FBアカウント

FBのアカウントを昨日抹消した。これでSNSから手が離れた。連絡取りたい人は連絡取るだろうし、そのままやり過ごす人もいるだろうし。

チョイと仕事がらみで、「あ、拙いな」ということがあり、この辺が中途半端な立場の仕事のつらさで、その上ストレスも抱えるとあっちゃあ、やめるに越したことはない。

何と言ってもやはり、タイムラインに気に入らないヤツのコメントが上がってくるのが、ストレスの源。人って無知蒙昧と厚顔無恥なヤツの方が強い。いろんなところで迷惑かけときながら、よく顔が出せるよな。

あと、いっちょ噛みも嫌い。何でもかんでもコメントすりゃあいいってもんじゃないだろ。「お大事に」とか「大変ですね」とか、あたかも自分がすごく心配している善人のようにコメントしてるが、中身は何もない(笑)。

それから定型書き込みも嫌だ。頭悪いのかと思ってしまう。「○○はどうだった」が毎回同じとか、もう、読む気もないが(笑)。あ、特定の誰かの話ではないよ。

なんかSNSが生活の全てというか、依存症というか、そういうのに嵌まりつつあった自分を断捨離するために、閉じたってのが正解かな。

SNS無くたって生きていける。というか、大多数の人はそうだよね。共有したい、発信したいならブログで充分。だからこのブログは続けるわけで。

がっくり読者数が落ちようがそれでいいんだ。

あと14日でFBアカウント完全抹消・・・・・・。

閉じる

お久しぶりです。

さて、思うところあり、全てのSNSのアカウントを閉じることにしました。
このリンクも数日間は続けますが、今月末までには解消する予定です。

他のアカウントは順次閉じていきます。

あ、ブログは適当に続けますので、気が向いたら覗いてくださいまし。

ではアディオス!

シニカルな視点、SNSの言葉その4

「お誘いいただき」って言葉を最近よく見かけるのだが、なんか違和感。

SNSで集っていくのに、ことさらそれ強調したくなるのはなぜなんだろう??
「私にはお友達が多いのよ」とか言いたいのかねえ。普通に仲間同士で行って飲み食いしてるんだからいいんじゃないの、そんなこと書かんで。

例えば1対1だったら書かないよね。まあ、そりゃすきやばし次郎とか吉兆でも誘われたんなら書くかもしれんが。

「お招きいただき」ならまだわかるのよ。普段参加してない集まりに、特別なゲストとして呼ばれたりしたのならね。「お誘いいただき」はどうも中途半端な言葉だな。

そういう部分ってブログにもあったりするから、全否定はしないけど、○○さんのお誘いでってのも好きじゃないなあ。○○さんと知り合いなんだって強調したいんだよね、それ。

え、呼ばれないからひがんでるんだろって?その通りでございますw