外メシシリーズ2015~7月第二週Part1~

7月5日

夜に横浜で飲み会。いの一番に行こうと思う店。

150705_193130 150705_193224

まずがビール。そんでもってチートのしょうが炒め。もうここからのアプローチは欠かせない。舌を覆う分厚いとろみとビール。交互のアタック。150705_193302

蒸し鶏。しゃきしゃきのネギと人参で露払いしたあと鶏が追いかけてくる。柔らかいかみ応えの中から、よく味のしみた鶏。

150705_193653

こんなのあるんだね。どこが違うのかといわれれば・・・・・・並べて飲み比べないとわからないなあ。

150705_194748 150705_195228

小袋炒めとエビのチリソース。味噌とホルモンは鉄板なのだが、味噌が濃すぎないのがいい。ここの特徴って「すごく濃い味に見えるけど想像ほど濃くない」なんだよなあ。んで、定番が変化球にすら見えてしまうエビチリ。これも侮るなかれ、エビの歯ごたえと旨味が口腔を刺激。これに白飯で昼は充分・・・・・・贅沢。

150705_202629

〆はパタン。啜ってよし浸けてよし。変化が様々でおもしろい。最後まで同じ顔がない。ニンニクってすばらしい。ビバガーリック。パヤパヤ。

7月6日

朝は電車遅れが輻輳。浅草回り

150706_080523

冷やしかき揚げうどんに明太おにぎり。かき揚げの下に隠れている花がつおが、なかなかの名脇役。食感がツーシームのように変化する。夏はいいな。

昼はなんのかのと用事を作って麻布に。食べたかったんだ、これ。久しぶりだー。

150706_111931

ハンバーグつきスパゲッティ。塩味パスタに軽くチーズ、ドミグラで煮込んだハンバーグ、絶妙の焼き加減の目玉焼きはオプション。ドミグラの粘度がちょいと緩かったが、がつがつ和えそば感覚で食べるのがいい。白身でもぐ、とろけた黄身でもぐ、とろけた黄身とデミグラでもぐ。早い時間ならそんなに混まないので急いで食べなくてもいいんだが、舌が早く次をくれと追いかけるので。

7月7日

朝は新橋だけどちょっと歩いたところへ。閉店していない方のお店

150707_083306

かき上げそば+おにぎりとゆで卵。今日のおにぎりはしらす明太子。閉店したお店と同じはずなのだが何かが違う。そして何が違うのかがよくわからない。THE違和感。旨いことは旨いんだが、あの時の感激は少し薄れている。あの時の感激は閉店に伴うノスタルジーだったのか・・・・・・次回をお楽しみに(をい)

昼は頭の中がジャンクに焼そば。ジャンキー探しもおもしろい。

150707_121238

焼そば。油っぽく且つケミカルっぽく。片チャンネルのような味わいのスープとの組み合わせが意外にハマる。ちょっとスープに漬けてつけそばみたいにしてみたら、ジャンクさ倍増。そういう遊びもまた楽し。

7月8日

身内の検査に付き添い。お目当ての店は定休日。リカバリーにうろうろ

150708_112842

小海老ちからうどん。細打ちのうどん。名前からして想像したが、藪系と似て異なる汁。塩辛さが先に立つが、うどんだとそうでもない。うーんよくわからんなあ。価格も高めだし。お客が入ってる様子もないし。やっぱりよくわからん。

 

外メシシリーズ-11月第三週Part1-

11月16日

散歩帰りに寄ってみた

141116_185245

汁なし豚入り全部+魚粉+生玉子。いつもは溶いて食べるが今日は月見バージョン。この美しいフォルムに感動を禁じ得ないw
ここは汁なしと言っても多少の汁があるのがポイント。麺の旨さを味わえます。

11月17日
朝うどん

141117_083356

 

特上天ぷらうどん(だとおもう)エビとカシワ。これくらい油っ気があるとダシも生きるな。つくづく料理は奥が深いや。

昼は日替わりランチ狙いに行ったら売り切れ。

141117_134415

通常メニューのジャーマンステーキランチ。この、いわゆる洋食って感じのドミグラがいいんだよね。肉質も上々で幸せなランチ。

11月18日
朝の名店アワー

141118_074507

そばに春菊とゴボウ天にゆで卵。言うことない。ゴボウのゴリッとした風味と苦みが汁と溶け合って。春菊もちゃんとした主張でこれはいやがおうにも盛り上がるってもんです。

昼はいつものルーティン

141118_122225

味噌ラーメン+ライス。絶滅危惧種保存会。チャーシューがしっかり醤油なのが、またよし。これ、チャーシュー丼作ったら売れそうなんだけどね。

“外メシシリーズ-11月第三週Part1-” の続きを読む