中国料理店と中華料理店と中華屋とラーメン店その2

中国料理店と中華料理店と中華屋とラーメン店の違い。なんだかんだと半年以上経っちゃったから、もう覚えてないと思うんだけどねこの話題。

思うに中国料理店ってのは、すごく高級なイメージがあるんだよね。福臨門とかさ。「北京料理」「四川料理」「広東料理」「上海料理」って並べるといかにも本格的だし、お値段も安くはない。おもてなしするには、人を選んじゃうかなくらいのレベル。フカヒレとか北京ダックとか燕の巣とか、高級食材使いましたー、シェフも一流の人ですーみたいなイメージ。

これに対して中華料理店ってのは、正当に修業もしてきて技術的にもしっかりしてるんだけど、中国料理店ほど敷居は高くない。本場の料理が多く、たいていのメニューは中国語で書いてある。日本語で書いてくれりゃいいのに(笑)。炒め物一つとっても、調理技術の高さがうかがえるのが中華料理店に多い。総じて出身地の味付けに近い。因みに旨味調味料の多寡は店による。

この二つはたとえればリストランテとトラットリアかな。中華料理店の方が気楽に入りやすいでしょう。お値段もそんなに高価じゃないけど、別段安くもない。

“中国料理店と中華料理店と中華屋とラーメン店その2” の続きを読む

ガクガクブルブルな話その3(長いです)

好きなラーメン屋があってね。
もうソウルフードに近い、中華屋と言えば中華屋だけど麺がメインで。他のメニューってライスとチャーハン、中華丼。つまみに野菜炒めとネギチャーシュー、で餃子。こんなラインアップ。

旨味調味料がどうとか、そういうことはどうでもいいレベルで、酒だってビールくらいは飲める。そりゃつまみ出してるんだし。

そのつまみを食いながら、時には焼きそばなんかもつまみにしたり、日曜の午後のまったりとした至福の時間だったりする。

写真撮影は原則禁止。前に言われたんだよね。ここには結構載ってるけどw。昼の時間帯は禁煙。夜は喫煙者も増える。家族連れが多いからまあ、ちっとは気遣ってほしいけど、しゃーない。

ここのメニュー、麺はさりげなく自家製麺で。細麺が澄んだスープに浮かんでなかなかビジュアルもいい。醤油味は昔ながらの生姜の利いたスープ。塩と味噌は具を鍋で炒めてたれを入れる札幌式調理法。肉そばとかタンメンは正当な中華の調理法で、もやしそばなんかは醤油味だがこっちの調理。

なんだか腹減ってきますよね。うん。で・・・・・・

先日も日曜の夜のまったりした時間を過ごしていたんですよ。ちょっとソース味の野菜炒めなんかでビールをね。

〆に麺を啜りたい。今日は何にしようかな。うん、塩バターなんかいいね、そうしよう。結構好きなメニュー。軽く炒めた野菜に塩味のスープ。まさしく中華屋の鑑。

待つことしばし、運ばれてきました。よしよし。で、最初はスープを一口。うんうん。で、ちょいとバターを。

え??

“ガクガクブルブルな話その3(長いです)” の続きを読む

煙が目に染みる

某蕎麦屋にて。

昼のアイドルタイムも中休みなく、空いている蕎麦屋。
酒も飲めるしツマミも美味い。

だから日曜の昼酒を嗜むお客も多い。
日本酒も種類が豊富だし。

ただ難点は喫煙可なこと。しかも換気が悪いのでどの席にいても煙たい。

最近は大学の誘致に成功して、若い客層も増えた。まあ学生はこういう所では飲まないが。

入り口に近い席に私は座り、二つ離れた卓でそばを手繰る前に飲んでる男女。よく見なかったが声を聞く限り、お若いとお見受けした。

日本酒を頼む度に嬉しそうに注ぎあう。やれ、手酌は野暮だとか何とか。

だんだん声が大きくなってきて、ちょっと耳障り。あらためて見てみると・・・女性の方なんだが・・・品がない。下品を通り越している服装。今時ウォーターでもそんな恰好しない。

そして声高に勤務先のことを話し出す。しゃべる内容にも品がない。そのうち何かが許せるとか許せないとかって話になって、さらにトーンが上がる。

でも私は思う。

君たちが許せない以上に、私にはきみのその右手のタバコが許せない。

煙いんです。実際。
ニコチンの軽いヤツでしたっけ?燃やすと紙が燃える臭いしかしないヤツ。

せっかくの日本酒がさ・・・もうさ・・・

とある休日の午後でした。