たぬきのMusic Chronicle~第8回~佐野元春Part5

sweet16

元春は、もう一度、ティーンエイジャーの頃の音楽に戻りたい、無邪気に音楽を演れていたあの頃に戻りたいという意識と、そこから生まれる現在の自分の状況とをクロスオーバーさせようともがく姿が垣間見えるアルバム「sweet16」をリリースする。

多彩な曲調に表れる変化はどことなく歪みが見える。内面の音楽的な放浪、元々あった開放感を上書きして、終わらせてしまったかのようなある種の諦めが元春の答えだとすると、このアルバムが一貫して人為的な明るさに包まれているように感じる。

「SOMEDAY」の年齢を重ねたバージョンといってもいい「レインボー・イン・マイ・ソウル」で、彼は自分のいるべき場所、アーティストとしての自我と相反するコマーシャリズムの中での立ち位置を見つけたのではなかろうか。

トータルで見ると、アルバムの後ろから2曲はそれぞれオノ・ヨーコとショーン・レノン、矢野顕子と異質のボーカルをフィーチャリングしており、デザートにオードブルが出てきたような違和感がある。

36歳の時に20年前を回想して原点に返ろうという姿は、モラトリアムが迫ってきた大人になりきれない大人を感じさせて切ない。

そして短い周期で次のアルバム「The Circle」をリリースする。

The Circle~ハートランドの解散

このアルバムを聴くと、元春が真面目に、彼のテーマである本当の自由、本当の無邪気さについて悩み、そしてそれを達成解決するために取捨選択に取りかかり、ある種の訣別をはっきりさせたことを感じる。

デビュー以来一貫して発表してきた作品の根底にあった、十代の頃に夢見た真実を「もう僕は探しに行かない」と言い放ち、「時間の無駄だと気づいた」と結ぶ。以前にも書いた自縄自縛となってしまったテーマから、ようやく彼は次のステップに踏み出そうとしていた。

アルバムはシンプルに内面を表現した歌詞と、やや重ためのサウンドが多く、かなりヘビーな内容といえる。他の(これより以前の)アルバムとは、塗り分けた色の違いが如実に表現されている。

「欲望」で「君を撃ちたい」、「Tomorrow」で「君の窓に灯りをともし」、「Rain Girl」で「楽しいときにはいつも君がそばにいてくれる」と、愛情の表現に変化を付けているが、一個の人間としての多面的な部分にある種の狂気をはらみ、それが人生経験によって調和していく姿は、それまでのアルバムとは一線を画す。

アルバムタイトルは円環なのだが、これは、一周して戻ってきたときに、そこに連なる責任、十代との視点の違いに向き合い、自分で決めた教義の枠をずらして、あたかもポジティブなスパイラルかのように再構築することを意味しているのではなかろうか。

このあとのツアーでハートランドは解散した。かなりの冒険である。デビュー以来、彼のサウンド、ライブはハートランドと共にあった。ハートランドの解散には、枠を外す自己矛盾を正面から迎え撃ち、「少しだけやり方を変えてみるのさ」という表現を使って、新しい表現に向かい合った元春の姿をしっかりと見ることが出来るが、昔からのファンには寂しさもあった。

昔からのファンが大人になりきれない大人というわけではないのだが、そういう甘い感情を抱いていることも大きく否定は出来ないだろう。

そして次のアルバムまで間隔が開く。

次回に続く。

たぬきのMusic Chronicle~第1回~松田聖子

このカテゴリーで最初に語る内容が「松田聖子」になるとは、全然考えていなかった。
本来、私の好きな「吉田拓郎」や「佐野元春」etc.の話を書こうとしていたのだが、突然頭の中に降ってきたもんだからしょうがない(笑)

さらに言えば、私のファーストアイドルは「玉木妙子(フィンガー5)」であり、その後は「石野真子」一筋であったし。なぜそっちじゃないのか不思議だ(笑)

それで、彼女がデビューしたのは私が中学3年の時。
CMで「えくぼぉのー」という声が妙に耳に残り、いったい誰なんだろうと思っていたら、ドラマ「おだいじに」で太川陽介の恋人役として出演していた。

同一人物とは思えなかったなあ。(そういえば、太川陽介と松田聖子は所属事務所が同じで、本来はこの役を同事務所の香坂みゆきがやるはずだった。当時香坂みゆきが多忙で、出演できなかったので、新人の松田聖子におはちが回ってきたらしい)

声質は伸びやかで、甘く、鼻にかかる音は当時の若者(私を含む)のハートを鷲掴みにした。デビュー当時の小田裕一郎作曲のシリーズ(私はメジャースケールのアイドル曲を書かせたら天下一品だと思っている。)に三浦徳子の「私かわいいの!」感が溢れる詞が、ベストマッチ。

これを上手に財津和夫が引き継いで、ポジションを不動のものに。

ところが、歌いすぎなのか忙しすぎなのか声質に変化が出てくる。伸びやかだった声はかすれが目立つようになり、ちょっと可哀想なくらいになるのだが、ここでホームランが飛び出す。そう、作家陣に松本隆と、少し遅れて松任谷由実が参加するのである。

“たぬきのMusic Chronicle~第1回~松田聖子” の続きを読む

だるま食堂の『浅草コント部屋』-八月場所-

だるま食堂『浅草コント部屋』-八月場所-を観てきた。
あさくさ劇亭という小さなスペース(定員40人くらいか)で5分前後のコントを何本か上演するスタイルで、行ったのは初日。

だるま食堂とは女性3人のコントグループで、1987年には、竹中直人や浅草キッド、ダチョウ倶楽部などを輩出したあのテレビ演芸(勝ち抜き時の司会は横山やすしと堀江しのぶ!!)で10週勝ち抜きチャンピオンでデビュー。
途中活動中止期間もあったたようだが、芸歴27年の大ベテラン。

簡単な前説のあと、舞台は始まる。ボケ、オオボケ、ツッコミと3人が役割を変えながらネタを進めていく。
ややベタなネタと、一部オチの弱いものもあるがリズムはすごく良い。

テレビ露出も結構ある大ベテランなのに、それほど知名度は高くないと思う。
この小さなスペースは当然満員で、3日間の公演はすべて売り切れ。つまりコアなファンがいるということ。

イマイチ売れていかないのは何故だろう?
公演を観ていて思ったのだが、何回も足を運んでいるのであろうコアなファンが、大して面白くもないところで大声で笑ったり、明らかに変なタイミングの合いの手を入れたり。
初めて見に行った者にとっては興ざめもいいところで、とにかくウザいw。
せっかく面白いのに水を差す、空気の読めない常連って、果たして必要なのかな?
想像するに、客数の少ない時代から支えてくれているファンなのだと思う。
オープニングのトークの時、差し入れ配ってたし。
お笑いライブを小さいスペースでやる場合、よくある光景だが、そんなの公演後にやれと。あ、もしかして仕込みのスタッフ(笑)?

ネタは一級品とまでは行かないが、また観たいとは思う。芸風も好きだし。
ただその、コアなファンの暴走がまたあるなら次はないなぁと思う。
それが売れていかない理由の一端ではなかろうか?