豊富。

外野は左マートン、右福留で、左がやや弱いが盤石と言えよう。
もともと金本アニキがレフトだった頃に較べれば、レベルは上がっている。

梅本を含めた捕手陣は、日高が引退し藤井と鶴岡の3人に清水・小宮山か・・・。
梅本を伸ばしたいところで、サポートに鶴岡だろう。藤井は怪我や年齢もあるし。

そして投手陣。メッセンジャー・能見・藤浪・岩田・・・の後が続かない。
毎年のことだが秋山・岩貞・岩本・岩崎・玉置あたりに期待がかかる。
ここに、横山・石崎のルーキーが割っては入れれば盤石。
榎田は先発に向かないのではないかな。ゲーム作れないしなぁ。
なので、中継ぎが榎田、金田、伊藤和、(安藤)、(加藤)。勝ち負け関係なく、中抑えとして使う。
そして勝ちパターンなら7回福原・8回松田。で、呉昇桓。なんだ、不安ないじゃないw

勝ち星予想したらメッセ・能見・藤浪で40勝、岩田が10勝、その他で15勝で65勝。
あれ?優勝ラインどころか5割にも届かない(笑)
残り10勝の上積みをだれが叩き出すのかが課題か。

“今年のタイガースを占う” の続きを読む