外メシシリーズ2015~9月第一週Part2~

9月4日

新橋から歩いて出勤途中の朝食

150904_083747

朝そば。この味に慣れたのか。まあ、安定したね。

で昼食は、その斜向かい

150904_123638

チャーシュー麺(中)+ネギ。個人的にいうならネギをスープに沈めて少し熱を通したいな。ざっと湯通ししてくれてもいいんだが。

9月5日

休日だし、平和島でもと。

150905_141425

当然のレッドスター。走れレッドスター。チャンス切り拓け。

150905_142341

で、油そば上だけ。玉子別にしてもらった。片隅でじんわりと飲んでる平和な島。正しい土曜日。今日も旨かったす、ビールがw
しかしこのカウンター、いつかクリーンにしたいなあ。

脳裏から消えない臭気の記憶

ラーメン店は、カウンターがメインの店が多い。
私はカウンターで食べ終わったあと、器やコップをカウンターにあげ、カウンターにある布巾で周囲を拭いて「ごちそうさま」となる。多くのラーメン好きはそうしているだろう。

とある店のカウンター、いつものようにその儀式を済ませようとした瞬間、鼻を衝く強い臭気。同時に伸びた手は布巾を掴んでいた。しかし…。

気づくのがコンマ数秒遅かった。臭気の原因は布巾だったのだ。明らかに洗浄が足りず、雑菌が繁殖している臭い。一瞬食べたものが…それより悲惨だったのは、掴んだ手。臭いが取れない。

コンビニで殺菌機能のあるハンドソープと除菌ウエットティッシュを買い、手を洗うこと3回。ようやく臭わなくなった。

こんな布巾でカウンターを拭いても、雑菌を撒き散らすだけだよな。とはいえ、こんな感覚でいる店は結構ある。まあ、ラーメン店や路麺店、屋台なんかでは、直に金銭のやり取りをした手を洗わずに、調理したりする店もあるから、細かい衛生概念をとやかく言っても始まらないとは思うが。

“脳裏から消えない臭気の記憶” の続きを読む

微妙に溜飲の下がらない話

マスターが病気で店を閉めたカレー屋さんが、移転して再開したのよ。
早速、食べに行ってさ。そこのご夫婦はインドから来られてて、とってもいい方なのさ。

諸事情により四回目の移転。移転した店が狭くて、タンドーリが置けないって泣いてたけどマトンのカレーはやっぱり旨いし。
体力的な問題で、メニューは絞っているが、メニューに書いてないものも作ってくれる。

店はカウンターが6から7、テーブルが1卓4席。
わっちたちは、カウンターで美味しくカレーをいただいていたのよ。

そこに地元民らしい60から70くらいのおっちゃん二人組。
到着早々、カレーくれとか宣っている。わっちたちの他には、常連3人。
カウンターにそいつらの座る場所は空いてないのだが、無理くり座ろうとしてる。
わっちはその時点でアウトを宣告したいのだが、お店の立場もあるし、黙って見てた。

おっちゃん達は、奥のテーブルに座った。
「ビールくれ」と。もうただの酔客。
1人がもうデロデロで、もう一人がややマシだが酔っ払いに変わりはない。
んで、「すみません、騒がして」とか言ってるから、ボソボソつぶやいてたんだよ。

「ほんとにそう思ってねえだろ」とか。そしたら、わっちの隣に座ってた常連がさ、わっちに反応して笑ってるのよ。

“微妙に溜飲の下がらない話” の続きを読む