外メシシリーズ2015~6月第二週Part2~

6月10日

ちょっと大きな出来事終わったあとの昼飯

150610_161704

お疲れビールからの。

150610_162402 150610_162615

チャーシュー盛りに餃子。チャーシューには辛ネギとマスタード。このマスタードが意外と合う。ゆず胡椒もあるそうだ。餃子は安定のニンニク強め。味も強いのでラー油と酢だけで。

150610_163957

富嶽らーめん。どっちかにチューニングしたくなる。旨いんだけど、もう一つ力強い何かがあれば。

6月11日

ぶっかけが食べたい朝

150611_083457

冷やしたぬきそばにちびカレー、丼で出てくるぶっかけ。たまに麺がほぐれきっていないのはご愛敬。ちびカレーにすりごまたっぷりが最近のお気に入り。ごちそうさまです。

昼はまた塩分を。

150611_122633

チャーハンセット。伏したレンゲの中のザーサイがアクセント。スープがちゃんぽんスープなので野菜もあるし。でものどは渇く。

午後から外出したので、おやつを食べに

150611_175002

汁なし野菜ニンニクカラメアブラ+生玉子+魚粉。量はお手頃。食べ始めてから豚増しにしなかったことを悔やむ。安定のご機嫌度。

6月12日

浅草橋ルート。またも冷やし

150612_072052

冷しそば+ゴボウ天+オキアミ天にゆで卵とおにぎり。昆布の佃煮サービス。毎日これなら幸せかも。歯触りコンビネーションは失敗。

昼は銀座まで足を伸ばした。まもなく閉店のお店

150612_124249

叉焼雲呑麺。結構旨味が強い。チャーシューはしっとりとしていていい。雲呑はお忙しだったのか茹でムラがあった。ちょっと残念。

6月13日

いろいろばたばた振り回されてこの時間に昼食。

150613_155221

カツ丼。どこで食べたのかが記憶から抹消されている(苦笑)
汁気が少なくて、ん?と思ったのだけが記憶の片隅に・・・・。

ガクガクブルブルな話その3(長いです)

好きなラーメン屋があってね。
もうソウルフードに近い、中華屋と言えば中華屋だけど麺がメインで。他のメニューってライスとチャーハン、中華丼。つまみに野菜炒めとネギチャーシュー、で餃子。こんなラインアップ。

旨味調味料がどうとか、そういうことはどうでもいいレベルで、酒だってビールくらいは飲める。そりゃつまみ出してるんだし。

そのつまみを食いながら、時には焼きそばなんかもつまみにしたり、日曜の午後のまったりとした至福の時間だったりする。

写真撮影は原則禁止。前に言われたんだよね。ここには結構載ってるけどw。昼の時間帯は禁煙。夜は喫煙者も増える。家族連れが多いからまあ、ちっとは気遣ってほしいけど、しゃーない。

ここのメニュー、麺はさりげなく自家製麺で。細麺が澄んだスープに浮かんでなかなかビジュアルもいい。醤油味は昔ながらの生姜の利いたスープ。塩と味噌は具を鍋で炒めてたれを入れる札幌式調理法。肉そばとかタンメンは正当な中華の調理法で、もやしそばなんかは醤油味だがこっちの調理。

なんだか腹減ってきますよね。うん。で・・・・・・

先日も日曜の夜のまったりした時間を過ごしていたんですよ。ちょっとソース味の野菜炒めなんかでビールをね。

〆に麺を啜りたい。今日は何にしようかな。うん、塩バターなんかいいね、そうしよう。結構好きなメニュー。軽く炒めた野菜に塩味のスープ。まさしく中華屋の鑑。

待つことしばし、運ばれてきました。よしよし。で、最初はスープを一口。うんうん。で、ちょいとバターを。

え??

“ガクガクブルブルな話その3(長いです)” の続きを読む

すごい舌の持ち主

某月某日。
夜中にラーメンをすすりに行く。
つけ麺もある店だが、夜はほとんどSold Out!。なので必然的にラーメン。
塩か醤油かの選択で、スープは動物性と魚介系のWスープ。
あっさり目ながら、満足度は高く,ラーメン好きなら食べておいて間違いはない。

前回が塩だったので醤油の食券を買って座る。
隣の先客は、若い・・・っても30代くらいかな、スーツを着たサラリーマン風のイケメン。
何やらずーっとスマホをいじっている。身に纏うコロンが強い、ってかクサイw

わっちより少し早くラーメンが供される。塩。これも美味いよなぁ。
2,3口啜った彼,何かを考えている。そうよな、美味いからな、感動してるんだな。

「ニンニクありますか?」

え?(゜Д゜)

店も一瞬「ナニヲイッテイルノダロウ??」という雰囲気。
若い店員が答える。「ありますよ」
!!あるんだ。
クラッシャーでも渡すのかな、でも、このラーメンとは合わないよなぁ…
しばらくして、彼が冷蔵庫からニンニクを取り出す。

業務用??(゜Д゜)

あーと思っているのもつかの間、おもむろに彼はニンニクを小皿に盛る。たっぷりレンゲに一杯。
イケメンくんそれを受け取ると、小皿から丼へ流し込む。レンゲ一杯分あるんだよ、ニンニク。業務用の下ろしたやつ。
わっちに供された、ラーメンをすすりながら観察していると、イケメンくんスープまで完食!
ぽかんとしているわっちを尻目に颯爽と退店。

「ごちそうさま、美味しかったです。」

ダメだ、何にも言えねぇ。わっちに店はやれない。

続きを読む