外メシシリーズ2015~2月第二週Part2~

2月12日

朝はまず頭をしゃっきりさせないと。唐辛子カモン

150212_080215
春菊そば。あの辛いヤツを実も含めて3杯とクラッシュ唐辛子。シャキ。というより痛ーいw

昼は時短したく。すぐ出来るもの

150212_121418 150212_121625
ラーメン+半チャーハン。もも肉のチャーシュー、甘いメンマ、化調の利いたスープとチャーハン。はい。リーマンの正しい食事。

2月13日

今日は霞ヶ関で下車。こちらへGO!
150213_081621

コロッケうどんに生卵。自家製のホコホコしたコロッケの芋が汁に馴染んでああ至福。コロッケにはうどんが鉄板。

午前中の会議が終わってなんか頭がザーサイ気分。なのでこちら
150213_120337

ざーさいだんだんめん。ゆで卵追加でサービスライス。長年この店の系統を食べているけど、チャーシューの記憶が全くない。今回久々に登場。割としっかり味の染みたチャーシュー。へえ、こういう味なんだ。

2月14日

風が強い。今日は夜は小岩だし、近辺でうろうろ。亀有に来た。久しぶりに寄る。
150214_142214

旨辛つけ麺。辛さはさほどでもない。この豚骨魚介で辛みはいいアイテムだ。諄さが流れていく。麺も手頃な量でさらにIHの威力発揮。難点を言えばIHの上なのでちょっと食べづらいことかなw

その後サウナに入ってから0次会。写真ボケボケなので無しw
ビールの吸い込みが早かったこと、自家製薩摩揚げがやたら旨かったことを記録。
その後は宴会
150214_183208 150214_184727

前菜盛り合わせは鳳凰。そして北京ダック。マスター、頑張りすぎです。
いやー形も綺麗だが、味も素晴らしい。ホント良店だ。
150214_190744

北京ダックの身を炒めたもの。普通北京ダックの身は食べないがこれはしっかりと旨味がある。腕がいいんだなあ。

150214_202108
こんなに濃いお茶割りでKOされました。他にも料理が出たんですが、写真がありません(^^ゞ

微妙に溜飲の下がらない話

マスターが病気で店を閉めたカレー屋さんが、移転して再開したのよ。
早速、食べに行ってさ。そこのご夫婦はインドから来られてて、とってもいい方なのさ。

諸事情により四回目の移転。移転した店が狭くて、タンドーリが置けないって泣いてたけどマトンのカレーはやっぱり旨いし。
体力的な問題で、メニューは絞っているが、メニューに書いてないものも作ってくれる。

店はカウンターが6から7、テーブルが1卓4席。
わっちたちは、カウンターで美味しくカレーをいただいていたのよ。

そこに地元民らしい60から70くらいのおっちゃん二人組。
到着早々、カレーくれとか宣っている。わっちたちの他には、常連3人。
カウンターにそいつらの座る場所は空いてないのだが、無理くり座ろうとしてる。
わっちはその時点でアウトを宣告したいのだが、お店の立場もあるし、黙って見てた。

おっちゃん達は、奥のテーブルに座った。
「ビールくれ」と。もうただの酔客。
1人がもうデロデロで、もう一人がややマシだが酔っ払いに変わりはない。
んで、「すみません、騒がして」とか言ってるから、ボソボソつぶやいてたんだよ。

「ほんとにそう思ってねえだろ」とか。そしたら、わっちの隣に座ってた常連がさ、わっちに反応して笑ってるのよ。

“微妙に溜飲の下がらない話” の続きを読む

外メシシリーズ-8月第一週-

 8月1日(金)

社会復帰一日目である。
朝からパワーは欲しいが,遅刻は許されないw
新橋駅烏森口を出て最初の信号を左に曲がると、そこにあるお店

  140801_083333
ひやかけ+ちくわ天。最初に食べたときの衝撃こそないものの十二分に旨い。さあ行くぞ。

復帰初日にどうしても来たかったここに。いつも通り焼酎やら何やら飲み食い。
 140801_195003
冷やしつけ麺「赤(トマト&唐辛子)」。追加の唐辛子も入れて満足。
傾奇者を使った麺の存在感と、つけつゆの強さがとても楽しい。昆布茶割ってのもいいセンスだと思う。

まっすぐ帰りゃあいいものを高砂で降りて捕獲される。
140801_231506
塩。これも好きだが、ここのマスターの出身店よろしく、醤油に辛味噌の方が飲んだアトの胃袋に沁みる。
初日から大丈夫かモードw

8月2日(土)
チャンプの家で花火鑑賞。翌日の伏線w