外メシシリーズ2015~7月第一週~

7月1日

朝は電車の遅れなどあってで抜き( ; ; )お昼に期待。
司法書士事務所に行く用事を無理矢理作って麻布に。ここでしょう

150701_124058

中華そば(並)竹入りにネギ多め+生卵で。日によってバラツキがあるのはご愛敬。ファンじゃなかったら立腹もんなんだろうがwこのスープはホワイトの細挽コショウがやっぱりよく合うんだよなあ。

夕方小腹空きで。新規開拓

150701_173632

ざる。強気な価格ほどの魅力を感じない・・・・・・先行店の方がこなれている分、旨く感じる。うーん。頑張ってほしいが。

7月2日

今週2度目

150702_075840

石臼挽きをせいろで、揚げおきの春菊天と刻み海苔にちびカレー。海苔はけっこう期待したんだが風味が飛んじゃってた。あと揚げおきの春菊天は硬かった。ここはやっぱり注文品の方がいいんだな。

昼はうろうろした挙げ句、ここに戻る。

150702_124040

醤油らーめん。誰かが神谷町ブラックと言っていたが言い得て妙。確かに色ほどの塩辛さは感じない。が、その日のスープの出来にも左右されるかなとも思う。ちなみに今日は塩辛い。

んで、夜浅草に出没。どんな状況でもこの関門は必ず足止め。

150702_180016 150702_180312

生ビールに焼そば目玉焼きトッピング。今日知ったが、ここの焼そばはソースを足すと劇的な変化をする。ジャンキーなソース感がメチャクチャ増してビールが旨い。

7月3日

大雨の中、昼に行列。肉を食う

150703_123402

お約束のグラスビールとアンガスサーロインステーキ400g。今日はステーキソースを使わずにおろしニンニクとマスタード、醤油でいただく。これは昔小川町にあったテキサスステーキの食べ方。甘くないし肉汁だしで大量に食べるときはオススメ。

7月4日

病院送迎やらなんやら終日引きこもりに近い。

外メシシリーズ2015~1月第二週~

1月12日
風邪撃退・水際掃討と言うことで肉を食べに行く

150112_170305150112_173520
サラダととくとくステーキ300g和風ペッパーソースにマスタードとおろしニンニク。
もう一枚食べてしまいました・・・どうなってるんだ??おれの胃袋。
グラスワインが肉を流し込む。高いワインじゃなくても、高い肉じゃなくても幸せは手に入る。
満足度も満腹度も高い。

・・・なのになんでここに寄っているのか??

150112_175618
月見そば。もう少し油っ気足せばよかった・・・だからどうなってるんだ??おれの胃袋。
“外メシシリーズ2015~1月第二週~” の続きを読む

外メシシリーズ-9月第三週Part2-

9月16日

早めに家を出て、浅草橋で降りていそいそ。お目当ては久しぶりのこちら

140916_080247

そばでゴボウ天とタマネギ天+ゆで卵とおにぎり。奥に見える昆布をちょいと足して。
言うこと無し。至福。甘味、酸味、塩味、苦味、うま味が全部揃っていて、さらに歯触りの楽しさ、のどごしの楽しさ。

 朝からご機嫌だし、探索にも力が入ろうってもんだ。
先日のトンカツの向かいのトンカツ。注文して待っていたらどんと突き上げられて。地震
こういうとき、油ものは怖い。火は消えてても鍋がひっくり返ることもある。

揺れが収まって安否確認。
わ「大丈夫でしたか?」
店「え、大丈夫です。大きかったですね。東日本大震災の時は鍋から油がこぼれて大火傷したんですよ」
ほら、そういう危険があるでしょ。
店「今日は大丈夫です。お客さんのカツも揚がってますから」
・・・・・そういう問題じゃないぞ(笑)とまれ、無事で何より。

140916_123055
黒豚特上ロースカツ定食。若干油の切れが悪いのはアクシデントのせいかな。
肉は上質。ソースも二種類あるし、塩もある。レモンと醤油もほしい(笑)。
キャベツはというと手切りなんだろうな、ややバラツキがあるがこれはこれで楽しい。
全体的に味が強め。次回はアクシデントがありませんように。 

9月17日

定期巡回。

140917_081541

かけ+ちくわ天と半熟玉子天。ダシがやや弱く感じるな。何でだろ? 

お昼はランチデートになりました。
140917_123615

天ぷら定食。揚げたての天ぷらを好みの味で。しかも途中でもう一度海老からリスタート。
最後のかき揚げまで流れるように。デートにはいいね。一人でも旨いけどw

夜は牛型の鉄板が素敵なお店。 

140917_194049

ロースステーキ400gを和風ペッパーの複合技で。肉食ってるという歯茎の快感が味わえる。
あとは喫煙の煙さえクリア出来れば・・・金町じゃ仕方ないか。 

“外メシシリーズ-9月第三週Part2-” の続きを読む