たぬきのマンガ夜話~第1回~「おせん」

  今回の内容は「おせん」 作:きくち正太

 osenmattou

「おせん」全16巻
「おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。」全11巻
いずれも講談社イブニングKC刊(kindleバージョン有り)

『笠置の宿には過ぎたる花がふたつある
 ひとつぁ 千成神社の弁天桜
 もひとつぁ 本所百軒下田谷屋敷
 江戸の北斎 京伝も
 この花だきゃぁ 筆にもできめぇ
 老舗花茶屋”一升庵” 暖簾に咲いた花の名は
 半田仙こと 通り名 おせん
 まずは衆目衆目』

上記は一巻の巻頭の扉絵に書いてある一節。
料理マンガではあるが、どちらかというと和の文化に重心を傾けた人情ものと言える。作者の趣味であろう料理・骨董などの話題が多く、その手が好きな人には堪えられないテイストである。

主人公は、一升庵という店の呑んべえで食い意地の張った天然若女将「半田仙」、通称おせんなのだが、物語は大学新卒で、甲府の旅館の跡取りでもある江崎ヨシオの視点から語られている。ストーリーは江崎が就職するところから始まり、跡継ぎに帰る直前までが綴られている。

江崎にはグリコというニックネームが付けられるが、この辺のベタさが割とツボ。そういえば、むかし「軽井沢シンドローム」でも純生クンがアサヒとかキリンとか呼ばれてたな(笑)

一升庵という店は、笠置の宿にあると言うことになっているが、当然そんなところは東京にはなく、設定としては鈴木春信の絵画にある、笠森お仙がいた谷中の笠森稲荷神社周辺がモデルと思われる。
戦争で焼けてしまったが、そこには星岡茶寮があり、一升庵の店構えはそれをモチーフにしているのだろう。

続きを読む

50日目の憂鬱

知らないなら黙っていればいいのにと思うことがある。
その割には、話に割り込んでくる。わからないからトンチンカンな会話を挟み、最後に「私はよく知らない」と、語る。

自分の興味がない話には全く反応せず、適当な相づちしか打たない。
割り込んでくる場合は、自分の言いたいことを最後まで喋らないと気が済まない。というか人の話を聞かない。

結構な偏見・差別がある。生まれ育ってきた環境だけでなく、社会に出てからもそういう意識を否定されることなく、自我が確立されている。
人と接する商売ではないので、そういう感覚を持ちうるのかもしれない。

せかせかと、動くのだが、そんなに忙しい仕事があるわけではない。ちょっと鬱陶しいくらいにうろうろと動き、独り言を言う。

一般的な常識では括れない部分があって、時々閉口する。
そういう人なんだなと理解しなければならない。

職場で飲み行ったりというコミュニケーションを取らなくていい分だけ、気が楽なのだが、あと3年で定年の人だからどう扱っていいかわからないな。

10月からは私が上司なんだが、職員が二人になるので軋轢も増えるのではなかろうか。

だいたい仕事中にこんな風に更新してる場合ではないのだがwww
そういう人がいる、そんな職場。

笑わない目

再就職して初めての事務局長会議というのに参加した。
業界団体の事務局長が集結する会議で、それは一つの統括団体の下に11の業界団体があるという構図。

統括団体の事務局長は元特殊法人に勤務していた人が代々受け継ぎ、またその下部組織の局長もそういう傾向にある。
元特殊法人は現在民間法人であるが、いわゆる官側に近い民という団体で度々上部からの人事が流れてくる。

正直言えば半端なポジションだった人が、さらに半端なポジションに降りてくるわけで、そういう人ほど変な矜恃が高く、民間人なんか「ふん、なんだオマエは」的にあしらわれてしまう。

当然のことながら、年齢層は高く、私が最年少だ。
それらのことを総合的に加味すると、「この若造が、ワシらの業界で大きな顔するなんて、10年早えーんだよ」という声が耳の奥で聞こえるわけだ。

続きを読む