原価の話

どっかのまとめサイトで商品の原価について書いてあった。

なんかコンタクトレンズの原価がえらく安くて、ぼったくりだとか言う愚かなヤツがいたなあ。

原価ってさ、単体のものじゃないのよね。そこに係わる設備投資や、水道光熱費なんかも入るよね。だからモノ単体の原価を出しても意味が無いでしょう。
私の前職はメーカーだったんだが、バカな代理店がいてね、30万の製品は全部メーカーの儲けだと思っているの。頭悪いでしょ。

だからね、メーカー叩けば叩くほど安くなると思ってるの。ところが、そいつらが販売するときは仕入れ原価の倍で売るんだよ。

おまえら製品作ってみろって。なんでなんの苦労もしないヤツらの利益の方が多いんだよ。

でも、それが日本の縮図なのかなあ・・・・・・。

ティッシュ配り

良くある風景で、駅前のティッシュ配り。
昔はサラ金(古)が主だったと思う。
今、目につくのはコンタクトレンズ店。

あれ、そんなに過当競争なの?
チャンスロスを無くすためにやってるのかな?
そもそもコンタクトレンズってそんなに差があるもの?
あ、差がないからティッシュ配ってるの?

そういえば昔付き合っていたねーちゃんと×××で×××したときに外れて、
探したら踏んでしまって・・・なんてこともあったけど、即日出来る訳じゃなかったな。
(×××は適当に穴埋めしてください)

今日降りた駅でティッシュ配りがなかった駅以外は、コンタクトレンズ店が駅前にあると言うことか?
便利な世の中?なんだろうか。