順位予想2016~セ・リーグ

今日はセ・リーグ。
どうせ、1位はあれだろうって?そうなんですけどね。

1位 阪神タイガース

消去法なんですよ、今年。タイガースが強いんじゃなくて、他が強くないw

まずピッチングスタッフ。もうエースと言えるだけの実績、信頼度の高い藤浪を軸にメッセンジャー、能見、岩田。去年はここまでだったが、ここに藤川。往年の快速球からのイメチェンがしばらくは通用するだろう。6番手を岩崎、岩貞、秋山、岩本。まあ、ここが出てこないのが悩みと言えば悩み。中継ぎは去年と代わり映えしない。いつまでも福原安藤ではないと思うがねえ・・・・・・最大の不安はクローザー。マテオ・・・・・・ねえ。ここがポシャって藤川が回るようだと一転大ピンチだが。
野手陣は、生きのいいのが二人の伸びてきた。高山と横田。マートンの穴は埋まるだろう。多少は目をつぶってでも使い続けてほしいものだ。この二人のおかげで打線は厚みを増した。鳥谷を6番、懸案のサードに入るヘイグに過度の期待をしなくていい。控えに上本と大和が回る。今成、江越もいるわけで、貧弱感のあった(笑)俊介、柴田、緒方、荒木あたりの出番は減るだろうな。高齢化ももちろん気になるが、ようやく出てきた芽が何かを変えそうな気がする。攻撃力アップが最大の強化ポイントだ。あとの問題はキャッチャー。やっと開眼した岡崎を使っていくのか、梅野を育てるのか。監督だけが目立ったような就任時から、選手に目が行くようになったのはいいことだと思う(笑)。

2位 東京ヤクルトスワローズ

昨年は打線が強力で、奪ったリードを強力なリリーバーが守るパターンだったが。

中継ぎのロマン、抑えのバーネット、これが抜けたのは痛い。まず抑えをどうするかだが、ここはオンドルセクが回ることになるだろう。つまり、中継ぎが2枚抜けることになる。先発していた石山が中に回るのか、秋吉、久古は確実としても、新外国人に頼るしかないのか。先発陣が小川、石川以外は5回が目途なので、救援陣にかかる負担は大きい。また復帰した館山も1年続けては厳しいのではないかな。成瀬、新垣、杉浦、山中と頭数はいるが突如の乱調が多いので計算を立てづらい。ルーキー原が活躍すれば、連覇が見えてくるか。
打線は昨年よりさらに恐ろしい。一番に坂口が固定されて、しかもバレンティン、畠山が開幕に間に合ったとなれば穴がない。しかも、このメンバー、バレンティンを除き守備力も高い。若干弱めの投手陣を打線がカバーする、若干弱めの投手陣を守備力で救う、どちらにしても、この戦い方しかない。

3位 讀賣ジャイアンツ

うーん、これも消去法なんだよね。上2つが抜けたらあと4つは大差がないからなあ。それに、チーム内の雰囲気は最悪だろうなあ。

投手陣は菅野はいいとして、高木勇、ポレダ、内海、田口で回せるのか。杉内、マイコラスが復帰するまで持ちこたえられるのかだ。キーは内海だろう。内海が昨年並みだとBクラスもあり得る。桜井、大竹、今村、小山で埋められれば逆に強力なのだが。そして影が差してきた救援陣も不安材料。沢村は良いのだが、勤続疲労が見られる山口の酷使が続くようだと厳しい。以前ほど顔を見るのもいやという度合いが落ちている。先発から再度配置転換のマシソンも安定感はあまりない。宮國、西村、戸根が中継ぎに回るか。とはいえ、コマは豊富なので、上手く噛み合えばあまり心配しなくてもいいようには見える。高木京1枚抜けてもなんとかなりそうな気もする。
 打線は昨年ほど打てなくはないのではないか。ギャレットとクルーズが加入したおかげで、片岡がサブに。立岡の一番が上手く機能すれば、引けを取らない打線。あとは坂本と長野の自分勝手な打撃がなくなれば。阿部と村田はちょっとピークを過ぎた感が強い。勝ちを捨てて、坂本を長い目で育てたように、岡本を使い続けたら、来年以降はかなり驚異だが。 “順位予想2016~セ・リーグ” の続きを読む

順位予想2015~セ・リーグ

順位予想。昨日のパ・リーグに続いて今日はセ・リーグ。

読売

投手陣のコンバートがどこまで上手くいくか。私は沢村に抑え適性があるとは思えないが。マシソンの離脱で不安の残るセットアッパー陣、確たる柱が菅野・大竹・杉内しかいない先発陣、もう一つ懸念は負けゲーム用の投手がいないこと。打線は昨年と代わり映えしない。阿部に打撃専念させても、それほどの上積みとは思えない。セペダ・村田・坂本と好不調の波が大きい選手ばかりなので、崩せばそれほど怖くない打線ではないか。FAの相川など不透明な要素が多すぎる。チーム全体の地力は認めるが。

阪神

最大の補強が鳥谷の残留ということで。昨年と変わらない布陣で臨む。メッセンジャー・能見・藤浪・岩田が額面通りの働きをすれば強力。5番手6番手も昨年の前半は良かった岩崎・ようやく一本立ちしそうな岩本と揃い、中継ぎも離脱した福原を除いても、島本・石崎・金田・松田と揃い、安藤をもっと軽い場面で使える。呉昇桓も万全で、投手陣だけなら12戦単位で7勝5敗くらいで行けるのではないか。打線のキーポイントは西岡。私は鳥谷と西岡を入れ替えた方がいいとは思うが。下位打線に回った大和で切れ目が出来そうだが、得点力は高い。控えも新人の江越や伊藤隼太らが上手く機能しそうで、世代交代しながら勝つが実践できそう。

広島

黒田の加入ばかり話題になるが、その投手先発陣は強力。前田・黒田に野村、大瀬良、福井。バリントンを出してまで取ったジョンソンも良さそうだ。中継ぎ、抑えがやや不安か。中田は出遅れているし、一岡もケガの不安がある。抑えはヒースか。ミコライオの穴は埋まるんだろうか。打線はエルドレッドの離脱が痛い。穴も多い打者だが一発の恐怖感は計り知れない。新外国人グスマンがどこまでやれるか。緒方新監督の采配も未知数。

中日

世代交代が上手く進んでない。先発陣は山井・大野が軸だが、ここに続く投手が八木、バルデスというのでは厳しい。吉見が復活できるのかがカギにはなろう。中継ぎ陣は浅尾と岡田が不調なのが厳しい。岩瀬も欠き、福谷が抑えに回るだろうがかなり苦戦を強いられそうだ。打線はルナ・平田以外は怖さがない。大島の足は要注意だが、打線が点になりそうな気がしてならない。また、いつまでも捕手谷繁ではないと思うが。

DeNA

投手陣がだいぶ整備された。久保、井納、モスコーソ、山口とここまで確定で5番目が三浦、6番目が高橋で、さらに三嶋もいる。中継ぎも加賀、岡島、国吉、林と駒はそろった。問題は抑え。ルーキー山崎で勤まるのかどうか。ただここ例年よりはかなりいい。しかし、やっと投手陣に目途が立ったと思ったら、グリエルの来日が未定とはツキがない。しかし、筒香を4番に据え前後を梶谷、ロペスで挟む打線はそれなりに破壊力がありそう。足のある石川を固定できたら得点力は上がるだろう。

ヤクルト

今年一番怖い打線がヤクルト打線だ。バレンティンが少し出遅れるものの、山田-川端-ミレッジ-雄平と続く上位は破壊力抜群。ここにバレンティンが戻ればお得意の空中戦のパワーが炸裂する。神宮での試合は他球団に驚異だろう。投手陣も昨年ほど悪くない。小川、成瀬、石川と揃ったところにルーキー杉浦が入り、館山不在の穴を埋めつつある。その館山もシーズン半ばには復帰できそうだ。さらに村中、由規も今年は働きそうだ。そうなると中継ぎ陣だがやや手薄。ロマン、秋吉辺りなのだろうがセットアッパーが確定できないのが不安か。抑えのバーネットも安定感はそれほどでもない。

それを踏まえて、順位予想。

1位 阪神
2位 広島
3位 ヤクルト
4位 読売
5位 DeNA
6位 中日

1位と2位は差がない。また3位から5位までも差がない。
明日の開幕にワクワクしてきたぞ。

タイガース側からみた日本シリーズ総括

意外な展開で幕切れだった日本シリーズ。
あの審判のジャッジは正しい。
西岡も併殺を防ごうと妨害すれすれの走塁テクニックだったからね。結果的には妨害だったがw

まずはおめでとうホークス。
タイガースサイドから見れば完全にしてやられました。

内川がMVPだが、個人的には大隣か武田にあげたい。
特に武田。あの魔球のイメージが残ったまま、タイガース打線は沈黙。
セ・リーグにあんなカーブを投げるピッチャーはいない。

あ、一人いたわ。そっくりまでは行かないけど似てるピッチャー。
それは絶対に対戦することのないピッチャー。

福原
少なくともカーブは似てる。 “タイガース側からみた日本シリーズ総括” の続きを読む