外メシシリーズ2015~7月第四週Part2~

7月22日

製品の引っ張り試験をするべく三田にやってきた。海側なのでここで昼飯をば。

150722_132720-2

あっさり武蔵ら~麺。オクラなどの具材の組み合わせもいいし、確かに旨いんだが・・・・・・。武蔵ってイメージは私の中で強烈なので、肩すかしを食った感は否めない。いや旨いんだよ、もう一度食べたいんだよ。でもなあ・・・・・・

7月23日

今日から一泊の出張。朝の雨も何のその、高崎に向かう。最近のお気に入りの朝飯。

150723_093213-2

温かい味噌汁もあるし、高崎までのんびり105分。

高崎に着いたら真っ先に行きたかった店。漫画のモデルになった

150723_113217-2

ワンタンメンを手打ち麺で。官能的なてゅるてゅる。透き通った醤油は旨味やや強めだが、豚も強めの一発回答。こういうの嵌まるんだよなあ。死ぬ寸前に食べたいのってこういうのかもしれないなと実感。余談だが、タクシーで住所を言ってもわからなかったが、店の名前だとすぐわかってもらえた。高崎駅からなら1000円ちょい。

高崎での仕事を終えて、上越新幹線で新潟へ。チェックインして、すぐに夜の街へ。お目当ての店はこちら

150723_185924-2 150723_190543

まずはのどを潤してなのだが、間髪入れずに日本酒。いろんな種類を頼む飲み方もあるが、ここは和楽互尊超辛口一点勝負で行く。

150723_191933-2

え???のっけから変化球?普通の店なら、何の疑問もないが、ここの卵焼きはこれじゃないよ。でも、ここら辺が大将の遊び心。

150723_192243-2 150723_192402-2

昆布締めにしたヒラメ。飴色が美しい。味も美しい。コチはかんずり醤油で。旬の白身はやはり良い。のどを通る瞬間が何とも言えん美味。 “外メシシリーズ2015~7月第四週Part2~” の続きを読む

爪痕と強さ

2年前の1月だったか。仕事で石巻に出かけた。
まだ仙石線は全通しておらず、仙台から高速バスでの移動だった。
至る所に爪痕が残り、想像力に乏しい私でも、過酷さが想像できる。

市内に入り高速を降り、駅に着く。駅からはタクシーで移動するのだが、途中にあった町並みは所々抜け落ちて、建物の基礎だけになっている。
歩道橋には津波の高さが記され、川を渡る橋は仮に架けられている。川を渡るとポツポツと新しい住宅が建ち始めていたが、まだまだ荒涼としていた。

仕事の現場は休校中の中学校。津波で亡くなられた方々の安置所だった場所だ。
整備して再度学校に。住んでいる人がいるのだから、学校も必要。

校舎の壁の2階より上の高さに、泥がはねたようなラインがあった。津波はその高さまで来たそうだ。
現場作業はきわめて事務的に行う。 あくまで仕事であるし、器具の設計は寸法と状況がわかれば良い。 ゼネコンとの打ち合わせもそこそこに現場をあとにし、消防署に向かう。

消防署は簡素な作りだが、津波には持ちこたえたようだ。
設備等の打ち合わせはその消防によって差があり、そこの指導に従わなくてはならない。どうやらこのエリアは本部ではなく下部組織で審査をするようだ。本部でない場合、設備に対する知識が浅いことが多い。また、私が扱う器具は見たことがないという署員もいて、説明を懇切丁寧に繰り返し、ようやく解放される。

普段なら相手の勉強不足に(立場上知っていて当然なのだから)苛立ちがあることも多いが、このときは不思議とそんな感情はなかったのを覚えている。 消防署を出てふと、この界隈に、いつもたらこを通販で購入する店があったのを思い出して立ち寄ることを考える。数分の彷徨のあと店を見つけた。

店は改修中だったが商売を続けていた。ネット上では知っていたが、改めてみると感慨深い。何点か買って送ってもらう。店の方の笑顔がひときわ輝いていて、帰路あたたかい気持ちに包まれていた。

“爪痕と強さ” の続きを読む

間尺にあわない夜

先日、楽しい宴会の帰り。
どうしても朝一でやらなければならないことがあって、まだまだ盛り上がる会をあとにとぼとぼと終電で地元方面へ。
とは言っても、完全に地元まで帰る手段はなく、次善策として同方向の駅で降りてタクることにした。完全に同方向って訳ではないが、まあ、勝手知ったる地だし、その先の終点から帰ったことも幾度もあるし。

そいで、まあ、始発から終点だから、40分近く眠れる。今日はそんなに酔っ払ってないし、乗り過ごす心配もない。終点のアナウンスと人の動きで目覚め、一路タクシー乗り場へ。

タクシー乗り場は、酔客も多く、さながら小さなカオス状態。足早に向かい列に並ぶ。わっちの後方には、早くも10人以上。二人連れ、三人連れも目立つ。大声でわめく人やら何やら。「おれはあんな馬鹿とは違うんだよ」などと。君が馬鹿だとしか思えないが。

このエリアは個人タクシーが多い。タクシーはSuicaでと決めているので、個人タクシーは見送らざるを得ない。順番が回ってきたが4台続けて個人タクシー。後ろの人に順番を譲り、しばし待っていた。いったん車が途切れる。

やっときたタクシーはまたも個人。ため息。次の人に譲る、そのとき。
「君が馬鹿だとしか思えない」君がわっちに絡む。推定30代後半から40代前半。もちろん女連れ。

“間尺にあわない夜” の続きを読む