音楽の楽しさ素晴らしさを改めて感じた日

音楽の楽しさってなんだろう。
好きなアーチストのライブに行って、いわゆるノリのいい曲で自然に身体が動くのもよいだろうし、美しい声の歌手のその歌声を堪能するのもよいだろう。

暮れになると交響曲第9番を聞くことが多い。第九という名で親しまれてもいる。また、第九を演奏する音楽家または楽団も多い。第九という大作を聞くまたは演奏することによって得られる、ある種の達成感に満たされる独特の感覚が、日本人の奥底にすり込まれているのかもしれない。

私はそれほどクラシック音楽に造詣が深いわけではなく、第九にも格別の興味があるわけではない。クラシックを演奏する奏者は、幼少の頃からお稽古事として管楽や弦楽に勤しんで来ている方々で、そういう方々が譜面通りに演奏することによってできる完成形がクラシック音楽だという偏見を持っていた。

なので、誰がどのように指揮をし、どのような楽団が演奏しようとそれほどの差はないと思っていた。そんな私が、昨日第九を聴きに行った。

招待してくれた方が、どこで何をという情報も含めて一切の予備知識を私に入れなかったので、ただ誘われるままについて行った。会場に着いて初めて、第九のコンサートなんだと知った。

指揮者は佐渡裕氏。日曜の朝の音楽番組でみせる、柔和な笑顔と機知に富んだ会話が魅力の指揮者だ。佐渡氏の前説が始まり、コンサートの幕が開く。佐渡氏の前説は、あまり第九に関心のない私にも非常に解りやすく、かといって過剰でもない、いわばアペリティフのような感覚で、ある種の緊張感に包まれた私を寛がせてくれる。

今回はケルン放送交響楽団の演奏による交響曲第9番で、佐渡氏の前説によれば、東日本大震災の直後、被災した日本に対して、何か音楽で心を支えることはできないかと申し出られ、デュッセルドルフでチャリティコンサート行われた楽団だそうだ。

佐渡氏の指揮はテレビでしか見たことがない。また、前述のようにクラシックにそれほどの興味を感じたことがない私だったが、その会場の醸し出す空気と佐渡氏の話術、そしてこれから始まる凛とした緊張感に心が昂ぶるのをおぼえた。

“音楽の楽しさ素晴らしさを改めて感じた日” の続きを読む