たぬきのMusic Chronicle~第8回~佐野元春Part5

sweet16

元春は、もう一度、ティーンエイジャーの頃の音楽に戻りたい、無邪気に音楽を演れていたあの頃に戻りたいという意識と、そこから生まれる現在の自分の状況とをクロスオーバーさせようともがく姿が垣間見えるアルバム「sweet16」をリリースする。

多彩な曲調に表れる変化はどことなく歪みが見える。内面の音楽的な放浪、元々あった開放感を上書きして、終わらせてしまったかのようなある種の諦めが元春の答えだとすると、このアルバムが一貫して人為的な明るさに包まれているように感じる。

「SOMEDAY」の年齢を重ねたバージョンといってもいい「レインボー・イン・マイ・ソウル」で、彼は自分のいるべき場所、アーティストとしての自我と相反するコマーシャリズムの中での立ち位置を見つけたのではなかろうか。

トータルで見ると、アルバムの後ろから2曲はそれぞれオノ・ヨーコとショーン・レノン、矢野顕子と異質のボーカルをフィーチャリングしており、デザートにオードブルが出てきたような違和感がある。

36歳の時に20年前を回想して原点に返ろうという姿は、モラトリアムが迫ってきた大人になりきれない大人を感じさせて切ない。

そして短い周期で次のアルバム「The Circle」をリリースする。

The Circle~ハートランドの解散

このアルバムを聴くと、元春が真面目に、彼のテーマである本当の自由、本当の無邪気さについて悩み、そしてそれを達成解決するために取捨選択に取りかかり、ある種の訣別をはっきりさせたことを感じる。

デビュー以来一貫して発表してきた作品の根底にあった、十代の頃に夢見た真実を「もう僕は探しに行かない」と言い放ち、「時間の無駄だと気づいた」と結ぶ。以前にも書いた自縄自縛となってしまったテーマから、ようやく彼は次のステップに踏み出そうとしていた。

アルバムはシンプルに内面を表現した歌詞と、やや重ためのサウンドが多く、かなりヘビーな内容といえる。他の(これより以前の)アルバムとは、塗り分けた色の違いが如実に表現されている。

「欲望」で「君を撃ちたい」、「Tomorrow」で「君の窓に灯りをともし」、「Rain Girl」で「楽しいときにはいつも君がそばにいてくれる」と、愛情の表現に変化を付けているが、一個の人間としての多面的な部分にある種の狂気をはらみ、それが人生経験によって調和していく姿は、それまでのアルバムとは一線を画す。

アルバムタイトルは円環なのだが、これは、一周して戻ってきたときに、そこに連なる責任、十代との視点の違いに向き合い、自分で決めた教義の枠をずらして、あたかもポジティブなスパイラルかのように再構築することを意味しているのではなかろうか。

このあとのツアーでハートランドは解散した。かなりの冒険である。デビュー以来、彼のサウンド、ライブはハートランドと共にあった。ハートランドの解散には、枠を外す自己矛盾を正面から迎え撃ち、「少しだけやり方を変えてみるのさ」という表現を使って、新しい表現に向かい合った元春の姿をしっかりと見ることが出来るが、昔からのファンには寂しさもあった。

昔からのファンが大人になりきれない大人というわけではないのだが、そういう甘い感情を抱いていることも大きく否定は出来ないだろう。

そして次のアルバムまで間隔が開く。

次回に続く。

たぬきのMusic Chronicle~第3回~CHAGE and ASKA

コッキーポップを中学時代に聞いていた。
当時はニューミュージックというジャンルが台頭し、昔のフォークがそう呼ばれ始めた頃で、ギターを持つかピアノをたたくかの違いはあるにせよ、自分で作った曲に、自分で詞をつけ、自分で唄うというスタイルにずいぶん憬れたものだ。

コッキーポップの影響で自分もギターを弾きたいと思い、自分の主張を世に問いたいと思い、そうやって中学から高校を過ごし、しょうもない曲を作っては唄っていた。

もちろん、他人の曲をコピーしたり、誰か仲間を呼んで一緒に唄ったり、それはそれで楽しかったし、そのミュージシャン、アーティストのファンになったりした。

そんなアーティストグループの一つにCHAGE and ASKA(当時はチャゲ&飛鳥)がある。

初めて聞いたのはポプコン本選会の歌声。ニューミュージックと言う語感とはほど遠く(笑)、まるで演歌のような唄いまわしと叙情的なアレンジに圧倒されたのを覚えている。

初期のワーナーパイオニア時代のフォーク演歌とも言うべき路線の中で出たヒット曲が「万里の河」なのだが、この頃の僕たちは、こういう曲はコピーしなかったなあ。なんか、こう、ダサい感じがして(笑)

アルバムに入っていた「荒野」「翼」「闇」「夏は過ぎて」なんてのをコピーしちゃ唄ってたんだよな。これが取り立ててかっこいいわけじゃないけどね。この辺は部活の先輩方の影響も多分にあったし。

この頃は、ポップな曲はCHAGE、重たい曲・シンプルで伸びのある曲を作るのはASKA という図式を頭の中で勝手に描いていて、必然的にギターを持って唄うのはAskaの曲ばかりになっていくのだが、まあ、あの音域はカバーできなかったな。

ポニーキャニオンに移籍して、初めて発表した曲が「モーニング・ムーン」。この頃からロック色を強めていくわけだが、この曲に関してはまだ演歌臭の漂うボーカルだった。

そのASKAのボーカルもだんだん垢抜けてきて、それと同時に曲作り、アレンジも洗練されてくるようになった。アイドルやアイドルグループに楽曲を提供するようになって、自分たちの曲もミディアムの流れが心地いい方向に走っていったような感じがするな。

“たぬきのMusic Chronicle~第3回~CHAGE and ASKA” の続きを読む