ある晴れた朝

手の中にあるもので、どちらかを手放さなければならない場合
どちらも大事だとしても、天秤に掛けなければならなくて
ある瞬間、ふっとどちらかに比重が置かれ、天秤は一気に傾く
手の中からこぼれたものはどこかできっと

また同じことがあっても、同じ判断ができるのか

いつだって生きて行くには時間が足りない
決断するのを引き伸ばしていいわけじゃない
きっとどんな判断をしても、あとで悔やむのかもしれない

もういいやと諦めた瞬間、何事もなかったように一日が始まる
そして、自分の掌の小ささに気付く
指の隙間に気付く

掌に掬って飲めるだけの水で、足りるはずなのにな

もうそこにはそれはなく、記憶だけが執着する

ある晴れた日

だーく

自分が面倒な性格なのに、面倒くさいことが嫌いで、対人関係でも事柄でもそういうことに当たると逃げたくなり凹む。
ごくたまにそう思う一日がある。

凹み始めると連鎖していき、終いには暗黒面どころか黒一色になる。
どこかで抜け出さないといけない、無理に抜け出す必要はない、どっちだ。

さあ、今日も一日が始まる。気合い入れなきゃね。

外メシシリーズ2015~4月第一週Part2~

   4月4日

食べ歩いた一日。新御徒町でこちら新進のFCチェーン。
150404_132340
しゅわしゅわ。スタート。
150404_133044 150404_133339
オリーブとピクルス。
150404_133821 150404_135409

チョリソの鉄板焼きと・・・なんだっけw
150404_140800 150404_141129
150404_141336 150404_141711

 

 150404_143609 150404_150300

 

ピザ釜がなくオーブンだが、出来映えはなかなか。リーズナブルでいいんじゃないかなと思う。最近のFCは侮れないねえ。