外メシシリーズ2015~5月第二週Part1~

5月3日

栃木に行った日。例幣使街道をぶらぶら。古民家のような味噌屋さん

150503_120820 150503_120950

伝兵衛もちと田楽盛り合わせ。田楽はこんにゃく・豆腐・里芋。それぞれに違う味噌がかけ分けられている。素朴だがかなり楽しめる。焼いて味噌乗せただけってのがすごい。

帰りは佐野に寄り道、店の宛てはなく駅前に。

150503_135438

まずはビール。どういうわけだか底の方が凍っていたw。

150503_140152 150503_140609

焼餃子とチャーシューメン。餃子の餡がシンプルで余分な味がしない。ここで期待感が高まって、チャーシューメン。嫌みにならない程度に風味の立つ煮干しと佐野青竹打ちの麺。佐野ラーメンの中でもかなり好み。食べている最中にムスリムの一団が見えた。このお店、ムスリムの方向けにもラーメンを作るらしい。すごい手間だと思うが、その姿勢に少し感銘。どんな風に供するのか見たかったが。

“外メシシリーズ2015~5月第二週Part1~” の続きを読む

外メシシリーズ2015~3月第二週Part1~

3月8日

浅草で虎姫見物。そのあとの軽飲み。
150308_210955
チャーシューメン。昔の文春本の反り返るチャーシューが健在。もも肉万歳。生姜の利いたタレ万歳。うー旨い。

3月10日

投薬のおかげで回復した体調。まだ水準以下ではあるが。こういう日はさくっと行っときたいもんね。
150309_121713
ニラ肉定食。野菜取ってるなあと思うがよく考えるとモヤシばっかりだなw

3月10日

ようやく咳も治まり鼻も固まる。そばを手繰ってから行こう。
150310_081309

かきあげをせいろ(石臼)で。そばつゆに天ぷら。至高の組み合わせ。そば湯までしっかりいただいて出勤

昼はちょっと所用があるのでサクサク済ませたかったんよね。それで炎の料理人の店
150310_122405150310_122807
サービスセット。ここのモヤシそばはあんかけタイプだったんだね。あんかけにすると、ますます際立つケミカル感と塩分のコラボ。グッジョブw

3月11日

昼過ぎから会議。気乗りしないなあ。新規開拓
150311_121339150311_121356

塩ラーメンと半モツどん。ラーメンの専門店でも中華の店でもない。炭火地鶏の店。スープは悪くないんだけど・・・麺が気に入らなかった・・・。カイワレ散らしすぎ。カイワレは意外と味も風味も強いからね。半モツどんはさすが鶏やさんだけあっていいモツを使ってる。夜に期待かな。

夜は五反田でお好み焼きなのだが、その前に。何年ぶりだろうなあ。
150311_181237

ちくわ天そば。んん。路麺の原点とも言うべき味。このストイックなまでの情景がいいんだ。
で五反田へ。変わった名前のお店。漢字で書いてみてw
150311_191538150311_192031
ビールで喉を潤したあと、旬野菜の彩りマリネ、和風コンニャクと観音ネギ。野菜が旨い。マリネ液のセンスがいいな。観音ネギの甘さはやっぱり特別だ。熱々の鉄板でコンニャク。酒。

150311_192934150311_201625
同じく熱々の鉄板で、アスパラのソテー。んで何故か餃子。どちらもガーリックマシマシ感。酒の邪魔をしないのが素敵だ。

150311_203517150311_211950
そして、豚トロネギ塩焼きと広島焼き。どの料理もよく出来ていて安心できる。酒。地酒。大事な飲み物。

 

外メシシリーズ-12月第五週-

12月27日
古巣のお芝居を観たあと、小腹空き。浅草で最も好きな店の一つ。
141227_211811 141227_212417
餃子。ここでは初。具の味付けが濃いから、酢だけでいける。ビール進む。そしてチャーシューメン。文春の大判本で見たときからファン。ホントに波打つ大きなチャーシューは健在で、たまらなくテイスティw。麺も柳麺と呼ぶに相応しい麺。ノス活とか言ってるひと、食べた?
141227_213728
よしゃあいいのにチャーハン。これがまた中華料理店の鉄板の味付け。想像を全く外さず、ショウガのきいたスープとともにかき込めば、時代は昭和。大満足。

12月29日
魚を取りに築地へ。30年来の友人に頼んでおいた。築地行ったら行かないと。

141229_094611
ラーメン。行列50人。かき分けかき分け道路端のテーブルへ。雨降りで胡椒入れが水濡れ、口部分に胡椒のかたまり付着。野暮は言わない。胃袋安定。白粉安定。

12月30日
不足品の買い出しに、24時間営業のスーパーに。そのついでに朝飯

141230_072705
マイタケ天そばに、生玉子+明太子のおにぎり。こうして食べてみると、某店のマイタケ天が超絶旨いことに気付く。ここも旨いのだが、そのはるか上を行くところがすごい。でも、ここはホームだからね、安心してるんだ。2014の外メシ納めは、地元でした。