某所の麺

いつもお気遣いいただく某所の麺がやたらと美味い。
製麺してるところを見せてもらったことがあるが、ある意味適当(笑) 。いわゆるカンドコロがいいってやつで、粉、鹹水の絶妙な配分がいい。一種の職人技なんだろうな。うん。

それでお気遣いいただいたブツを保管するにあたり、2、3の覚え書き。

  1. まず、家に帰ったら即、ネジリをほどいて伸ばし半分に切る。
  2. 切ったら、手で捌くようにバラバラにする。
  3. 秤で100gから200gに小分けし、それぞれ冷凍保存。

こうしておかないと、麺そのものの重みで麺同士がくっついてしまう。
くっついてしまったものをバラそうとすると、ブチブチ切れてしまう。
それから、無精にもそのまま冷凍してしまうと、解凍から茹でるまでえらく大変な目に遭う。(笑) “某所の麺” の続きを読む

外メシシリーズ2015~5月第三週Part1~

5月10日

浅草で仲間の芝居を。昼は食べ損ない、打ち上げ座卓で宴会なので写真なし。

5月11日

新橋下車。まえから気になっていたお店。新規開拓

150511_075615

ざるそば。豊富な薬味はお好きなように、ただしひとつまみw。海苔はない。コシがあって風味も豊かな、なかなか美味い蕎麦。辛汁もダシの利かせ方がいい。うん、ローテ入り決定。

昼は先日喧しかったお店

150511_121908

らーめん+味玉にごはん。今日はそれほど音楽がんがんではないw。個人的にはタマネギがもう少し粗いといいなあ。それと味玉旨いんだけど、これには合ってない気がする。旨すぎるんだ、味玉が。うーむ。

5月12日

昼飯は久々に克己心w

150512_121811

みそラーメンにバターとコーン。旨味強めのスープとしなしなした麺と。うん、克己心。

5月13日

霞ケ関からよろよろ左の方によれる朝

150513_075029

朝そば冷したぬき+いなり。これで本体290円は安い。図らずもきつね様とたぬき様。さあて、どうしてやろうか。

たぬきのレシピ~塩吹き昆布~

    昆布水の残りで塩吹き昆布を作る。

  • 昆布(昆布水の残り)
  • 醤油 40CC 
  • 酢 10CC
  • 砂糖 小さじ2
  • 酒 10CC
  • 味醂 10CC

醤油と他の調味料の比率
4:1:1:1:1

  • 塩 大さじ1/2
  • 砂糖 小さじ1
  • 削り節 ひとつまみ
  1. 昆布を千切りにする。
  2. 醤油・酢・砂糖・酒・味醂を煮立てる。141011_125531
  3. 昆布を入れ、弱火で汁気がなくなって鍋にこびりつくまで煮ていく。141011_131419141011_131443
  4. 塩・砂糖・削り節をすり鉢に入れ、削り節が粉になるまで摺る。141011_131529
  5. 煮えた昆布をすり鉢に入れ、よく絡める。
  6. キッチンペーパーを引いた天板に広げて、120度で15分ほど乾かす。141011_133549
  7. 冷めたら保存する。